検索結果

タグ検索

磯釣り・波止釣り・俺の釣り!で“釣り具”タグの付いているブログ記事

下記のエントリー(記事)が検索結果となります。

浅海のグレ釣りの装備

カセ釣りは「手軽な釣り」と言うことで人気も高いですが、常連のマニアたちは、実に色々な装備を持ち込む人が多いです。

僕は、メインの釣りが磯釣りなので、常に天候の急変による撤収を考慮して釣りを組み立てていた経験が長いし、どうも、「現場で店を広げる」と揶揄されるような、色々な道具を持ち込んで所狭しと色々な釣りをするスタイルは感心しない、あまりやりたくないのが本音です。

と言うわけで、真夏のカセ釣りでもパラソルも持ち込まないし、基本的にロッドケースすら持っていかないです。(ロッドベルトで竿3本から4本を巻いているだけ・・・笑)

まあ、「ランディングネット(タモ)は持参しようかな・・・?」と考えている所です・・・(備え付けのタモはあるんですが、とげが刺さったりするし・・・^_^;)

基本スタイルは、ロッドと小物入れ、それにクーラーボックスだけですが・・・

image172.jpg
(備え付けのタモで真鯛をランディング・・・)

タグ

2013年11月17日

カテゴリー:カセ釣り

浅海のグレ釣りの釣り具

浅海のグレ釣りでは、大型が狙えることから、あまり道具は落とさない方がお勧めです。

僕の場合、2013年の7月から通い始めて3ヶ月程度で累計釣果は100匹を超え、50cmが1匹、45cmから48cmの大型が全体の1割強、40アップで45cmに足りないサイズは全体の4割程度で、残りが30cmから39cmって所で、30cmに満たないコッパグレは、なんと2匹しか釣ってません。

通常であれば、コッパを釣りながら良型、大型にアプローチするのがグレ釣りの基本と思いますが、浅海の場合は、コッパを釣る方が難しい・・・とデータ的には、こう解釈することができます。

また実績では、55cmを超える超大型も確認されていることから、浅海のグレ釣りは、メインターゲットを超大型グレに絞って釣行を繰り返すことがお勧めです。

釣り方は、ウキ釣りとズボ釣りが二通りですが、ウキ釣りは浅海波止の捨石を狙ったり、アオサのような食い込みがあまり良くないエサを使用するときには効果的であると言えるし、カセの影に着くグレをピンポイントで狙うときは、3m程度の短いロッドを使ったズボ釣りが勝ります。

僕は、これらの条件に対応するために、磯竿と海上釣堀用のロッドを持ち込みますが・・・

image165-1.jpg
(メインロッドの「かまかつ海上釣堀グランドスペック3.8」とシマノBB-X SZ1.2号です。この他、グランドスペックの3.3mとBB-X SZは1.7号も持ち込んでます)

タグ

2013年11月17日

カテゴリー:カセ釣り

BB-X スペシャル SZ MZのインプレッション

海信です。

僕がズーム機能のロッドを使い出して久しいですが、最近BB-X スペシャルで色々な号数を使ってます。

BB-X スペシャルはご存知の通りスパイラルXと言う最新のカーボンを使用してますが、「軽くて、細くて、強い」のキャッチコピーの通り、この3つの特長にはかなり満足してます。

ボチボチとBB-X スペシャルにも慣れてきたし、このロッドの購入を考えている人もたくさんいると思います。僕が気づいた事で参考になりそうな部分をピックアップしておきますね。

image161.jpg
(このくらい曲げこんでも、まだまだ余裕ありました。BB-X スペシャル SZ 1.7号です)

タグ

2012年2月25日

カテゴリー:釣り具の話

石鯛釣りの釣り具(ロッド、リール、石鯛ピトン)

石鯛釣りの釣り具はごっつい釣り具が多いので高額な商品が多いと思われるかもしれませんが、案外ロッドやリールは価格的には安いと感じる物が大半です。

上物竿なら、例えば1号のロッドが5万円なら2号になれば大体で6万円くらいの価格なります。要するに1号アップで1万円高くなるような計算と言えるでしょう。

石鯛竿って号数に直すとMH(ミディアム・ハードの略かしら?)で24号相当、Hタイプなら27号とかそういう号数になるでしょう。上物竿の計算で1号で1万円価格が跳ね上がるなら20万円以下のロッドはなくなる計算じゃないですか?

