検索結果

タグ検索

磯釣り・波止釣り・俺の釣り!で“アオサ”タグの付いているブログ記事

下記のエントリー(記事)が検索結果となります。

良潮が回って浅海のグレは赤丸急上昇

5月12日、久しぶりに串本大島のホームグランド、大島フィッシングにグレ釣りで釣行しました。

(串本)大島の湾内カセのグレ釣りは、夏場が本番なので、5月はまだまだ前哨戦の雰囲気の中ですが、様子見を兼ねて、12日の釣行となりました。

「まあ、2、3枚、顔が見れたらイイかな・・・」

このくらいの気持ちで釣行したので、道具もズボフカセの道具とか持ち込まずに、フカセ釣り(上物の道具)一本で行きましたが、予想に反して、潮色はにごりが入っているし、流れも朝一番は絶好の流れで、ここ最近の傾向と対策が解っていれば、20枚くらい出せそうな雰囲気すら漂ってました。

「何が何でも釣ってやろう!」と力むと潮は言うことを聞かないし、「今日は(グレの)顔が見れればエエし・・・」なんて思って行ったら潮は絶好と、こういう部分に、釣りの難しさを本当に感じます。(笑)

まあ、今期初の大島へのグレ釣りの釣行なので、小型中心ですが、10枚で良しと言うことにしておきます。

002.JPG
(全体的にグレが痩せてるし、小型が多いし、本来の大島のグレ釣りと、ちょいと違うような・・・。まあ、5月は、こんなもんですかね・・・)

タグ

2016年5月13日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

浅海のグレ、いよいよ活発になってきました

6月23日、24日、25日の三日間の日程で串本大島の湾内カセのグレ釣りに行ってきました。

三日間を通して天候にも恵まれ、潮も早朝の逆潮を除いては良い流れにも恵まれて、まあまあの釣果にすることが出来ました。

初日は小ぶりなサイズが目立ったものの、バラシが多発するなど、良型の雰囲気も漂っていました。二日目は数釣りプラス前日のリベンジで50cmの大型を出すことが出来たし、三日目は数は無かったですが、良型がポツポツと食ってくる感じで、それぞれに「浅海らしさ」を感じながら釣りを組み立てることが出来ました。

今年は50cmオーバーのグレを3枚以上出すことを目標にしているので、何とか1枚達成。

三日間の釣果は33枚で小ぶりが多かったので25キロって所ですが、まあ、まだまだ浅海のグレの本番までは時間もあります。キッチリと今年風に修正して夏の本番に臨みたいと思いました。

017.jpg
(写真のグレ(50cm)はズボの道具に来ましたが、上物の道具に来た同じくらいのヤツは根を巻かれました。梅雨時分の大型は底付近がメインなので、ロッドの号数を上げても良いかも・・・と感じました。。。)

タグ

2015年6月26日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

良潮が回って、浅海のカセはグレ好調!

11月4日は、またまた串本大島の大島フィッシングにグレ釣りに行ってきました。

この日は中潮で、午前中に干潮が来て、16時の船上がりまでが満ち潮で、「満ちで下り向きに潮が行けば、数釣りが出来る・・・」と見て、釣行予定を入れました。

「朝は引き(潮)なので、おそらく良い潮は無いし、ゆっくり準備して・・・」なんて思いながらカセに乗ると、朝一番は苗我島向きに良い感じで潮が流れていて、道具を入れると直ぐにグレがサシエを触って来ました。

「想像していたことと、全然違うやん・・・(^_^;)」

開始2投目から6連発だし、飲ませ釣りの用意やグレ用の二本目の竿を出す準備など、もう、どれだけ忙しかったか・・・笑

しかも、「釣れる!」と思っていた午後からの潮がダメ潮で、また解らなくなりました。。。

まあ、機に臨んでは編に応じるのが、本当の実力とも思うし、「釣り」って言うのは解らないことだらけで、一生かかって模索していくのが本筋であるとも思います。こういう部分が難しいですね・・・(笑)

image001.jpg
(浅海も、秋の色が濃くなってきたでしょうか。グレは小ぶりが多くなってきたし、そろそろヒラメ釣りなども、雰囲気が出てきたと思います。僕の道具は、一発「らしきヤツ」が当たりました、針が外れました。)

タグ

2014年11月 5日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

アオサのグレ、完敗でした

海信です。

7月29日も、またまた串本の湾内カセのグレ釣りに行ってきました。

梅雨が明けて、いよいよ真夏のグレ釣りですが、猛暑続きでお客さん少ないそうです。(やれば、グレは釣れるのに・・・)

僕は、暑いも寒いも関係ないので、「釣りに行くのみ!」ではあるんですが、仕事の関係で先週は1週間お休みしました。

で、満を持しての29日の釣りだったですが、この日はアオサでのグレ釣りが厳しい日だったと見えて、いつもとは、全く感じが違ってました。一日を通して、アオサではアタリがかなり少なかったです。

