検索結果

タグ検索

磯釣り・波止釣り・俺の釣り!で“大箱”タグの付いているブログ記事

下記のエントリー(記事)が検索結果となります。

うねりの古座でヒラスズキ

3月22日、23日で、和歌山の磯釣りのホームグランド、古座の藤田渡船に行ってきました。

両日共に、天気予報では高気圧が広がって快晴の予報でしたが、22日は、東からのうねりが強烈で、おまけに西からの強風で道具を入れるのが精一杯。翌日は、午前中は前日同様のうねりでしたが、昼からはベタ凪と、ワケの解らない天気でした。

「高気圧が広がっても、冬型の西高東低とは違うので、うねりが取れない」(藤田渡船・西川船頭)

春の古座は、地寄りの磯でコッパグレやノッコミのチヌ、それに、真鯛などが狙えるわけですが、地寄りの磯は足場が低いところが多いので、妙なうねりで、そういう釣りはほぼ全滅。沖磯の大箱でじっと我慢の釣りになりました。

そんな中でも、ヒラスズキを一本取りましたが、これは色々な意味で評価できる一発だったと感じています。

追記で詳述します。

003.JPG
(今回はカメラを持参するのを忘れたので、自宅に持ち帰って、料理する前の写真でごめんなさい・・・。約70cm、目方は4キロあるなしでしょう)

タグ

2016年3月25日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート

好調の古座でヒラスズキ14本をゲット

4月28日は、ヒラスズキをメインのターゲットにして、午前中は沖磯の大箱、昼からは地寄りのセシマで竿を出してみました。

大箱では、前日と同じパターンで早朝に3本ゲットし、ポイントを変えて3本追加。午後からは、セシマにポイント変更しましたが、上手い具合にヒラスズキの時合いに出くわすことが出来て、72cm(3.9キロ)を頭に8本ゲットすることが出来ました。

80アップの大型は出せませんでしたが、「大型が出ないときは数釣り」が僕のモットーで、一日で14本で20キロ以上なら、「まあ良し」としておきます。(もうちょっと上手なら、もっと釣れるとは思います。その点では「まあ良し」は情けないですが・・・)

ヒラスズキは、普段は狙うことが無いし、適度な荒天が伴わないと中々遭遇することも無いので、とにかく僕の引き出しのヒラスズキに対する情報量が不足してますが、そんな中で、今回の二日間の釣行は非常に貴重で意味のある体験となりました。船頭をはじめ、関係者には深く感謝してます。

まあ、釣果はともかく、久しぶりの磯釣りだったし、春の古座(藤田渡船)の延長釣りは13時間から14時間の長丁場で、それを二日間連続で集中してこなせた事には、一定の評価を与えても良いと、これは自画自賛です。

とにかく、釣りを休んでいる間も、このタイミング(春の古座の延長釣り)で「最初から最後まで頑張れるように・・・」と、バス通勤を徒歩に切り替えたりして毎日足を鍛えていたのが奏功しました。(^_^)

「釣りをしてない時も、釣りがメインのライフスタイル!」

「釣果に偶然に期待している間は二流。必然にするのが一流」が僕の目指すところです。「やっぱり普段が大事・・・」と再認識できました。釣果よりも、ここを評価したいと思います。

01.jpg
(二日間で26時間の磯釣りを頑張った後だけに、さすがに目はうつろ・・・笑)

タグ

2015年4月30日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート

久しぶりの古座はヒラスズキが好調

4月27日、28日の日程で久しぶりに釣りに行きました。

昨年12月から、思うところあって、釣りを離れて、仕事メインのライフスタイルですごしてましたが、釣りの世界に戻ります。

「離れることで見える釣りもあるのかしら?」

「どうせ釣りに行かないなら、こういうものもあるかしら?」とか思ってましたが、結構忙しかったので、ほとんど中断中は釣りの事は考えませんでした。(^_^)

とはいえ、釣に行かない間も、足腰が衰えないように、とにかく歩きまくって足を鍛えたりして体力面も補強し、資金面の調達も順調にこなせたし、釣りに行かないなら行かないで出来る「準備」は充実したと思います。ある意味、「貴重な時間」にすることが出来ました。