こう考えると、あまり高額な物を選ばなければ、6、7万程度で買える石鯛竿はかなり価格的には安く感じます。またリールも、その耐久性や馬力を考えれば、かなり安いと言えるでしょう。

まあ、めちゃくちゃ高額な竿受け(石鯛ピトン)とかもありますが、そういうのは専門にやっているマニアの方向けの商品です。僕に言わせれば6800円のポインターのピトンが結構使いやすかったりするし、どうやろ?10万円くらいで全部そろえる事は十分に可能と思います。

では、まずは石鯛竿の話から行ってみましょう!

image145.jpg
(振り出しの石鯛竿。収納がよい点と並継ぎに比べて軟調に作られている点が特徴的。これで70cmクラスでも十分止められると思います)

タグ

2011年10月14日

カテゴリー:石鯛釣り

タコ釣りの仕掛け(道糸、スカリなど、その他の釣り具編)

タコ釣りは手軽な釣りですが、必要最低限の装備は、そりゃ必要です。

また、暑い時期の釣りになるとおもうので、クーラーボックスを持参して、飲み物とかも持っていかないと苦しい釣りになってしまいます。

帽子も必須で、暑さ対策は必ずシッカリとやっておくこと!それをチャントした上での、「楽しいタコ釣り」であることを忘れてはいけません。当たり前ですが、当たり前が出来てない人も多いので、あえてここで一つ言及しておきます。

では、本稿では、ロッド、リール、タコ軸以外の釣り具や装備について語ります!

image106.jpg
(スカリに入れてタコをキープ!が基本ですが、網の目にご注意!)

タグ

2011年6月12日

カテゴリー:タコ釣りマニア

タコ釣りの道具は、極力シンプルに(ロッドとリール編)

毎年6月の中ごろから7月いっぱい位に最盛期を迎える大阪湾の防波堤のタコ釣りは、シーズンになれば、釣具店の店頭を見てもいろいろな釣り具が並びます。

といっても、「新しい何某・・・」みたいなタコ釣りの釣り具はほとんどなく、シンプルで手軽でファミリーにも人気があるということから、海外生産の激安物がほとんどだったりします。

「来年、再来年まで続けて使える必要」と言うのはファミリーフィッシングにはそんなに感じないので、それはそれで別に構わないですが、こういうサイトを見に来る人は、それなりにタコ釣りにはマニアだし、そこそこの物を揃えて置く方が長い目で見ると経済的であったりもするとも思います。

で、シンプルといえども、ある程度マニアックに、で、長く使えるタコ釣り具とか紹介して見ようと思います。

image108.jpg
(少し奮発して買ったジギング用のロッド、奮発って言っても7800円とかだったと思います・・・笑)

タグ

2011年6月12日

カテゴリー:タコ釣りマニア

底撒きカゴ 空中分解対策

海信です。

エビ撒き釣りのDVD購入者様から底撒きカゴ(底撒きボール、エビ撒きボール)についての質問を頂きました。

エビ撒き器については、代表的なものに・・・

  1. 底撒きボール(茶こしを合わせたような形のもの)
  2. マグネットカゴ
  3. 反転カゴ

などがありますが、波止釣りでシラサエビを撒きながら釣る「エビ撒き釣り」では1番と2番が主流で、通常のエビ撒き釣りでは「底撒きカゴ」を使用し、カゴをつけたまま「カゴ釣り」で釣りをする場合はマグネットカゴを使うのが普通です。

DVDの購入者の方は、僕のDVDとか今中師匠のDVDをご覧になるわけで、当然底撒きボールを使われるワケですが、このカゴは、「空中分解」と言う困ったトラブルが多いのも確かです。

と言うわけで、対策を幾つか挙げてみましょう。

image84.jpg
(これが「底撒きボール(エビ撒きボール)」と呼ばれる底撒きカゴ。ちょうど釣行直後だったので、自宅で陰干しをしている所を撮影)

タグ

2011年5月17日

カテゴリー:雑記

サンノジとチヌ竿

海信です。

4月10日の日曜日に、悪っちゃんのお誘いで古座に上物で出かけました。

先週6キロの真鯛が上がった古座ですが、それをホームページで見た悪っちゃんのモチベーションが最高潮になってしまいました。(^_^)
(「鯛釣りたい」、「鯛釣りたい」・・・呪文のようです・・・笑)