今回は、冬場から春に掛けて例年お世話になっている藤田渡船(和歌山県古座)の西川船頭をゲストに招いて釣行を試みました。

「一度、浅海の海苔グレをやってみい・・・」とのことだったので、誘って行ったはイイですが、また、ノリの食いのシブい日に当たってしまって。。。

お返しにスッポン釣り誘われました。これは実現したらレポートしようと思います。。。笑

image43.jpg
(同行の西川氏が4枚、僕が2枚と、この日はラッシュが無かったです。ペレットでは食いが立ったので、ペレット一本で釣っていれば・・・と言う所ですが、これは「たられば」なので、意味無いです。笑)

タグ

2014年7月30日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

状況は上向きか?串本湾内カセのグレ釣り

海信です。

7月18日19日の二日間の日程で、またまた串本大島の大島フィッシングでグレ釣りをやってきました。

先週少しですが、全体的に調子は落ちていたと思いますが、小潮周りになって、各業者のカセとも状況は、また上向きになってきたと思います。

特に大裕丸。19日は58cm、3.5キロの特大サイズが出たみたいで、「やっぱり居るなぁ・・・」

まあ、少し場所は違いますが、串本湾内であることには変わりません。ウェブで見て、「こういうのを釣らないといけない!」と、またまた燃えてきました!(笑)

今回の釣行では、二日目の午後に45cmクラスが連発しましたが、初日は、潮がイマイチで30cm級の数釣りみたいになってしまいました。

まあ、18日は、食いがめっちゃシブい日で、小型でもアタリがあるだけマシでしたが・・・

image13.jpg
(二日間で28枚の釣果、最長寸は、どうでしょう・・・46、7cmって所だと思います。)

タグ

2014年7月20日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

串本の湾内カセのグレ・パターン研究4

海信です。

6月23日、24日の日程で串本の湾内カセのグレ釣りにまたまた行ってきました。

今回二日間の釣りでは、特徴的だったのは、「小鯖のエサトリ」です。猛烈な数がいました。(もう、10億匹と言いたい・・・笑)

ただ、小鯖のエサトリが大量に湧いてしまったことで、また、浅海のグレ釣りにおいて「非常に重要なこと」にも気づけたと思います。これは後述します。

さて、釣果のほうは、23日が47cmを頭に11枚、24日が49cmを頭に12枚と、両日ともコンスタントに釣れました。

釣果だけ見ていれば上出来に見えますが、特に24日はバラシが4回もあり、もう少し釣りが上手なら20枚は出せていたはずで、情けない気持ちの方が強いです。

最長寸が49cmって言うのが、また・・・(^_^;)

100枚釣っても49cmは49cmですが、50cmなら1枚釣っただけで「50cmのグレ」なんですけどね。

差は、たった1cmなのに・・・

image020.jpg
(ど真ん中のアジが美しい・・・笑)

タグ

2014年6月25日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

2014浅海のグレ釣りスタート

海信です。

昨年の夏から秋に掛けて串本(和歌山県串本町)の湾内カセのグレ釣りにハマってましたが、そろそろこのグレ釣りをスタートしようと思います。

冬から春に掛けて、水温の低い時期ではほとんど食いが立たないこのグレ釣りですが、水温の上昇と共に、ぼちぼちと釣果が聞こえるようになってきたし、「そろそろ・・・」と思って、5月28日に行ってきました。

まだまだ本調子には程遠い感じもしましたが、47cm、1.72kgの良型が挨拶に来てくれました。

まあ、初回と言うことで様子見を兼ねていたし、どのパターンで食ってくるか?とか、そういう感覚的なことが欲しかったので、今回の釣行の釣果はこれ1枚ではありましたが、目的は果たせました。

次回から、本腰入れようと思います。(^_^)

image018.jpg
(相変わらず型はイイですね。3月17日に古座(セシマ)で釣ったグレが47cmで1.73kgでしたから、白子たっぷりの脂ののった寒グレとほぼ同じなわけです。それがこの時期に・・・笑)

タグ

2014年5月29日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

浅海のグレ釣りの釣り方(エサ、ウキ釣り、ズボ釣り)

浅海のグレ釣りは大きく分けて、ウキ釣りとズボ釣りです。

ウキ釣りは「ウキ釣り」と言っても、一般的なグレ釣りで使う円錐ウキのような軽い負荷で潮乗りの良いフカセタイプのウキを使用する釣り(横の釣り)ではなく、棒ウキを使って、タナをシッカリと釣る「縦の釣り」のウキ釣りです。

ズボ釣りは道糸ハリスをともにフロロカーボンを使用して、潮が飛んだときに完全フカセにも対応できるように準備しておくことなど、ご当地釣法にも対応力のある準備が望ましいと言えるでしょう。

また、おそらくですが、浅海波止周辺のグレがアオサを好んで食べていることを知っているアングラーは、かなり少ないと思います。実は、僕が偶然、浮いたグレがロープに付着したアオサを食べている所を発見して、「それならアオサを食うかしら?」と思って釣ってみたら、ビックリするほど釣れるわけです。

これまでアオサでかなりの釣果を得ている事は隠してきたんですが、本項でオープンにしようと思います。

現在、ボチボチとアオサのグレ釣りが流行の兆しです。(^_^)
ぜひ、本項を参考にして、良型グレの爆釣を楽しんでくださいね。

image180.jpg
(雨にも負けず、風にもめげず、浅海のカセでグレを釣りまくってます・・・笑)

タグ

2013年11月17日

カテゴリー:カセ釣り