というわけで、満を持して、4月の27日からの再スタートでしたが、関係者の人たちは、暖かく迎えてくれたし、おかげさまで、ブランクを感じることなく楽しませてもらいました。

2日間でヒラスズキを18本、合計30キロ超程の釣果でしたが、「もうちょっと上手なら、まだ、10キロや20キロはオン出来た・・・」かと思うと、「成長してないな・・・」と不満です。(笑)

ただヒラスズキは、条件が揃わないと、中々狙って釣れる代物でもないので、「このタイミングで型を見たのは評価しても良いかな・・・」と、久しぶりなので、ちょっと甘めの評価にしておきます。(^_^)

06.jpg
(27日の釣果。もう一本あったはずでしたが、どっか行っちゃいました・・・。誰か持って行っちゃったかな・・・?まあ、別に良いですが・・・笑)

タグ

2015年4月30日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート

活性上昇中!古座の沖磯

海信です。

4月23日に続いて24日も古座の藤田渡船で上物で釣行しました。

前日も沖磯のチョボから大箱船着で釣りをしましたが、エサトリや当たってくる魚などから、「状況は上向き」と確信しての釣行でした。

サンノジが多いもののアタリは頻繁にあるし、磯の上物釣りでは一番楽しい「バキューン」と来るアタリが大半だったので、グレは少なかったですが、「まあ、このくらい当たれば釣りになるし、これが古座の釣り」と思える一日でした。

魚種は、グレにサンノジ、イズスミ、アイゴ、カワハギにボラに・・・と完全に五目釣り・・・笑

古座はこれでイイと思います。五目釣りをしながら、色々な良型に迫る釣りを組み立てるのが古座流とも思います。(^_^)

image026.jpg
(アイゴは43cmで、和歌山で言う所の「シブカミ」でした。久しぶりにしぶといアイゴの引きを堪能できました)

タグ

2014年4月25日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート

うねりの古座はグレが活発

海信です。

3月3日4日の日程で、和歌山の磯釣りのホームグランドの古座の藤田渡船に行ってきました。

この日は低気圧の具合で、二日間を通して、うねりが結構ありましたが、こういううねりの時はグレが活発に食ってくることがあって、ズバリで、そういう感じの良潮の日でした。

ただ、釣りが出来るポイントが限られるので、そこが難しい所です。うねりやサラシに仕掛けを吹っ飛ばされないポイントで上手に釣りを展開しないといけないし、道具立ても合わせていかないといけません。初日の午前中は、この部分で、少し手間取ってしまいました。(だから、数を伸ばせませんでした・・・^_^;)

前(少し放った所)がエサトリてんこ盛りで、良型は全部際って、まあ、典型的な古座のグレ釣りで、ここまで典型的な「古座型のグレ釣り」に遭遇したのは、これだけ通っていても初めての経験でした。

隣の佐々木さん(常連)は、19枚でしたからね・・・(しかも、40アップも数枚入ってました)

僕の釣果は11枚で、最大サイズが38cm・・・(^_^;)

釣れた事は嬉しいですが、なんか、悔しいです・・・笑

image001.jpg
(コンディションの良いグレで、白子がすごい・・・笑)

タグ

2014年3月 5日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート

大苦戦中です・・・古座の磯釣り

海信です。

1月27日、28日の日程で和歌山のホームグランド、古座の藤田渡船に行ってきました。

本当は27日の日帰りのつもりで出かけましたが、あまりに調子悪いので、もう一日粘ることにして、船頭の手を借りて、何とかどん底からは脱出できたような・・・(^_^;)

いや、しかし、毎年1月の古座は苦戦しますが(4年前だったかは、絶好調でしたが・・・笑)、今年も例年通り苦戦してます。

おそらく不安定な水温とかが原因と思いますが、イイ日は、結構大きなグレも出ているし、どうにもこうにも、ウネリとか爆風とかにも邪魔されてます・・・

まあ、1月の古座はこんなもんです。(^◇^)
水温低いですが、落ち着いたら、また食いだすので、辛抱して通います♪

image08.jpg
(船頭に掛かり釣りに連れて行ったもらって、何とか1キロクラスをゲット。グレは2日粘って30cm級2枚でした・・・汗)

タグ

2014年1月29日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート

うねりの古座はグレが活発!