と言うわけで、悪っちゃんは釣友のI氏と真鯛狙い。僕は、3人で鯛が狙えるポイントに入れるなら真鯛を狙ってみようと思いましたが、3人ともが真鯛狙いとなると、チョットポイント的に狭いし、無理なら分かれて上礁してナンか適当に釣れるもの釣ろう・・・

なんてイメージで出かけました。

実は、「ある作戦を実行しよう!」これを考えてました。真鯛キチガイの僕ですが、今回は、この作戦のほうにウェートを置いてました。(^_^)v

2011-04-08.jpg
(作戦とは、ズバリ「サンノジ狙い!」。パンチ力のある外道で有名ですが、コイツをチヌ竿で釣ったらどうなる?この実験をしたかった・・・)

タグ

2011年4月11日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート

竿の長さについて質問いただきました

海信です。

aimamaの夫さんからまたまた質問を頂きました。

今回は竿の長さについての質問でした。なるほど、確かに、竿には色々な長さがあるし、短い竿でも長い竿でも「魚を釣れる」と言う結果部分だけを見れば、「適当なもんがあったら、ナンでもエエやん・・・」って事になりますが、これでは面白さを爆発させる「マニア」の部分でチョット片手落ちですね。

と言うわけ、長さについても、参考になる部分を書いてみようと思います。

image54.jpg
(最近の僕の愛用のBBX-SZはショートレンジで4m85cm、ズームアップしたロングレンジで5m20cmですが、どう使い分ける?)

タグ

2011年3月25日

カテゴリー:雑記

グレ竿とチヌ竿について質問いただきました

海信です。

先日、かいしんげきの釣りのウェブサイトで『爆釣!チヌのフカセ釣り』(グレ竿とチヌ竿の違い)のコンテンツを読まれた方からご質問を頂きました。

僕は質問が来た場合、大体同じような事で迷ったり、悩んだりしている人も居ない事は無いとも思えるので、質問者に承諾を得てから、僕との質疑応答をブログで公開させてもらってます。

今回のHN:まだおさんも、「他の方の参考になれば幸いです。」と快諾いただけました。と言うわけで記事にして見ました。(^_^)

image42.jpg
(これが僕が波止釣りで使っているチヌ竿アートレータ(シマノ)です)

image43.jpg
(こっちは、僕が磯釣りで使っているグレ竿BB-X SZ(シマノ)です)

タグ

2011年3月 6日

カテゴリー:雑記

グレ針とチヌ針

海信です。

釣り針について友人がブログに書きましたが、そういえば僕のブログには、あまり針について書いている物が無いなぁと思って、少し基礎知識的なことを書いておきます。ぜひとも参考にしてくださいね。

image36.jpg
(コイツはグレ針の6号を食わせました。最近の僕の愛用はカットグレの5号から10号です)

タグ

2011年1月22日

カテゴリー:釣り具の話

愛竿ツインパワーSP1.5号逝く

海信です。

1月11日と12日の二日間で、またまた和歌山の古座に行ってきました。

ボチボチ、真鯛が出る時期なので、二日間通して様子を見たいと思ってましたが、さわやかに撃沈されてしまいまいました。(^_^;)

2011-01-14.jpg
(初日に乗った磯はグンカン。うねりが出てきて、1時間で「グンカン、グンカン、沈没」のため撤収・・・^_^;)

タグ

2011年1月13日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート

上物・中級者の賢い釣り具の選び方

海信です。

釣りの初心者の方は、道具よりも先に人との付き合いを優先しましょう。というような話を前ページでしました。

当然中級者レベルの方も参考にして頂きたいですが、要領も解ってきたし、少し自分の釣りをレベルアップしたい!こう言う人も多いと思います。

では、そういう人に対して、上手に揃える釣り具の揃え方をレクチャーしてみようと思います。

尚、この話は、グレ釣りとか波止釣りをメインの方が対象になってますが、ルアーやエギングの方の参考にもなるかも?と、少し思います。インターネット上の情報として参考にしてくださいね。

2011-01-06.jpg
(自慢じゃないですが、このタモの柄なんか15年くらい使ってます。すくった魚はトンレベルと思いますが、まだまだ使えます・・・笑)

