検索結果

タグ検索

磯釣り・波止釣り・俺の釣り!で“セシマ”タグの付いているブログ記事

下記のエントリー(記事)が検索結果となります。

ヒラスズキを狙って大失敗

4月8日、9日の日程でホームグランドの古座にヒラスズキ狙いで釣行して来ました。

GW前にはうねりに波気があって、ヒラスズキの雰囲気がかなりありましたが、GW中に潮色は澄んできてしまって、うねりも無くなってベタ凪の磯では、さすがにヒラスズキは厳しい・・・

初日の早朝に1本拾って、後は、何をどうやっても、どうすることも出来ませんでした。

春の昼の干潮は潮も低いし、サラシはおろか、波気も全くなし。これでは、潮の高い早朝の満潮時には、何とか出来ても、それ以外は全くダメで、こういうことはヒラスズキ狙いでは常識なんですが、「何とかしてやろう!」と思って強引に行っても、やっぱりダメはダメでした。(笑)

前回調子良く釣ったので、「自分なら何とかできるんじゃないか」なんて「驕り」があったのも間違いないです。正直、ブログの更新も恥ずかしいですが、「ここを反省できないようでは、もっと恥ずかしい・・・」と猛省して記事にします。

それにしても参った・・・

久しぶりに罰ゲームで山越えで帰りましたが(我が社の規定で、満足に魚をよー釣らんへたくそには、帰りの高速代は支給しません)、厳しかったです。。。(^_^;)

001.jpg
(初日の早朝に、2回当たりましたが、一発目は50cmくらいの小型だったので強引に瀬にぶり上げようとしてハリス切れ。2本目は60オーバーだったので、大事に取ったこの一発でおしまいでした・・・とほほ)

タグ

2015年5月10日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート

好調の古座でヒラスズキ14本をゲット

4月28日は、ヒラスズキをメインのターゲットにして、午前中は沖磯の大箱、昼からは地寄りのセシマで竿を出してみました。

大箱では、前日と同じパターンで早朝に3本ゲットし、ポイントを変えて3本追加。午後からは、セシマにポイント変更しましたが、上手い具合にヒラスズキの時合いに出くわすことが出来て、72cm(3.9キロ)を頭に8本ゲットすることが出来ました。

80アップの大型は出せませんでしたが、「大型が出ないときは数釣り」が僕のモットーで、一日で14本で20キロ以上なら、「まあ良し」としておきます。(もうちょっと上手なら、もっと釣れるとは思います。その点では「まあ良し」は情けないですが・・・)

ヒラスズキは、普段は狙うことが無いし、適度な荒天が伴わないと中々遭遇することも無いので、とにかく僕の引き出しのヒラスズキに対する情報量が不足してますが、そんな中で、今回の二日間の釣行は非常に貴重で意味のある体験となりました。船頭をはじめ、関係者には深く感謝してます。

まあ、釣果はともかく、久しぶりの磯釣りだったし、春の古座(藤田渡船)の延長釣りは13時間から14時間の長丁場で、それを二日間連続で集中してこなせた事には、一定の評価を与えても良いと、これは自画自賛です。

とにかく、釣りを休んでいる間も、このタイミング(春の古座の延長釣り)で「最初から最後まで頑張れるように・・・」と、バス通勤を徒歩に切り替えたりして毎日足を鍛えていたのが奏功しました。(^_^)

「釣りをしてない時も、釣りがメインのライフスタイル!」

「釣果に偶然に期待している間は二流。必然にするのが一流」が僕の目指すところです。「やっぱり普段が大事・・・」と再認識できました。釣果よりも、ここを評価したいと思います。

01.jpg
(二日間で26時間の磯釣りを頑張った後だけに、さすがに目はうつろ・・・笑)

タグ

2015年4月30日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート

セシマのリベンジ釣行で良型真鯛ゲット

海信です。

3月24日は、予定していた用事がキャンセルになったので、前回の古座の磯釣りで吹っ飛ばされたリベンジを企画して急遽出向きました。

この日の近畿地方は高気圧が広がって絶好の釣り日和。昼から西風がかなり吹きましたが、適度な風で、このくらい吹いて波気が出てくれないと魚の食いも悪いです。(笑)

前日までの3連休は大箱、九龍島などでよく食ったようで、セシマもサンバソウが出てました。

僕の狙いは、ズバリ「セシマの石鯛」でしたが、石鯛は空振り。代わりに良型の真鯛が食ってきました。

道具を入れた感じでは、「ちょっと潮の動きがイマイチ・・・」と見てましたが、鯛が食ったって事は、そうでもなかったのかも・・・

まだまだ、キッチリと潮が見えてませんねぇ。反省です・・・(^_^;)

image036.jpg
(61cm 2.75kgの真鯛。この鯛はコンディションがかなり良さそうです。美味しいですよ・・・笑)

