円錐ウキの大きさ・選定方法の基本は?

円錐ウキの大きさ・選定方法の基本は?

海信です。

上物アングラーがこだわる部分は、たくさんありますが、もちろん、ウキには特別なこだわりがある人が多いです。

磯の上物で使用するウキは円錐ウキが基本ですが、ご存知の通り、釣具屋に行けば、種類もサイズも号数もメチャクチャたくさんあって、初心者の人は何を買えば良いのか解らないと思います。

現場に持ち込むウキは、当然色々な種類を持ち込む事になると思いますが、ピッタリのウキでシッカリと釣れたら嬉しいものです。そこで基本的な選定方法の目安を解りやすく解説してみます。

image33.jpg
(このくらいは持ち込む人が普通だと思います。大小様々に持ち込んでます)

円錐ウキの悲しいサガ

「釣れなかったら、ウキが悪い!」、こう言うアホな言い訳をしたことがある人は、今すぐに反省して、今後このような事は一切言わないようにしましょう。

このような場合、ナンと言っても、そのウキを選択したのはあなた自身だし、多分その釣れなかったウキは、本来の性能を余すことなく発揮しようとしたけど、状況にマッチしなかったとか、アングラーのあなた自身が上手に使いきれてなかったとか、そういう理由で、上手く釣れなかったという事です。

使った本人の責任と言う事ですが、まあ、説教はこんなもんです・・・笑

これ「ウキ」というからには「浮き」と理解する人が大半でしょう。実際漢字では「浮子」と書きます。要するにウキは浮いて無いと、ナンかヘン?こんな風に、特に初心者の方とかは思われると思います。

確かに、防波堤でウキ釣りとかやれば、ウキは浮いて無いと、どうも調子が変です。(特別な場合を除いて・・・)

しかし、磯釣りで円錐ウキを使用する場合、キッチリと浮いていては困ることが大半です。基本的には魚が掛かっても沈むわけですから、「浮子」ではなくて「沈子」(チ○コとは読みません・・・笑)の方がイイくらいです。

このウェブに来るくらいの人は「ウキの抵抗で魚が食い渋る」とか「ウキが上層の流れに取られてしまって、仕掛けが上手く入らない」とか、そういう話を聞いたことがある人が大半と思います。

こう言うことが本当なら(実際本当ですが・・・)、ウキなんか付いてない方がはるかに魚は釣れるわけです!

そうなんです、フカセ釣りで魚を釣る以上、本当はウキなんか余分な代物なワケです。「食わす」ということを第一に考えた場合は・・・です。

ところがどっこい、フカセ釣りの仕掛けにウキが付いて無いと実に釣りづらい。想像しただけで解ります。仕掛けの回収もウキが付いているかいないかで、全く段取りが違います。

要するに、付いてなきゃ釣りづらいけど、釣ることだけを考えると、実は付いてない方が実は良い!

これが円錐ウキの悲しいサガだと思って頂いても大丈夫です。そういう代物です。

だから、仕掛けを作る際から操作する際に、"あたかもウキなんか付いてないような状態を演出する"ってのが、腕の見せ所になります。

簡単に書いてますが、特に風波の強い寒の時期に食い渋る口太狙いなんかは、この「腕の見せ所」でかなり釣果が変わってきます。で、もう一つ言わせてもらうと、あたかもウキなんか付いてないような状態が演出できれば、特に※ハリスを必要以上に落とす必要も無く、針の号数を落とす程度の仕掛け変更で、デカイ口太とかモノに出来たりもします。

(※「ハリスを落とした方が魚は食ってくる」って言うオッサンは、たいてい道具屋(釣り具メーカーとか)が後ろに居て、「細ハリスでもこの道具なら釣れます」とかほざいている事が大半です。変な煽り文句には乗らないようにしましょう。それ以外でこれを言っている人はマインドコントロールにハマっているだけでしょう・・・相手にしない方がイイです)

あらら、変な方向に行っちゃいました・・・笑

円錐ウキの基本的な選び方は

円錐ウキの大事な役割が、少しは理解できたでしょうか?