海信です。

4月25日は、釣友の佐々木君のお誘いで和歌山のホームグランド、古座の藤田渡船に上物で出かけました。

前日に雨がかなり降ったらしく水潮が懸念されましたが、行ってみてビックリ!僕が通ったこの春の中では、一番潮のコンディションは良かったと思います。

古座の磯は古座川が入っている磯なので、ある程度水潮には魚が慣れている感じで、水潮自体そう気にするようなことでもないんですが、あまり強い雨が降った翌日とは、やっぱり少し食いは渋くなります。

まあ、4月なので狙い物はグレが無ければチヌや真鯛でOKだし、水潮になって小サバでも湧けば、スズキとか狙ってみても面白いし、行ったら行ったで古座はナンとでもなる磯なので、「行けるっ!」となったらレッツゴーです。(^◇^)

しかし、天気は良かったですが、大時化大魔神の佐々木君が一緒だったからでしょうか?うねりはすごかった・・・(^_^;)

もう少し海が大人しければ50枚くらいグレ出せたかも?とは少し思いますが、うねっているから食いがたったかも知れないし、痛し痒しでございました・・・笑

image033.jpg
(この日の最長寸は37㎝でした。コッパ中心の4月の古座のグレ釣りなら、上出来かも?)

タグ

2013年4月26日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート

撃沈でも「古座」を楽しんで来ました

海信です。

12月13日と14日の二日間で古座の上物釣りに行ってきました。

13日は、グンカン島に今期初で渡礁しましたが、マキエが全く入ってないためか、ほとんどアタリも拾えない釣りで、午後から導流提でグレ釣りをしてみました。

14日は、天候が午後から下り坂の予報だったので、泊まりの僕と佐々木君だけの釣り客で、大箱を貸切で使えましたが、本来の大箱の力量とは程遠い潮だったと思います。

まあ、(串本)大島の裏側の古座の磯は、水温が下がり始めのこの時期は、このようなスカタンを踏むことも、特に珍しくはないですが、潮の状況でにごりが入ったり、暖かい潮が2、3日安定する程度で、かなり面白釣りにもなるので、まあ、この時期はギャンブルです。(ある意味、何処の磯でも、同じとは思いますが・・・)

しかし、せっかくグンカン島に乗ったので、何とかしたかった・・・ですが・・・(^_^;)

image288.jpg
(これがグンカン島。足場は特に悪くはないですが、沖側が掛け下がっているので、ちょっとのうねりで、直ぐに波が這い上がってきます。この日はギリギリ立っていられました・・・笑)

タグ

2012年12月15日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート

古座の釣り!ハマチとグレで、とりあえずOK

海信です。

10月30日と31日の二日間で和歌山の古座に上物で行って来ました。

前回の釣行ではメジロに仕掛けを吹っ飛ばされていたので、この日はエサのアジを持参して、何とか一発釣ってやろうと気合の釣りでしたが、30日の朝一番はアオリイカが沸いていたようで、中々青物までエサが届かない釣りでした。

1投目から、アジは頭を食われてボロボロで帰ってくるような釣りでしたが、8時ごろ、青物のアタリを拾って、これが60cmちょいくらいのハマチでした。

「もう少しデカいのおらんかな?」と手返しを続けましたが、アタリはなく、アオリイカも何処かに行ったので、その後オキアミエサでグレ狙いを慣行しましたが・・・

image264.jpg
(ちょっと小ぶりですが、エエ感じのハマチです。よく超えていたので、引きはそれなりに強烈でした!笑)