タグ

2014年3月25日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート

良型グレゲット!古座・陸(おか)よりの磯

海信です。

3月16日、17日の二日間の日程で、またまた古座の藤田渡船を訪ねました。

3月に入ってグレが好調の古座の磯ですが、春一番が13日に吹いて、また状況が良くなって来た様で、日曜日と月曜日の日程で行ってきました。

沖磯(大箱、小箱)は少し型は落ちて来ましたが、「数が釣れる」(西川船頭)と言うことで、この両日は、初日が風が強く、二日目はベタ凪と予想天気図で見えていたので、「グレの数釣りだし、道糸は初日は波気が出るから3号で、二日目は仕掛けを落とさないと食いが悪いので2号で・・・」ってな感じで準備して古座入りしました。

ところが、「セシマで毎日のように石鯛に吹っ飛ばされている・・・・」(西川船頭)と言うことで、「よし!僕が敵(かたき)をとってやろう・・・」(2号要らんかったです・・・笑)

で、見事に返り討ちにされました。(強すぎる・・・汗)

結局3号の道糸が吹っ飛ばされましたが、解っていたら4号も5号もいつでも準備できるように用意してあるのに、ああ、もったいない・・・

まあ、(道糸を)太くすれば取れるって代物でも無さそうですが、それでも、やるだけのことをやって吹っ飛ばされるなら納得もしますが、そういうバラシでは無いので、今回は不完全燃焼・・・。グレのサイズが良かっただけに、非常に残念な気持ちです。

次は、2号のロッド持ち込みます・・・笑

image018.jpg
(47cm・1730gはセシマ、46cm・1550gは九龍島、陸(おか)の方が型があらい(大きい)ようです・・・)

タグ

2014年3月18日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート

ちょっと小休止の古座の磯

海信です。

3月11日は、最近好調の古座の磯に行ってきました。

この日は北西の風が非常に強く、これまでイイ感じで波気があってうねっていた海況をベタ凪にされた感じで、さらに、かなり冷え込んでちょいと水温が下がったでしょうか(そんな雰囲気でした)、釣果はピリッとしませんでした。

しかし、エサトリは活発だし、グレの時合いもキチッとありました。まだまだ、上りでも下りでも潮がキチっと動けばグレは釣れそうな雰囲気むんむんです。(笑)

image014.jpg
(古座名物のこの時期のサンバソウ。小ぶりでしたが、この魚はあまりデカすぎても取り込みがかなり難しくなるので、なんと言うか、上物でやっている以上、これでも喜ばないといけないかも・・・と、ちょっと思います・・・笑)

タグ

2014年3月11日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート

古座で良型のグレとイガミを釣りました

海信です。

2月25日と26日の二日間で、古座の藤田渡船に行ってきました。

この日程は大潮で、25日は凪でしたが、26日は昼から雨の予想で東風に伴ううねりが少しありました。

少し波気がある方が磯釣りは良潮になることも多いですが、うねりは危ないので、足場の高い礁(しま)に出来るだけ乗りたいですが、この日(26日)の船頭のおすすめはセシマで、キッチリ、ブーツの中までボトボト・・・(^_^;)

しかし、まあ、グレは数は出ました。
(この程度の波ならイケる!という判断ですが、満潮時は中々の迫力・・・汗)

前日の25日はベタ凪だったので、25日に何とかしたかったですが、釣りやすいベタ凪はいまいちで、釣りづらいようなうねりの中の方がたくさん釣れる・・・

まあ、これが磯釣りでしょうね・・・

image017.jpg
(グレは42㎝、イガミは45㎝でした。このイガミは美味しいでしょうねぇ・・・悪っちゃんに取られましたが・・・笑)

タグ

2013年2月28日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート

古座で石鯛釣ってきました

海信です。

2月20日と21日の日程で和歌山のホームグランド、古座の藤田渡船に行ってきました。

17日の日曜日にフカセ釣りで石鯛の釣果があったとのことで、「僕も釣りたいなぁ・・・」と思ってましたが、上手い具合に1枚出すことができました。

寒の時期の古座のフカセ釣りのサンバソウと言えば、南紀をメインに上物で通っている人なら、大体知っていると思いますが、今期もボチボチと釣れだしたかも?