"あたかもウキなんか付いてない状態の仕掛け"をウキをつけて演出する場合、ウキ以外にも邪魔をするものが、色々とあります。その代表が道糸でしょう。

仕掛けを遠くに投げたり、遠くまで流す場合、道糸が自然に流れる仕掛けの最大の敵となります。これが無いと釣りにならないですが、これがあるばっかりに、"釣りにならない"事態も普通に起こるわけです。

一番自然な仕掛け操作は、マキエの落下速度と同じ速度で、そしてマキエの流れる方向と同じ方向にサシエが流れていくような状態を作る操作です。

現実的に考えて、キチッと合わせるのは、人間業じゃありません。竿下で水深80cmくらいなら、何とかできそうですが、一般的にグレがよく釣れる2ヒロ(海面下3m)のタナまで、サシエとマキエを"完全に一致させるのは至難の業"だという事が解るでしょう。

要するに、みんな適当な所で釣っているし、それで釣れているわけです。だから、必要以上に難しく考える事も無いんです。エサが食いたいヤツに偶然でも出くわせば、向うから食ってくるし、そういうのだけを狙っても、十分に楽しい釣りは成立します。

そのくらい、気楽に考えて、ウキ選びの基本をマスターして下さいね。(^◇^)

image03.gif

ウキの大事な役割の一つに、「道糸の抵抗を緩和させる」ってことがあります。遠くの距離に仕掛けを送る場合、当然、磯際や竿先辺りの距離を釣るより、道糸の抵抗は大きくなります。

これを緩和させるのが、ウキのサイズって事になります。あるいは、ガンダマの量になるので、号数の大きなウキの方が段取りが良かったりします。

逆に、近場を釣る場合、道糸の抵抗は少ないですから、大き目のサイズのウキを選ぶ必要は無くなって来ます。径の小さなサイズで、タナが深い場合は、大きな号数で、タナが浅い場合は、小さな号数を選ぶ事が基本となります。

次に、道糸の号数ですが、大きな号数を使用する場合、当然、仕掛けを自然に流す際の抵抗は大きくなります。これを緩和させるのは、やっぱり大き目のサイズのウキと言うことになります。離島の釣りなどでは、当たってくる魚のサイズがでかいので、必然で太い道糸とか使用しますが、この場合は、大きなサイズのウキの方が扱いが良いです。

逆に、半島周りの口太や波止でチヌを狙うような場合は、そう太い仕掛けを使用することもありません。具体的には、道糸は2号前後で、ハリスも1.5号の前後などで釣りをする場合、遠投をしなければ、ウキのサイズはSサイズで十分に事は足りるというわけです。

とまあ、これが、天候がベタ凪の時は・・・って話です。(^◇^)

これに、風の抵抗とか、サラシが手前で邪魔をするとか、こう言う問題が複合的に絡んでくるわけで、そうなると、今後は、ウキごと沈める釣り方とか、ベタ際でもLサイズのウキを使ったほうが仕掛けの落ち着きが良いとか、そういう状況も出てくるわけです。

と言うわけで、初心者の人で、これからウキを揃えようと思う人は、まずは、Mサイズを中心に、00号、0号、(G2はどちらでも良いかも?)、B、3B、それに丸玉オモリの1号が乗るくらいの物を買い揃えると良いです。

これ持って、釣りに行って、後は、その釣り場で常連となっている人の仕掛けを勉強させてもらって、真似をしていけばよいと思います。

ナンでもそうですが、「多分こうだろう・・・」は、あまり上手く行かないです。

上手な人の真似が、一番早いです。

参考ウェブ

チヌ フカセ釣り道具

注目のフィッシングDVD!

エビ撒き釣り初心者養成講座

年間1トン超の実績は。超攻撃型のエビ撒き釣りから生まれた!ひみつを見たい人はクリック!

エビ撒き釣り初心者養成講座

広告

タグ

2010年12月27日

カテゴリー:釣り具の話