検索結果

タグ検索

磯釣り・波止釣り・俺の釣り!で“ウキ”タグの付いているブログ記事

下記のエントリー(記事)が検索結果となります。

串本のカセのグレ釣りにピッタリのウキは

海信です。

7月18日19日の釣行では、いい感じの潮が入ってない時間帯も結構あったので、頑張っても釣れそうにない時間帯で、ウキのテストなどを色々とやってみました。

「高感度」と言われるウキは色々とあるわけですが、状況、季節、天候、水温、地方地域、それにターゲットやそのサイズなどに合わせて、「高感度」もかなり異なってくるわけで、僕がホームグランドにしている「浅海奥」での高感度なウキは、一体どういうウキなんだろう・・・これを探す必要があるわけです。

今回は、1.5号のウキを5種類テストしてみました。

と言っても、時間的に「残存浮力」の具合くらいしか調べられませんでしたが、串本の湾内カセでグレを釣りたい・・・と思っている人は、ぜひ参考にして頂ければ・・・と思います。

image20.jpg
(左から、「ダイワのVEGA SLIM」、「遠投チヌ」、「風雲(激安ウキ)」、「真魚工房(海上釣堀用)」、「ハネ、すずき(エビ撒き釣り用)」で、号数は全て1.5号。購入は、全てフィッシングマックス泉大津店)

タグ

2014年7月21日

カテゴリー:釣り具の話

時化後の浅海、状況変わりました

海信です。

7月12日13日の日程で串本大島の湾内カセのグレ釣りに、またまた行ってきました。

7月に入って、いよいよ絶好調のカセのグレ釣りですが、大いに期待して現地入りしましたが、気になるのは前々日まで猛威を振るった台風8号の影響でした。

「時化で濁りが入ってさらに状況が良くなるのでは・・・」と前向きに捉えて期待しましたが、少し水温に変化があった感じで、食いがややシブくなってました。

サシエにするアオサも、シャキッとした感じが無くなってましたが、雨が影響すると、こういう感じになるのかしら・・・

12日の午後にラッシュがあったので、この日は何とか二桁に乗せれましたが、途中で4回連続で針ハズレはあるし、型も全体的に小ぶりで、「先週までの状況とかなり違う・・・」

まあ、毎回毎回爆釣とはいかないです。こういう日も何とか釣りにするが「腕前」と言うものだとも思っているし、「次に繋がる釣りを・・・」考えながら二日間過ごしました。

image09.jpg
(フェイスブックでお友達になった野老(ところ)さんが訪ねてきてくれました。せっかく来て頂いたのでツーショットで記念撮影・・・笑)

タグ

2014年7月13日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

エビ撒き釣りのウキ

海信です。

僕のエビ撒き釣りは自作のウキを駆使して釣りをするのが定番ですが、今期のエビ撒き釣りでは、市販のウキも使ってみようと思ってます。

以前、ハネ研の今中会長から頂いたウキがあるので、これを使ってみようかと・・・

image41.jpg
(釣研の「ハネ専科MARKⅡ」(0.8号から1.5号)と富士灯器の「チヌスペシャル」(0.8号と1号)です。エビ撒き釣り専用モデルですが、通常の棒ウキと何が違うのか?)

タグ

2011年2月19日

カテゴリー:波止釣り

円錐ウキの大きさ・選定方法の基本は?

海信です。

上物アングラーがこだわる部分は、たくさんありますが、もちろん、ウキには特別なこだわりがある人が多いです。

磯の上物で使用するウキは円錐ウキが基本ですが、ご存知の通り、釣具屋に行けば、種類もサイズも号数もメチャクチャたくさんあって、初心者の人は何を買えば良いのか解らないと思います。

現場に持ち込むウキは、当然色々な種類を持ち込む事になると思いますが、ピッタリのウキでシッカリと釣れたら嬉しいものです。そこで基本的な選定方法の目安を解りやすく解説してみます。

image33.jpg
(このくらいは持ち込む人が普通だと思います。大小様々に持ち込んでます)

タグ

2010年12月27日

カテゴリー:釣り具の話