初心者の釣り具の揃え方

初心者の釣り具の揃え方

海信です。

先日グレ釣りの初心者の人を一人古座に案内しましたが、一発グレを取り込んで、一発バラシを経験したこの御仁は、当然ですが、グレ釣りに熱くなってしまいました。(笑)

いや、だれでもこうなると思うし、「一回やって見たいなぁ・・・」って言う人や、「やってみたら面白いので、少し道具を揃えてみたい・・・」、こう言う人も、グレ釣りに限らず、たくさんいると思います。要するに「釣りの初心者の方」ですね。

まあ、このような方に対して、賢い釣り具の選び方、購入の仕方を少しレクチャーしてみようと思います。

2011-01-05.jpg
(初心者の方はガシラ釣りとかイイですよ。簡単だし釣り具も安上がり)

まずは行ける範囲でホームグランドを作りましょう

僕の場合、色々な釣りのウェブで情報公開してますが、その中でも最も強調しているのが、「人の力を上手く貸していただきましょう・・・」ってことです。

魚を掛けてから取り込むところは、できれば一人でやりたいですが、その前の段階ですね。例えば、情報を仕入れれる行きつけの釣具屋さんとか、ひいきにしている渡船店とか、関係者にどのくらい(有力な)知り合いが居るか?これで、かなり釣果は変わってくるはずです。まずはここを押さえに行く事を考えてください。

「釣り具の揃え方で人間関係の構築ですか?ナンか、おかしく無いですか?」と切り返されそうですが、ここ、順番間違えないで下さいね。

人間関係を先に構築してしまえば、釣り具なんか適当な物でナンボでも魚は釣れます。道糸が細いほうがイイとか、針はこれを揃えて・・・とか、そんなの適当でイイです。釣れるポイントにチャンと入って、イイ潮が入ってくりゃ、後は適当で適当に釣れます。魚釣りって、本当はそういうものです。(笑)

先に人間関係を作るところからスタートすれば、必然で、その場所で使用する(使用しやすい)釣り具が決まってきます。

例えば、波止釣りしかしない人が、スパイクソールのブーツ持っていても仕方ないです。60cmの尾長グレがいるわけでは無いので、遠征3号とかゴツイロッドも要らんと言うわけです。

最初に行く場所を決めて人間関係作りに尽力すると、必然で必要な釣り具が決まってきます。ここを押さえたところで、自分の身の丈にあった釣り具を選びます。


ヤフオクをまずはチェック!

初心者の人は最初から高い釣り具を買っても仕方ないです。リール一個買うにしても、高い物もあればやすいものもありますが安い物で十分です。

「ベアリングの数が多いから、少し値の張るものを買ったほうが安上がり」なんて話をどこかのウェブサイトとかで見ましたが、ごめんなさい、ハッキリ言いますね。

貧乏臭いです、参考にも値しないです。こんなのの言うことを聞いていれば、返って高い買い物になるし、面白くも無いし、大して釣れないとも思えるし・・・です。

まあ、色々なアングラーさんを見てきましたが、リールなんか、安いの買っても高いの買っても、絶対に飽きてきますよ。九分九厘こうなります。一生使える釣り具もないので、最初は適当な物買えばイイと思いますよ。(高いリールが買えるんだったら買えばいいし、景気も悪いんだから、普通の初心者の人は安モンで十分です)

「身の丈にあったもの」を買えばいいわけです。月給20万で10万円の竿と7万円のリール買って釣りに行けなくなったら、そのオッサンはタダのアホです。頑張って2万から3万円くらいで「これだっ!」って言ういいものを探さないといけないわけだし、少しでも良いものも欲しいわけじゃないですか。だから、まずはオークションのチェックが最適で、「中古ですが美品」なんてのがたくさん出てますから、まずはこれをチェックしましょう。

オークションは、個人の出品で中古釣り具を狙う事。店舗で出ている所は、別にお買い得でもナンでも無いです。安モンがそのまま安い値段で出ているだけってのが大半です。

買う側は絵だけ判断しないと行けないわけだし、出店側の業者のウェブサイトも説明が不十分な物が多く、判断材料が「表示価格」しかないわけなので、安モンがそのまま売れ線になるわけですよ。(これ読んで悔しい業者は、詳細説明をサイトに入れる努力を頑張ってください。僕に文句言う前に、自分でやるべきことあるでしょう?)