タグ

2011年1月 4日

カテゴリー:釣り具の話

初心者の釣り具の揃え方

海信です。

先日グレ釣りの初心者の人を一人古座に案内しましたが、一発グレを取り込んで、一発バラシを経験したこの御仁は、当然ですが、グレ釣りに熱くなってしまいました。(笑)

いや、だれでもこうなると思うし、「一回やって見たいなぁ・・・」って言う人や、「やってみたら面白いので、少し道具を揃えてみたい・・・」、こう言う人も、グレ釣りに限らず、たくさんいると思います。要するに「釣りの初心者の方」ですね。

まあ、このような方に対して、賢い釣り具の選び方、購入の仕方を少しレクチャーしてみようと思います。

2011-01-05.jpg
(初心者の方はガシラ釣りとかイイですよ。簡単だし釣り具も安上がり)

タグ

2011年1月 4日

カテゴリー:雑記

タダでBB-Xのスペアスプールを手に入れた方法

海信です。

非常に胡散臭いタイトルです。(^◇^)

まあ、僕の場合とこのブログの読者さんの場合とは、かなり違うとも思いますが、この方法を使えば、まあ格安で釣り具が手に入ることは理論上出来ないことは無いです。

教えましょうかぁ・・・(^_^)v

image34.jpg
(おおよそで1万円前後の価格ですが、このくらいの値段なら十分タダに出来ます)

タグ

2010年12月29日

カテゴリー:雑記

道糸は色々使ってみて自分にピッタリの物を

海信です。

長く釣りをやっていると、当然ですが、色々な道糸を使うことになると思います。

僕もご他聞に漏れず、まあ、色々と使いました。上物がメインですから、1.75号から2.5号くらいがメインでしたが、東レ、サンライン、ダイワ、シマノ、シーガー、それに、最近愛用しているバリバスなど、色々なメーカーの色々なブランドを使ってきました。

その中でも、「この道糸は最強だろう・・・」と思えたのは・・・

2010-12-32.jpg
(最近は、バーマックス磯ばっかりです。メチャクチャいいですよこれ・・・)

タグ

2010年12月29日

カテゴリー:釣り具の話

マニアックなフロントドラグの上物リール

海信です。

僕の釣りは上物がメインですが、リールは普通のレバーブレーキのリールはほとんど使っていませんでした。

最近、フロントドラグで上物で使用できそうなリールが売って無いので、仕方無しにレバーブレーキ付きのリールを買って使用するようにしてますが、まあ、これも時代の流れってモンかな?と考えてます。

2010-12-31.jpg
(もう10年以上使ってます。さすがに毎年オーバーホールです・・・笑)

タグ

2010年12月29日

カテゴリー:釣り具の話

リールの上手なそろえ方

海信です。

スピニングリールって、すごくたくさんあるじゃないですか。もちろん、ターゲットや釣り方に合わせて色々な種類があるんですが、まともに揃えていたんじゃ、いくらお金があっても足り無いです。

そこで、「賢いリールの揃え方」って言うんでしょうか、もう、これはハッキリしてます。スプールで揃えていくってことですね。

2010-12-29.jpg

タグ

2010年12月29日

カテゴリー:釣り具の話

円錐ウキの大きさ・選定方法の基本は?

海信です。

上物アングラーがこだわる部分は、たくさんありますが、もちろん、ウキには特別なこだわりがある人が多いです。

磯の上物で使用するウキは円錐ウキが基本ですが、ご存知の通り、釣具屋に行けば、種類もサイズも号数もメチャクチャたくさんあって、初心者の人は何を買えば良いのか解らないと思います。

現場に持ち込むウキは、当然色々な種類を持ち込む事になると思いますが、ピッタリのウキでシッカリと釣れたら嬉しいものです。そこで基本的な選定方法の目安を解りやすく解説してみます。

image33.jpg
(このくらいは持ち込む人が普通だと思います。大小様々に持ち込んでます)

タグ

2010年12月27日

カテゴリー:釣り具の話

BB-X テクニウムMg 不良品だったか?

海信です。

先日購入したBB-X テクニウムMg2500ですが、2回ほど使用したところで、ハンドルの逆回転が非常に重たくなる症状が出てしまいました。

2010-12-13.jpg

タグ

2010年12月16日

カテゴリー:釣り具の話