上物・中級者の賢い釣り具の選び方

上物・中級者の賢い釣り具の選び方

海信です。

釣りの初心者の方は、道具よりも先に人との付き合いを優先しましょう。というような話を前ページでしました。

当然中級者レベルの方も参考にして頂きたいですが、要領も解ってきたし、少し自分の釣りをレベルアップしたい!こう言う人も多いと思います。

では、そういう人に対して、上手に揃える釣り具の揃え方をレクチャーしてみようと思います。

尚、この話は、グレ釣りとか波止釣りをメインの方が対象になってますが、ルアーやエギングの方の参考にもなるかも?と、少し思います。インターネット上の情報として参考にしてくださいね。

2011-01-06.jpg
(自慢じゃないですが、このタモの柄なんか15年くらい使ってます。すくった魚はトンレベルと思いますが、まだまだ使えます・・・笑)

お金を掛けておきたい釣り具

こう書くと、どうでしょうねぇ・・・

「ライフジャケット」とか、こう言うのが一般的かも?ですね。

ライフジャケットには、お金掛けた方がイイのは当たり前です。っつか、こればっかりは間違えると死にます。

基本的に浮けばOKですが、古い物は浮力が弱くなってきますから、毎年買い換えるか、浮力材を入れ替えるか(入れ替えれる物は)です。

まあ、ライフジャケットはさておき、今回は、経済的で尚且つスマートな釣りを実現させるために、ここは少し奮発しましょう!って部分ですね。


タモの柄とタマ枠

タモの柄は、一回良いものを買うと10年くらいは買いなおし無しで過ごせます。

基本的にタマに入れなきゃならない魚を釣らない事には使用する機会がありませんから、ロッドに比べて傷む速度がメチャクチャ遅いです。

さらに、タモの柄は軽量であまり曲がらない物が使いやすく、さすがに安モンのタモの柄では、こう言うのはありません。だから少し良い物を買っておきたいし、十分に元は取れます。

まあ、どうでしょう、4、5万の物を一生使うくらいの気持ちで買っていいと思います。

これにセットするタマ枠ですが、できればチタンで持って置きたいものです。ステンレスに比べて軽量で扱いやすいし、基本的に錆びないので長く使えます。

タマ枠はワンピース物と4つ折りの物がありますが、僕はロッドケースに入れて持ち運ぶので4つ折にしてます。ワンピース用で外付けのタマ枠ケースとかは、渡船ではロッドケースを積み上げるような場合もあるし、チョット邪魔なイメージがあるので使用してませんが、ワンピース枠は使いやすいし軽いので、これも有力ですねぇ・・・

タマ枠はチタンでも1万5千程度で売っているものがあると思います。こう言うのは、案外ヤフオクで良いものが見つかったりします。


チャラン棒(荷掛)

2011-01-07.jpg

磯釣りをする場合、チャラン棒は必須アイテムと呼んでいいでしょう。渡船に常備してあるものとかもありますが、用意してない渡船店とかもあるので、自分でワンセットは持って置きたいものです。

これも、チタン製品が軽量で持ち運びが楽です。僕は連結ピトンとか使ってますが、連結物が持ち運びを考えたときに楽でオススメです。

これは、ヤフオクで個人出品で出ていたものを購入しましたが1万円くらいだったと記憶してます。一生物ですから少しお金を掛けておいても良いかも?と思います。


マキエシャク

ロッドにはお金を掛けてもマキエシャクにはお金をかけない・・・って言う人が多いと思いますが、多分「真理は逆」と思います。

竿は適当なものでイイと思いますが、特にグレ釣りはマキエワークがキモになる事も多いので、自分にピッタリのマキエシャクがあれば一番良いと思います。

僕は競技仕様の「湯川シャク」というのを使ってます。このシャクを使い出すと、他のシャクは要らんな・・・と思えます。


用意しておきたい釣り具

釣りに行くときはお友達と車を乗り合いで行くようなことも多いと思います。この時に少し気を使って上げるだけで快適!ってところを上げておきます。


バッカンとクールバッグ

バッカンは、僕は36cmと40cmを二つ買い揃えるようにしてます。乗り合いで行くような場合、釣り場まででオキアミを買うような事も多いわけで、この場合、36cmのバッカンにエサを入れて、その36cmを40cmに入れて車内(トランク)に入れるようにしてます。

バッカンは冷えたオキアミを入れると外側が汗をかくし、磯で使用したあと、渡船店で水洗いしたとしても、「汚れ物」には変わりありません。要するに、40cmを36cmのカバーで使用するようにしているということです。これだと、友人の車の中にオキアミの嫌なにおいを残す事もありません。

さらに、40cmのバッカンがすっぽり入る大きさのクールバッグも揃えるようにしてます。泊り込みで釣りに行くような場合、オキアミの解凍も自分でやるような場合もあるわけで、この場合は36cmが現場用、40cmが解凍用とかになるわけです。で、帰りの車内では、すべてを重ねてクールバッグに収まるように・・・と考えて購入しているわけです。

同じような理由でブーツバッグなども絶対に必要な釣り具装備といえるでしょう。よそ様の車でオキアミを残してしまったら、その家の奥さんの逆鱗に触れることもあるわけで、こうなると、次、その車が使えなくなったりすることも考えられます。

ホンマ、オキアミのニオイには細心の注意が必要と思います。


ロッドケース

ロッドケースは磯釣り用の、少し良い物を買うようにしてます。

これは、瀬渡しの船上では積み上げられる事も多いし、何より撤収時には、少し乱暴な扱いも受けることが予想されるので、良いものを買っておくほうが無難です。ハードタイプで中見をしっかりと保護してくれるような物がイチオシです。


僕は、一緒に釣りに行く中級レベルの人には、よくこの話をして差し上げます。大半の人が納得してバッカンを買いに行ったりしてますが、マキエシャクだけは中々、違いが解りづらいようです。(1万2、3千円はしますからねぇ・・・笑)

まあ、最近は、ダイワやシマノあたりのシャクも良くなってきているみたいだし、そんなに高いものでなくても、十分にいい物はあります。自分にピッタリのマキエシャクを見つけてくださいね。

ぜひ参考にして、快適な釣りをしてください。

注目のフィッシングDVD!

エビ撒き釣り初心者養成講座

年間1トン超の実績は。超攻撃型のエビ撒き釣りから生まれた!ひみつを見たい人はクリック!

エビ撒き釣り初心者養成講座

広告

タグ

2011年1月 4日

カテゴリー:釣り具の話