タグ

2012年11月 1日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート

梅雨グレを狙って久しぶりの古座の磯

海信です。

7月10日は釣友の佐々木君のお誘いで波止釣りの予定でしたが、時化大王の佐々木君が釣りに行くにしては珍しく天気がよかったので、磯釣りに行くことにしました。

と言うわけで、和歌山は南紀古座の藤田渡船の親方に電話しましたが、「おいで♪」ってことなので、久しぶりの古座の磯だし、佐々木君とワイワイ言いいながら深夜の車に乗り込みました。

しかし、うねりの無い古座の磯は2回目だったかしら?佐々木君・・・(凪率1割くらいだと思います・・・汗)

この日は風は東でしたが、うねりも無く、潮嵩もそんなに高い日ではなかったので、余裕で半日過ごせました。

7月の磯釣りなので、当たってくるのは、小型が中心になりますが、サイズの良いサンノジなども適当に当たってきて、ワイワイ言いながらの釣行になりました。

青物の小型(ツバス)がたくさんいたので、9月くらいからが楽しみです。久しぶりってことで、僕も色々と楽しんで来ました。

image214.jpg
(尾長グレも、もう少し大きいのが欲しいですが、まあ、このサイズでも数が当たれば楽しいです・・・笑)

タグ

2012年7月11日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート

良型ヒラスズキ連発ゲット!

海信です。

5月6日は、釣友の悪っちゃんと二人で和歌山のホームグランドの古座の藤田渡船に行って来ました。

この日は、関東地方で大時化の影響でしょうか?和歌山沿岸の潮嵩が通常より30cm程度高くなっていて、迫力満点の磯釣りでした。

GWの最初の雨の影響で子サバが湧き、高い潮嵩でサラシが大きくなると言う条件が重なってヒラスズキをうまい具合に釣ることが出来ました。

一番大きな物は6キロ(86.5cm)だったですが、次に大きかったもので4.2キロ(80cm)、それと58cmから67cmまでのハネクラスを3本の合計5本の釣果得ることが出来ました。

全部で20キロ近く釣ったと思いますが、大阪湾のエビ撒き釣りでよー釣らんスズキを古座で・・・ってのが、なんとも・・・(^_^;)

まあ、僕、スズキ釣り(エビ撒き釣りですが)は若い頃専門にやっていて、生涯釣果は何トンでしょうか?(1年間で1トン以上釣った事もあります)

と言うわけで、僕がチョットくらいスズキ釣っても特に珍しい話でも無いです。。。笑

image127.jpg
(僕はルアーをやらないので、さすがにこのサイズのヒラスズキを釣ったのは初めてです。丸(スズキ)と比べると、ヒラの方がちょっと往生際が悪いですねぇ・・・笑)

タグ

2012年5月 7日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート

古座の磯でサンノジ釣って楽しめました

海信です。

4月9日の串本カセ釣りの後は、藤田渡船に17時過ぎに入って、西川船頭を誘って、温泉から焼肉と、親睦を深めて来ました。

僕の釣り(このブログで言うところの「俺の釣り」)は、周りの人々の協力を最大限に利用させてもらうことで、普通の釣りを「イイ釣り、楽しい釣り」に成長させる所がキモだったりします。

周りの人の協力を有効に使わせてもらおうと思ったら、自分もそれなりの事はやっていかないといけません。僕は、それをインターネットを使って、色々な人に伝えているわけですが、悪っちゃんや佐々木君は、僕の考え方に共鳴してついて来るようになった仲間ってことです。

さて、二週間くらい前から潮のコンディションがイマイチの古座ですが、ここ最近少しマシにはなってきたましたが、もうチョットで本調子って所でしょうか。10日もサンノジは適当に遊んでくれますが、グレや真鯛やチヌなどは、まだお休み・・・って感じでした。

まあ、アカン時はサンノジに遊んでもらうのも「俺の釣り!」。やり取りのいい練習にはなります・・・笑

image85.jpg
(サイズは相変わらずの37、8cmから43、4cmくらいまでのが多いですが、思いっきり竿を曲げて楽しむ事は出来ます。取り込みだけなら、グレよりかなり面白いです・・・笑)

