マニアックなフロントドラグの上物リール

マニアックなフロントドラグの上物リール

海信です。

僕の釣りは上物がメインですが、リールは普通のレバーブレーキのリールはほとんど使っていませんでした。

最近、フロントドラグで上物で使用できそうなリールが売って無いので、仕方無しにレバーブレーキ付きのリールを買って使用するようにしてますが、まあ、これも時代の流れってモンかな?と考えてます。

2010-12-31.jpg
(もう10年以上使ってます。さすがに毎年オーバーホールです・・・笑)

ダイワのフロントドラグは良かった・・・

このリールはダイワのトーナメントZ SICですかね。シマノがツイストバスターって糸絡み防止機能を出した時の対抗機種かだったかしら・・・

僕は、この二つのリールで上物は全てこなしてました。2500番と3500番ですね。

スプールは浅溝仕様と深溝仕様があったんですが、2500番はスペアスプールも浅溝で2号の道糸を150mで使用してました。

3500番は非常に扱いやすい番手で、4号が200m、5号が150m入るので、瀬際にデカイヤツを狙う場合や本流のグレ狙いに非常に使いやすいものを感じてました。

まあ、ボチボチ引退ですねぇ・・・(笑)
今期、少し使ったら、またオーバーホールで殿堂入りにしようと思ってます。(^◇^)

フロントドラグを使用する際のメリットとデメリット

僕がフロントドラグのリールを上物で使用しようとしたキッカケは、今から何年前でしょうか・・・。

がまかつのインテッサがちょうどスーパーインテッサにモデルチェンジされる時に、フィッシングライフと言うテレビ番組で三原憲作さんが50の口太を連発したシーンがあったんですが、その時の使用タックルが、スーパーインテッサに"ステラ"だったんです。

普通の人は大きくしなるロッドに目が行くと思うんですが、僕はその時、三原名人の手元を見てました。フロンドドラグのリールをたくみに扱い、指だけでルーターにブレーキを掛け、まるで肩に力が入らずにロッドコントロールだけで大型のグレをタモに誘導する・・・

もう、「これだぁ・・・」と思いましたねぇ・・・(^◇^)
(こんな釣りの上手い人見たこと無いとマジで思いました・・・笑)

この時、またタイミング良く、僕は波止釣りのクラブの例会で年間のポイントで2位に入って、クラブの表彰でバイオマスターの2000(もちろんフロントドラグです)を頂いたんです。

「フロントドラグを使うことに流れが来ている・・・」

「流れに逆らったらエエ魚は釣れん・・・」はフカセ釣りの基本です。僕は実生活でも「流れ」を大事にするので、思い切ってレバーブレーキリールを捨てました。

ただ、ハンドルが右の僕が、左指だけでルーターの逆転を操作するのは、これはもう大変でした。(左ハンドルの人なら、ここまで苦労はしないと思います)

2010-12-33.jpg

ルーターの逆転って、時計と反対の回転で回ってくるんです。左指でブレーキを掛けようとすると、指先からルーターが来ますから突き指の連発・・・

ハンドルを左にすれば、必然でロッドを持つ手は右になり、ルーターの逆転は、指の付け根から指先に抜けるので、やり易いんですが、大物志向で釣りをする場合、左ハンドルは右ハンドルに比べて不利とも思えるし、絶妙の指先のタッチでリールを操作していかないとダメって事になりました。

現場で突き指で痛い思いをしたのは何回かしら?最初は骨折するかも?とかすごく心配でしたが、もう、釣りが上手くなりたい一心で、波止ではセイゴ、磯ではコッパグレを相手に、メチャクチャ練習しました。

この過程で、すごい発見がたくさんありました。

2010-12-34.jpg

まず、左の中指でルーターのブレーキ操作をしないといけないとなると、ロッドを支える手は、人差し指一本になります。こうなると、ロッドが強く握れないので、絶対に肩に力が入らないことに気づきました。

肩に力が入らないと、大物が掛かっても力勝負に持ち込めません。必然で、ロッドの弾力を極限まで使わないと取り込めないことが解ってきて、竿のさばきが格段に良くなってきたと自覚できるようになりました。

また、バラシの原因が肩に力を入れすぎることにある事も解ってきました。大物を掛けて力むと竿がシッカリ起きない事が解ったし、3、4キロの魚で息が上がるようなこともなくなってきました。

要するに、やり取りでゼーゼーいっている人は、魚がデカイからゼーゼー言わされるのではなくて、力むからそうなるんです。ロッドを持っている手が支点になって、ロッドの弾力を最大限に活かせるように起すことだけが出来るようになれば、ホンマ、涼しい顔で大型の魚もタモに入れることが出来るようになります。

レバーブレーキを思い切って捨てて、ホンマ、すごい発見がたくさんあったんですね。ただ、よっぽどの釣りバカじゃないと、この話は読むだけにして下さいね。マジで指先の骨折とは紙一重ですから・・・笑

リールを変えたら、ロッドのことまで、それまで以上に深く理解できるようになりました。ぜひとも、参考にて下さいね♪

注目のフィッシングDVD!

エビ撒き釣り初心者養成講座

年間1トン超の実績は。超攻撃型のエビ撒き釣りから生まれた!ひみつを見たい人はクリック!

エビ撒き釣り初心者養成講座

広告

タグ

2010年12月29日

カテゴリー:釣り具の話