坂口名人の海上釣堀DVD

坂口名人の海上釣堀DVD

海信です。

海上釣堀のコツやツボを紹介しているDVDを販売してます。

取材したのは坂口昇名人、ビッグフィッシングの初代海上釣堀大会のチャンピオンのアングラーです。

2010-12-09.jpg

海上釣堀はコツを知らないとボーズを踏む事もある

海上釣堀は「生簀の中に入っている魚を釣る」と言うことで、一見して簡単そうですが、爆釣を引っ張り出すと言う事を考えると、やっぱりチャンとした基礎知識のようなものが必要なんですね。

具体的には、真鯛を4、5枚釣るくらいなら、初心者の方でも簡単です。ただ、青物を爆釣させたり、持ちきれないくらいの魚を取り込もうと思うと、これはやっぱりベテランアングラーや常連から、チャンと話を聞いて勉強しないといけません。

この手の話を、最初森永さんから聞いたときは、「マジで?」って思いました。どう考えても釣堀の魚なので、そう難しいとは、思えないからですね。

実際、坂口名人にお会いして話を聞くと、かなりホッとな釣りで、狭い生簀に並ぶだけに、釣りの上手下手がハッキリと釣果になって現れるのもビックリでした。名人から色々な話を聞いても、「ああ、なるほど・・・」と感心する事も多く、十分に有料の価値のある品物を作れると確信をしました。

僕の友人たちも、海上釣堀に通う人は多いです。当然彼らは、波止や磯で、それなりに実績を持っていたりする人なんですが、時折釣堀でボーズを食らって帰ってきたりします。

ほんの少しコツが、イマイチ掴めてないから・・・

確かに、釣堀とは言え、海のど真ん中に浮いているわけですから、潮の影響は受けます。「潮が悪かった・・・」とも言い訳したいですが、周りの生簀で爆釣があったら、それも言い訳出来ないですね。要は、チャンと海上釣堀で釣れる人にならないと、色々と都合が悪いわけです。

釣りの名手になる方法

あなたは、釣りに行くのに、釣り具を持たずに行ったことがありますか?こう言う質問をされたら、多分、そんな事した事が無い人が大半だと思います。

僕は、もちろんあります。カメラだけ持って、名人級の人の釣りを見せてもらって、話を聞かせてもらう。普段の釣りでも、地元の名手の人とかと一緒になったら、多くの時間を釣竿を持たずに、話を聞かせてもらって、横で釣りを見せてもらう時間に費やします。

これは、地元の釣りと自分の知識やスキルのズレを修正するための勉強の時間になっているわけですが、少し自慢させてくださいね。僕、「初物には、やたらと強い」と言う実績を、実は持ってます。

これは、実力のある人を見つけて、キモの部分の話を引っ張り出して、素直にそれをやるからです。要するに、現場で釣りをする前に、勝負所を持ってきているってことですね。

釣りのDVDの作成に携わるとき、そういうのをすごく大事にします。ここだけは押さえておかないとダメですよ、って部分を重点的に、何度も何度も解説して、見てくれるアングラーさんの頭の中に、刷り込ませるように持っていって、現場の興奮状態の中でも、大事な部分を思い出していただきたい・・・

坂口さんの海上釣堀DVDも、そういう部分がてんこ盛りです。(^◇^)
ぜひとも、ご覧になってみてくださいね。

2010-12-07.jpg

参考ウェブ

海上釣堀マニア 入れ食いのツボ

注目のフィッシングDVD!

エビ撒き釣り初心者養成講座

年間1トン超の実績は。超攻撃型のエビ撒き釣りから生まれた!ひみつを見たい人はクリック!

エビ撒き釣り初心者養成講座

広告

タグ

2010年12月12日

カテゴリー:雑記