タグ

2012年4月11日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート

極太仕掛けでイズスミ狙ったらグレばかり

海信です。

2月3日は、またまた和歌山の古座の藤田渡船を訪ねました。

1月30日の釣行では、バラシの具合からモンスター級のイズスミが回っている感じがしたので、何とか一発しとめてやろうと思って、今回はイズスミ狙いで釣行しました。

手ごたえは、どう考えても60cmはあるようなヤツと思えるし、イズスミは歯が強烈なので、この日は8号までハリスを用意しました。と言うわけで、完全にグレ狙いからは脱線もいい所で竿を振ったのですが、当たったのはグレだけでした。。。(^_^;)

(狙ったら釣れんのに・・・怒)

この日、終日5号のハリスで釣りをしましたが、放流分も入れれば10匹ほど釣りました。「仕掛けを太くすると食わない」ってのは、以前からおかしいと思ってますが、またさらに、この思いを強くしました。

ただ、触っただけで食い込まなかったグレはかなりいたので、まじめにグレ狙いをしてりゃ、久しぶりに20発くらい釣ってたかしら・・・

(まあ、たらればです・・・笑)

image30.jpg
(38cmでしたが、5号ハリスなので、タモも要らんかったです・・・笑)

タグ

2012年2月 4日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート

うねりの古座で五目釣り

海信です。

1月16日は釣友の佐々木君と和歌山のホームグランド・古座の磯に釣行してきました。

佐々木君と言えば、僕の釣友の中でもNO1の時化男!

ここ数回の釣行は僕と一緒に古座通いになっているんですが、未だマトモな天気の古座を知らない佐々木君の古座通いは何処まで続くのか?

前日に16日の天気図をネットで確認しましたが・・・

「ああ・・・明日、またうねりや・・・(^_^;)」

古座釣行6連発で、うねり、雨、東風の凶運?を引っ張り込んだ人は、僕は未だかつて見たことがないです・・・笑

というわけで、マトモな天気の古座を知らない佐々木君の釣行は、まだまだ続きます・・・笑

image13.jpg
(この日は、僕はサンバソウ1発取りました!シマシマ君(石鯛)は小さくても嬉しいですねぇ・・・笑)

タグ

2012年1月17日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート

好調の古座で46cmの良型のグレ

海信です。

11月13日と14日の二日間で和歌山のホームグランド、古座の藤田渡船へ行ってきました。

先週水曜日から土曜日までは、うねりが高くて、中々いい釣りになりづらい状況だったですが、13日の日曜日にはうねりもかなり取れて、状況もかなり良くなって来てます。

14日の月曜日は、全員ボーズなしでグレを持ってました。時期的に、コッパも多いですが、皆さん30cmオーバーのグレを持っておられました。

この日、僕に来たグレは46cm(1.65キロ)の良型!ちょっと気分良かったです・・・笑

2011-11-06.jpg
(久しぶりの45cmオーバーです。和歌山のグレ釣りはこのサイズを目指す感じと思います)

タグ

2011年11月14日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート

古座で底物を楽しんできました

海信です。

9月11日は、和歌山のホームグランドの古座の藤田渡船を訪ねました。

今回僕は、「久しぶりに底物の釣りを楽しみたいなぁ・・・」と思ってタックルは石鯛の道具で釣行しました。気になる上物は、悪っちゃんがついてきたので悪っちゃんに任せて、底物と上物が併用できる大箱に二人で上がって見ました。

僕の底物は「根性なし」なので、石垣の小さいの当たってくれたらOKです。子ガキ釣り大好きです。(^◇^)

底物メインの人には「ガキ釣ってどうすんねん?」とか説教を食らいそうですが、上物師の自覚が強くあるので、まあ、勘弁してください。(^_^;)

子ガキ(イシガキダイの小さいの)と言えども、これ塩焼きにするととても美味しいんです。もちろん、悪っちゃんに取られましたが・・・笑

2011-08-08.jpg
(34cmのレギャラーサイズ?これでも当たったら石鯛竿の穂先は海に突き刺さるので楽しいです。要するにアタリが見たい・・・笑)

タグ

2011年9月11日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート