検索結果

タグ検索

磯釣り・波止釣り・俺の釣り!で“カセ釣り”タグの付いているブログ記事

下記のエントリー(記事)が検索結果となります。

浅海のグレ釣りの釣り方(エサ、ウキ釣り、ズボ釣り)

浅海のグレ釣りは大きく分けて、ウキ釣りとズボ釣りです。

ウキ釣りは「ウキ釣り」と言っても、一般的なグレ釣りで使う円錐ウキのような軽い負荷で潮乗りの良いフカセタイプのウキを使用する釣り(横の釣り)ではなく、棒ウキを使って、タナをシッカリと釣る「縦の釣り」のウキ釣りです。

ズボ釣りは道糸ハリスをともにフロロカーボンを使用して、潮が飛んだときに完全フカセにも対応できるように準備しておくことなど、ご当地釣法にも対応力のある準備が望ましいと言えるでしょう。

また、おそらくですが、浅海波止周辺のグレがアオサを好んで食べていることを知っているアングラーは、かなり少ないと思います。実は、僕が偶然、浮いたグレがロープに付着したアオサを食べている所を発見して、「それならアオサを食うかしら?」と思って釣ってみたら、ビックリするほど釣れるわけです。

これまでアオサでかなりの釣果を得ている事は隠してきたんですが、本項でオープンにしようと思います。

現在、ボチボチとアオサのグレ釣りが流行の兆しです。(^_^)
ぜひ、本項を参考にして、良型グレの爆釣を楽しんでくださいね。

image180.jpg
(雨にも負けず、風にもめげず、浅海のカセでグレを釣りまくってます・・・笑)

タグ

2013年11月17日

カテゴリー:カセ釣り

浅海のグレ釣りの釣り具

浅海のグレ釣りでは、大型が狙えることから、あまり道具は落とさない方がお勧めです。

僕の場合、2013年の7月から通い始めて3ヶ月程度で累計釣果は100匹を超え、50cmが1匹、45cmから48cmの大型が全体の1割強、40アップで45cmに足りないサイズは全体の4割程度で、残りが30cmから39cmって所で、30cmに満たないコッパグレは、なんと2匹しか釣ってません。

通常であれば、コッパを釣りながら良型、大型にアプローチするのがグレ釣りの基本と思いますが、浅海の場合は、コッパを釣る方が難しい・・・とデータ的には、こう解釈することができます。

また実績では、55cmを超える超大型も確認されていることから、浅海のグレ釣りは、メインターゲットを超大型グレに絞って釣行を繰り返すことがお勧めです。

釣り方は、ウキ釣りとズボ釣りが二通りですが、ウキ釣りは浅海波止の捨石を狙ったり、アオサのような食い込みがあまり良くないエサを使用するときには効果的であると言えるし、カセの影に着くグレをピンポイントで狙うときは、3m程度の短いロッドを使ったズボ釣りが勝ります。

僕は、これらの条件に対応するために、磯竿と海上釣堀用のロッドを持ち込みますが・・・

image165-1.jpg
(メインロッドの「かまかつ海上釣堀グランドスペック3.8」とシマノBB-X SZ1.2号です。この他、グランドスペックの3.3mとBB-X SZは1.7号も持ち込んでます)

タグ

2013年11月17日

カテゴリー:カセ釣り

メジロが回ってグレは苦戦

海信です。

9月11日も大島フィッシング(和歌山県串本町)のカセにグレ狙いで釣行してきました。

この釣りで浅海のグレ釣りは14回目になりますが、ボチボチと独自のスタイルが出来つつあります。

とは言え、「独自のスタイル」を確立する前には、必ず、「基本がシッカリと出来ていること」が重要で、そのためには、ご当地釣法の数稽古や、先輩やベタランの技や知識を教えてもらうことなど、やらないいけないことはてんこ盛りです。

そういう中で、当日は、79歳の大ベテランアングラー大串さんが来られていて、色々と教えてもらいました。とてもありがたかったです。

グレの釣果はメジロが回ったためでしょうか。少しグレのやる気がイマイチで苦戦しましたが、何とか45cmクラスを出すことができて、少しホッとしました。

ただ、帰りの車の中では、「今日は攻めが甘かった・・・」と反省。後、2枚は出せたはずで、この反省を次につなげます。

image014.jpg
僕のスマホで撮った写真が、なぜかかなり暗かったので、大島フィッシングのHPの写真を拝借・・・笑)

タグ

2013年9月12日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

出直しを確信したチョッとつらいグレ釣りでした

海信です。

7月23日も、串本の大島フィッシングにグレ狙いで釣行してきました。

この日も、常に研究熱心な?僕は、定番の釣り以外に、「何か一つ試してみよう」の課題を引っさげてカセのグレ釣りに挑みましたが、うーーーん、上手く行かない。。。笑

少し前に一緒にセンカイの奥に行った常連の森下さんが来ていたし、いろいろと話を聞きながら釣りを進めましたが、やっぱり「シンプル イズ ベスト」に返ってきました。森下さんの釣りで目からウロコが落ちた部分も多かったですからね。

そういう意味では、かなり有益な釣行でしたが、それにしても、自分のヘタクソ加減に、帰り道では、若干嫌気が差しました。^_^;

「この釣りは、ここまでの経験をリセットして、出直しで、全体的に、考え方から変える必要がある」

結局これに、たどり着きました。

それでも、釣れたら嬉しいのは嬉しい・・・(こういうところは、ワレながら単純極まりないです・・・笑)

image031.jpg
(この釣果だけ見れば、「上出来」に見えないことも無いですが、一緒に上がったベテランの森下さんの3分の1くらいの出来です。というわけで、「これで上出来で満足」は、僕には無い釣りで、悔しいとしか感じて無いです。次からは、「地の釣り」にチャレンジしてみます。何か見えるはず・・・)

タグ

2013年7月25日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

良潮が回って、グレ8枚の釣果

海信です。

7月18日も、和歌山県の串本の大島フィッシングにグレ釣りに行ってきました。

先週は台風の影響もあってか、潮が悪かったと思いますが、この日は朝一番から「潮の状況がかなりよくなった」(船長)とのことで、期待感一杯で釣りを開始しました。

この日は、かなりの数のグレが浮いて、浅海のカセのグレ釣りの実力を見た気がしました。

僕の釣果も、8枚の釣果を得たし、釣れること、アタリが出せることで解る部分にも、少しアプローチできたし、非常に有意義な釣行でした。

ただ、「もう少し手返し良く攻めれたら・・・」とか、「あそこで、もう少し作戦切り替えを早く出来ていれば・・・」なんて反省することも多く、中々な満足行く釣りにはならないです。

昨日の潮は、名手クラスになれば、20枚は出せたはず。ダメ潮で、技を駆使して1枚を引っ張り出す技術も大事ですが、良潮で釣れる時は、シッカリ数を釣るのも大事な技術と僕は思います。

image024.jpg
(この日、最長寸の48cm!1.2号ロッドに2号ハリスで、ドラグが鳴いて、気持ち良過ぎでした・・・笑)

タグ

2013年7月18日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

浅海のグレ、苦戦しつつも良型ゲット

海信です。

7月10日も串本のカセにグレを狙って釣行しました。

この釣行でカセのグレ狙いは3回目ですが、少し、色々と解ってきました。(と言っても、まだまだ、解らないことだらけですが・・・)

とにかく、持っている引き出し全快で集中的に当たってやろう!と決めて、色々と試してます。

「カセからのグレ釣り」とは言え、浅海奥のカセは浅海波止の正面に船をつけているわけで、「沖側から波止釣りをしているのと同じ」だとも思うし、波止釣りなら、僕も相当にやってきた経験があるので、そう簡単に「参った!」って言うわけにも行きません。

基本形は、ちょっと解ったので、応用形を試しながら、「何が正解で何が間違いか」、「何が適切で、何が不適切か」、などを調べながら、一回一回竿を振ってます。

一つだけ、「おそらく、こうだろう・・・」と思えることは・・・

「シンプルが正解!」

色々な釣りやりましたが、結局はここへ帰ってきます。カセのグレも一緒と思います。

image011.jpg
(この日のグレも、40cmオーバーで2枚。肉の厚みがすばらしいグレで、1号ロッドでやると、かなりやり取りも面白いです)

タグ

2013年7月11日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

大苦戦の串本のカセのグレ釣り

海信です。

7月5日も串本の大島フィッシングさんを訪ねて、グレ釣りをしてきました。

「カセから、単純なウキ釣りで40cmオーバーのグレが釣れるんなら、ヘタに磯釣りに行くよか、ナンボかマシ・・・」と思って、ここ2回釣行して、釣れるには釣れましたが、ちょっと色々と解ってきたように思います。

まず、「案外単純でもないな・・・」というのと、「大雑把にやっていては、おそらく、数は稼げない・・・」なんて所も思うようになって来ました。

釣りなので、潮が入って、魚にやる気が出れば、それなりには釣れると思いますが、そのタイミングだけ狙って、じっと待って釣りをするのは、僕の釣りには無い釣りで、研究と工夫の積み重ねで納得できる1枚を求めるのが「俺の釣り」です。

ここ2回、ハッキリ言って「ヘタを踏んでいる」ってのも、感覚的に解ってきました。

まあ、ここから工夫が始まって面白くなるわけですが・・・(^_^)

image008.jpg
(あんまり釣れんので、センカイの波止の敷石をダイレクトに狙ってみたりしました。下まで持っていくと、やっぱりベラ釣れましたが・・・笑)

タグ

2013年7月 6日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

串本のカセでグレ釣りを楽しんできました

海信です。

7月2日は、串本の大島フィッシングさんを訪ねて、カセ釣りでグレを狙ってみました。

天候、風とも、悪くは無いと思いましたが、アタリ少なかったです。カセからのグレ釣りは、初めてのトライアルでしたが、もう少し、釣りたかった・・・(笑)

しかし、感触はつかめたので、次くらいは、もう少し数、型ともに出してみたいな・・・とは思いました。

image001.jpg
(お客さんは、僕ともう一人の人とで2人だけだったので、二入分の釣果でこれです。僕のは、42cmと44cmの2つだけでした)

タグ

2013年7月 3日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

串本のカセ釣りで真鯛釣りを楽しんできました

海信です。

6月29日は、釣友の悪っちゃんの希望で「カセ釣りに行きたい!」ってことで、色々と、「何処で釣れてる?」「何が釣れてる?」と探し回って、結局、串本の大島フィッシングさんを訪ねてみることにしました。

良型のグレと定番の真鯛の釣りで好調のようで、前日に予約の電話を入れると、グレ狙いのカセは予約でいっぱいと言うことで、真鯛狙いのカセに行くことにして準備しました。

なにせ、僕は、磯釣りの道具しか持ってないので、やれるとしても、「完全フカセ」か3号の磯竿を使っての天秤フカセくらいです。情報では「胴付き仕掛けで食っている」ってことなので、船釣りをする悪っちゃんには、胴付きの準備をするように指示して、さあ、ドタバタ劇の始まりです。(笑)

センカイ(浅海)の真鯛釣りといえば、養殖いかだの脱走兵?の釣りですが、朝のうちにバタバタと釣れて、カセ釣りが大の不得意の僕も悪っちゃんも、何とかボーズ街道を脱出することが出来ました。

尻尾が切れているのは、放流するときに湾内から逃げ出さないようにしているんですかね?昇天すると真っ黒けになる真鯛で、「魚は、なんとも言えんなぁ・・・」とは思いますが、ちゃんと準備して釣りに行くとかなりの数も釣れそうなので、もうちょっと、ここいらのカセには通ってみようかと思います。

image038.jpg
(まあ、2キロ弱のサイズですかね・・・。尻尾が切れているせいか、引きも弱いので、ファミリーフィッシングには最適かも?)

タグ

2013年6月30日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

ノッコミ真鯛を狙って串本新栄丸に行って来ました

海信です。

4月9日、10日の二日間で串本のカセ釣りから古座の磯釣りとダブルヘッダーをやって来ました。

釣友の佐々木君が言いだしっぺで、「1回、悪っちゃんと釣りに行きたい・・・」って言うので、悪っちゃんに「佐々木君が呼んでるで・・・」って話すると、「ぜひ一緒に行きたい・・・」ってことになって、せっかくなので、二人とも「鯛釣りたい!」って呪文のように言っているし、「じゃ、串本のカセ釣りと古座の磯釣りをセットで行こか・・・」となったわけです。

3人で同じカセなので、狭いのは狭いですが、懇親を深める意味ではかなりイイ釣行になりました。

ただ、釣果が佐々木君の鯛一発のみで、悪っちゃんはハゼと子サバ、僕はウツボのみ・・・

ああ・・新栄丸、2連敗です・・・(次は何が何でも釣ったるし・・・気合!)

image83.jpg
(僕は磯釣りのスタイルでカセの真鯛を狙うわけですが、釣れるときは釣れるんですけどねぇ・・・この日はお手上げでした・・・^_^;)

タグ

2012年4月11日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

ネットの情報に惹かれて音海へ!

悪っちゃんです。

ネットの情報に惹かれて音海のカセにグレ狙いで行ってきました。

この日は大人二人は見事に撃沈!若い力が何とか良型を一枚引っ張り出しました!

2011-02-32.jpg

タグ

2011年2月28日

カテゴリー:お友達@かいしんげきWS