個人出品は代理で出品している物とかもたくさんあるし、調子に乗って買ったけど、釣り具代払ったら釣りにいけなくなった、なんて人の"かなり使える残骸"が結構出ているので、そういうのを狙えば良いです。

僕、ツインパワーSPを3本愛用してますが、これオークションで買いました。1本2万数千円程度で数年前に買いましたが、何の問題も無く取引できたし、普通に魚も釣れてます。っつか、使いやすいし、安かったので、単純にメチャクチャ嬉しかったです・・・笑

キモは、少し良いものを出来るだけ安く買ってくること!これには、まずはオークションのチェックですね。


タックルベリーを狙え!

これは、絶対に見に行くべきです。フランチャイズでチェーン店として全国展開しているので、「これを頑張ろう」で店舗を構えているタックルベリーは、気力がチョット通常の釣具店とは違うはず。

また、中古釣り具を扱う以上、仕入れには相当な力も入れてくるはず。自分の要らない釣り具も買い取ってもらえるわけなので、一軒くらいひいきのタックルベリーがあってもいいかも?とも思います。

自宅の釣り具置き場で眠る使わん釣り具は、多分、この先もほとんど遣うこと無いと思いますよ。売り飛ばして、釣りに行くほうがイイと思わないでも無いです。


フィッシングショー、見本市の"前"を狙え!

例年2月から3月に掛けて、大阪ではフィッシングショー、東京では見本市があります。

釣り具の新作の発表会ですが、新作が出ると、旧作?は当然バーゲン価格で売り払いに出るものがたくさんあるでしょう。(以前の○社製品には多かった。「企画がアホや」と外から丸見え・・・笑)

2月に入ったら釣具店は要チェックでしょう。このときに、釣具店と仲良くしておけば、セール情報とかもインサーダーで入ってきたりすることもあると思いますよ。

「それ、置いておいて・・・」なんてのも、できるかも知れませんねぇ・・・笑


防寒用品は3月を狙え

理由、解りますよねぇ・・・(^◇^)

型落ちでも防寒機能に大差ないし、防寒着なんか100%セール品(売れ残り)で十分ですよ。

新作の服来てりゃ女の子にモテるんか?っていたら、釣りの現場においてはそんな話絶対に無いし、魚にモテたきゃ服は別に安モンでも去年モンでもバーゲンモンでも何でもイイですから、違う所に力点をおきましょう。

また、磯釣りのブーツやシューズは、滑らなきゃナンでもOK!っつか、あんなガタガタの岩の上で半日過ごすのに、高い靴なんか履いてたら、もったいないですよ。そう思いませんか?


初心者のメインロッドは普及モデルで十分

「道具は腕の延長」です。例えば100円均一で買った包丁でも(売ってないかも・・・^_^;)、料理の鉄人が使えって、彼らが料理すれば、当然、その料理は美味しく仕上がります。

この話は、鉄人(名人)が安モン使っても、すごい物が出来るってことですが、では、ヘタクソが安モン使ったら、さらに深みにハマるんか?って言ったら、そんなことは、無いです。

チョット厳しいですが、ヘタクソは高いもん使おうが安モン使おうが、ヘタクソはヘタクソです。最初は、釣り具は安い物で、釣行費に資金を当てるのが得策で、「腕を上げる」事に注力するべしです。道具がイイから魚がたくさん釣れるって話があるなら、まあ嘘っぱちです。チョット冷静に考えれば、簡単に解りますねぇ・・・

「腕を上げる」ってところをメインに考えて釣行回数を増やしていく事をしっかりと実践しましょう。その後で、いい道具を買えば、二次関数的な曲線で知識や腕前が上がっていくと思います。道具に頼ったり、釣れないことを道具のせいにしてたりしてたら、女性にも魚にもモテませんよ。当たり前なんですが、結構、ここ間違えてる人が多いです。

と言うわけで、初心者の人がやる釣り具選びですが、ハッキリ言って釣り具はナンでもいいですよ。適当な物を釣具店で相談して、安いもの(普及モデルとか)で最初は十分です。

釣り師である以上、釣り具は、エエの買っても安モン買っても、どうせ、次のが欲しくなります。(笑)

だから、最初から良いものを買っても、無駄遣いになることも多いです。最悪、釣りをやめてしまったら、究極の無駄遣いにもなります。

「道具から入るのは愚の骨頂!」

ちょっと、ボロクソやったでしょうか・・・笑

注目のフィッシングDVD!

エビ撒き釣り初心者養成講座

年間1トン超の実績は。超攻撃型のエビ撒き釣りから生まれた!ひみつを見たい人はクリック!

エビ撒き釣り初心者養成講座

広告

タグ

2011年1月 4日

カテゴリー:雑記