僕の石鯛は、53㎝ありましたが、2.4キロとちょっと(かなりかしら?)スリムでした。(^_^;)

まあ、50㎝超えたので良しとします。

image010.jpg
(セシマの大島向きのポイントで釣りました。底で食わせたので、当たった瞬間は、「根掛かりが動いた・・・汗」って感じでした・・・笑)

タグ

2013年2月22日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート

強風プラスうねりの古座で撃沈

海信です。

12月8日に日帰りで古座の磯に上物で行って来ました。

今月は何かと忙しい事もあるし、いけるタイミングは極力釣りに行っておこう!と思って、8日の釣行を急遽決めました。

前日には、関東から東北で地震から津波があったようで、「この影響が和歌山にもあれば、魚は動くはず!」と予想しましたが、見事にハズレでした。

津波は、水が全体的に動くので、濁りを誘発します。もちろん、東日本を襲ったような大津波の話に釣りは論外ですが、30cmとか1mくらいの津波は、その後に、釣りには好影響をもたらすことが多い事は解ってます。

前の日に雨も降ったし、津波がプラスして潮ににごりが入って、これに西からの強風で上り潮が入って、水温が上がったら爆釣!←これが予想でしたが、水潮で水温が下がって、猛烈な低活性の現実が待ってました・・・(^_^;)

まあ、タカノハの自己記録出したのでOKにして置きます・・・
写真では解りづらいですが、40cm超えてたと思います。

image285.jpg
(古座は、時折バカでかいタカノハが・・・笑)

タグ

2012年12月 8日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート

古座の磯で良型グレとチヌ!

海信です!

古座の磯に上物で、11月29日と30日に釣行しました。

29日は「エエ凪の日」で沖磯のチョボへ・・・
30日は東風で少しうねりはありましたが、朝一番から昼まではセシマへ上がり、昼の船で沖磯の大箱へ場所代わりをしました。

28日に上り潮が強烈だったと見えて、水の透明度が上がって、食いは悪かったようですが、29日の釣行では、やっぱりチョボでグレの顔を見る事は無かったです。(下り潮だったですけどね・・・)

30日の午前中のセシマは、(串本)大島に向かって感じよく潮が出たタイミングがあって、この潮でコッパグレがパラパラ釣れました。午後からの大箱で40cmクラスのグレを3枚出せたので、今回の釣りはとりあえず及第点でしょうか?

写真は、30日午前中にセシマで食ってきた50cmのチヌです。

image273.jpg
(久しぶりの年無しでした・・・笑)

タグ

2012年12月 1日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート

状況は上向きか?古座の磯釣り

海信です。

2月20日と21日の二日間で和歌山のホームグランド・古座の藤田渡船に行ってきました。

この日は二日間の釣行と言うことで、久しぶりに釣った魚をその場で宴会のネタにしたいと考えて、初日は九龍島で真鯛を狙ってみました。

宴会って言っても3人なので、少しサイズがイイくらいでイイんですが、これが何故か食に走って狙うと難しい・・・(^_^;)

ちなみに僕は、波止釣り時代に最後の100円までエビ買ってエビ撒き釣りをしてました。(当時はサラリーマンだったし、給料前の釣行は資金が苦しかったです・・・笑)

当時の月末の状況では「ハネ釣らんとおかずが無い・・・汗」って経験をたんまりやってましたから、プレッシャーには結構強いほうだと思うんですが、最近はハングリーさに掛けているかも・・・(ははは・・・)

ただ意地でも「釣った魚を食うぞ!」って気合だったので、磯かわはぎの仕掛けはポケットに入れてました。(^◇^)

しかし、グレ釣るより数段難しい・・・汗

image40.jpg
(結局1時間くらいやって、掛かったのは3発だけですが、一個針ハズレ・・・涙。サイズはOKでした・・・

タグ

2012年2月23日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート

カン付きウキのテスト釣行をしてきました

海信です。

10月27日は先週古座の釣りに初参戦の佐々木君を誘って和歌山のホームグランド古座にまたまた行ってきました。

この日の僕は、11月の中ごろから本格的に始まる上物シーズンを前に、もう少しテストをしておきたい釣りがあったので、それを試して見ました。

具体的には、カン付きのマイナスウキを使用した釣りですが、天狗ウキのように固定で使用するのが良いのか、全層仕掛け(スルスル)にセットした方が良いのか、イメージはあったんですが、現実とのギャップを埋めるように色々とテストしてみました。

釣果は散々だったですが、カン付きウキの感触はつかめたし、このウキが使えれば、ウキのローテーションが仕掛けを切らずに出来るので、ずっと前から「使えるようになったらイイなぁ・・・」と思っていたので、内容のある釣行経験を積むことが出来たと満足してます。

この日は、比較的浅場の釣りメインでやったので、次くらいは、九龍島のような深場のポイントで試して見ます。

2011-10-42.jpg
(佐々木君も今日はちょっと苦戦!ただ、「サンノジと真鯛を釣って見たい」って言うこの日の目標は達成です)

タグ

2011年10月27日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート