検索結果

タグ検索

磯釣り・波止釣り・俺の釣り!で“仕掛け”タグの付いているブログ記事

下記のエントリー(記事)が検索結果となります。

浅海のグレ釣りの仕掛け

磯釣りのグレ釣りならターゲットが口太グレの場合、2号以上のハリスを使用する人は、かなり少なくって来ていると思います。

僕も30代の頃は、「グレはハリス1.5号で食わせて・・・」なんてやってました。雑誌などで見た名人名手の仕掛けをそのまま信じて使用して、それなりに結果も出てましたが、切られることが多くて、「太いハリスで食わんのか?」とかずっと思ってました。

この歳になって、結構な数のグレをこれまで釣り上げましたが、ハリスは確かに、細くした方が食いがよい場合もありますが、こういうのは、潮色が澄んでいて波気が無い時などで、潮が濁っていて、風が適度に吹いていて、波気があって、しかもタナが深い・・・などの条件があると、4号が5号でも6号でもグレは食ってくることが解ってきました。

ただ、針は余り大きなものを使用しない方が食いは良いと思います。

浅海カセのグレ釣りは、カセからのグレ釣りなので、細い仕掛けで楽しむのもイイとは思いますが、狙いのターゲットは55cm、3キロオーバーのグレです。

千載一遇のチャンスを絶対にモノにしたいし、落としてもハリスは3号以下にはしない方針で釣りを続けています。

image194.jpg
(こういうイイ型がメインなので、3号以上のハリスで思いっきり引っ張りたい・・・笑)

タグ

2013年11月17日

カテゴリー:カセ釣り

浅海のグレ釣りの釣り方(エサ、ウキ釣り、ズボ釣り)

浅海のグレ釣りは大きく分けて、ウキ釣りとズボ釣りです。

ウキ釣りは「ウキ釣り」と言っても、一般的なグレ釣りで使う円錐ウキのような軽い負荷で潮乗りの良いフカセタイプのウキを使用する釣り(横の釣り)ではなく、棒ウキを使って、タナをシッカリと釣る「縦の釣り」のウキ釣りです。

ズボ釣りは道糸ハリスをともにフロロカーボンを使用して、潮が飛んだときに完全フカセにも対応できるように準備しておくことなど、ご当地釣法にも対応力のある準備が望ましいと言えるでしょう。

また、おそらくですが、浅海波止周辺のグレがアオサを好んで食べていることを知っているアングラーは、かなり少ないと思います。実は、僕が偶然、浮いたグレがロープに付着したアオサを食べている所を発見して、「それならアオサを食うかしら?」と思って釣ってみたら、ビックリするほど釣れるわけです。

これまでアオサでかなりの釣果を得ている事は隠してきたんですが、本項でオープンにしようと思います。

現在、ボチボチとアオサのグレ釣りが流行の兆しです。(^_^)
ぜひ、本項を参考にして、良型グレの爆釣を楽しんでくださいね。

image180.jpg
(雨にも負けず、風にもめげず、浅海のカセでグレを釣りまくってます・・・笑)

タグ

2013年11月17日

カテゴリー:カセ釣り

石鯛仕掛け・根付けハリスと瀬ズレの作り方

「ケプラーの仕掛けはすっぽ抜けが怖い」と石鯛釣りのベテランが良く口にしているのを聞きます。

彼らは、「別に普通の首降り仕掛けでも、ナンボでも石鯛は食ってくるし・・・」って言うのを知っていると言うか、解っているから面倒な仕掛けを作るよりもシンプルな考え方、シンプルな仕掛け作りを心がけているわけですね。

まあ、僕も上物辞めて、底物一本で勝負するなら、多分こういう考え方になるとは思いますが、なんとなくですが、根付け(ケプラー使用)仕掛けで底物は釣行するようにしてます。

と言っても、「絶対に卦がある!」って確信したときのために、一応ワイロン(表面をナイロンコーティングしたワイヤーで柔らかいので食い込みが良い、らしい・・・笑)で作った仕掛けなんかもポケットには入れているわけですが、基本はケプラー+ワイアート(表面をケプラー繊維でコーティングしているワイヤー)の仕掛けで石鯛釣りはしてます。

この仕掛け作りをするときのキモは「絶対に抜けない仕掛けを作る」ってことです。また、ケプラーの根付けの話は、ジギングでアシストフックを作ったりする時にも必要な知識です。

と言うわけで、ぜひとも参考にして下さい。

image135.jpg
(パッスル天秤を使った瀬ズレに、ハリス部分はダイニーマノット(ケプラー)とワイアートです。作るのは結構めんどくさいです・・・笑)

タグ

2011年10月14日

カテゴリー:石鯛釣り

タコ釣りの釣り場の選び方と釣り方

大阪湾の波止は、ほとんどすべての場所でタコは狙えると思います。基本的にイガイが付いていればその周りにカニが付いて、そのカニはタコの大好物なので、新子は特に活発にエサを取っていると思われます。

釣りの基本は、「ターゲットのエサが豊富にいる場所を狙うこと」です。スズキを狙う場合はベイトフィッシュの観察などが重要になりますが、タコの場合は「ベイトはカニ」って事です。

昔、防波堤の釣りスーパーメソッドで「カニとタコで確変」見たいな記事を書いたことがありますが、それは、今でも十分に通用するポイントの選択方法です。

とにかく、「タコはカニが大好き!」と覚えておいて下さいね。(カニは人間様でも大好きですが・・・笑)

image105.jpg
(潮がよければ1時間程度でこのくらいは釣れます。と言っても、軟体系はバケツに入れると何匹いるのか解らない・・・笑)

タグ

2011年6月12日

カテゴリー:タコ釣りマニア

タコ釣りの仕掛け(タコ軸・テンヤ編)

大阪湾のタコ釣りの仕掛けは、シンプルそのものです。具体的には、道糸の先にタコ軸(テンヤ)が付いているだけ!これだけです。笑

とはいっても、壁を中心に狙う場合、タコ軸を3つ4つと連で付けたりすることも多々あります。その場合は、少し凝ったものを作る必要があります。

基本的に、岸和田一文字周辺、あるいは泉佐野辺りの大阪湾南部の波止は、基本が底狙いで仕掛けは1点ものがメインになる場合が多いです。

対して、南港から北港、尼崎から神戸に掛けての波止は、ポイントにも寄りますが、壁を狙う場合が多いです。この場合は、2点かもしくは3点仕掛けくらいで狙うのが良いと思います。

image112.jpg
(基本は壁狙いの「タコ型」か、底狙いの「舟形」かのどちらか。大型狙いには、カニの模型が付いたものとかも良いです)

タグ

2011年6月12日

カテゴリー:タコ釣りマニア

エビ撒き釣りのウキ

海信です。

僕のエビ撒き釣りは自作のウキを駆使して釣りをするのが定番ですが、今期のエビ撒き釣りでは、市販のウキも使ってみようと思ってます。

以前、ハネ研の今中会長から頂いたウキがあるので、これを使ってみようかと・・・

image41.jpg
(釣研の「ハネ専科MARKⅡ」(0.8号から1.5号)と富士灯器の「チヌスペシャル」(0.8号と1号)です。エビ撒き釣り専用モデルですが、通常の棒ウキと何が違うのか?)

タグ

2011年2月19日

カテゴリー:波止釣り