検索結果

タグ検索

磯釣り・波止釣り・俺の釣り!で“イズスミ”タグの付いているブログ記事

下記のエントリー(記事)が検索結果となります。

激熱!イワシエサの<ファミリーフィッシング>

8月9日、10日の二日間で、串本大島の大島フィッシングにイワシエサのフカセ釣りに行ってきました。

8月と言うことで、我が家も子供たちが夏休みなので、「お父さん、夏休みやし、たまには釣りに連れて行って!」

と言うわで、今回は子連れでファミリーフィッシングとなりましたが、次男坊(高校1年生)が大当たりで、ヒラマサ(85㎝、4.5キロ)、イズスミ(65㎝、5キロ)、コロダイ(75.5㎝、4.9キロ)、グレ(43㎝)、真鯛(チャリコサイズ2匹)で、一人で15キロ超の釣果を得ました。

長男(大学1回生)は超大型イズスミと一発勝負を目論みましたが、針外れによるバラシばかりで惜しくもボーズを食らいました。(エイと一発勝負できたくらい)

まあ、大学に入って、釣りに興味を持ち始めたようなので、「それならば、今回はボーズでも貴重な経験」。近々にリベンジに出向かせます。(^_^)

しかし、息子たちを連れて行ったので、今回は「ファミリーフィッシング」と表現しましたが、この違和感が妙に心地よいです・・・笑

004.jpg
(大型コロダイの引きは強烈です。グラスロッド(ODYSSEY Model AM 301・アルファタックル)に12号のフロロの通しで、リール(海魂2000T・シマノ)のドラグは7キロくらい掛けてましたが、楽しそうに伸されてました。笑)

タグ

2017年8月11日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

70㎝オーバーのイズスミ登場!イワシエサのフカセ釣り

7月31日、8月1日の日程で、串本大島の大島フィッシングにイワシエサのフカセ釣りで大物狙いに行ってきました。

今回は、31日だけの一日釣行の予定でしたが、初日に上手に食わせることが出来なくて、翌日の1日も釣りをすることにしました。で、72㎝、6.5キロの記録物の大型を手にすることが出来ました。

今期の特徴としては、昨年とポイントが変わったこともあり、良型グレがエサ取りになっています。現在は、水の透明度が高いので、水深3mから5mにエサ取りの40㎝クラスのグレが数多く見えますが、中には55㎝(3キロ)クラスの大型口太グレがヒラを打つのが見えたりもします。

僕の今期の狙いは、10キロオーバーの超大型イズスミなので、グレを取りに行っては、釣りがブレるとみて、あえてグレは無視してイズスミの口元にエサを運ぼうとしてます。で、今回は上手い具合に70㎝オーバーが当たってきました。

「10キロオーバーって、そんなデカいのが本当にいるのか?」と疑問に思う人も多いと思いますが、時折ヒラを打つモンスター級の個体は、現実に見たらビックリするような、ド迫力のサイズですよ。

僕は、釣りに「夢」を求めることはありません。

持論ですが、夢って寝ている時に見るもので、夢を語る人の話は、確かに「眠い話」だと思うし、現実に見えているもの(デカいヤツ)を追っかけるのには、「寝ているヒマなんか無い」とさえ思っています。

なので、10キロオーバーのイズスミは、夢でも何でもないですよ。ゲットに向かって猪突猛進あるのみです。(^_^)

11.JPG
(下段左下のグレは47、8㎝はある個体ですが、このくらいのサイズのグレは水中に多数確認できました。せっかくのこのサイズのグレですが、大型イズスミ狙いの14号ハリスにタマミ針の22号で食わしたら、タモも要らないです・・・笑)

タグ

2017年8月 2日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

イワシエサのフカセ釣り2017開幕

7月24日(月)と25日(火)の日程で、串本大島の大島フィッシングに、イワシエサのフカセ釣りに行ってきました。

今回の釣行は、湾内の大型魚を狙う釣りを一日と、今年大フィーバーの潮岬沖のカツオ釣りを一日やろうと目論んでましたが、沖は波が高かったために中止にして、二日間ともイワシエサで大型魚を狙う釣りを展開してきました。

一昨年からこの釣り(イワシエサのフカセ釣り)にハマっている僕は、毎年、一つのテーマをもって釣行を重ねようと考えてますが、2017年型のこの釣りは「確率を上げること」をテーマにしようと考えてます。

具体的には、昨年までは、確立を上げるために「マキエ」と「サシエ」に重点を置いていたわけですが、今年は、「マキエ」、「サシエ」にプラスして、「寄せエサ」という概念を持ち込もうと考えているんですが、さあ、どうなるでしょうか・・・

マキエと寄せエの違いなど、具体的に話すと(書くとかな?)長くなるので、現時点では割愛しますが、効果が見込めた時点で当ブログで詳述解説をしようと思います。暫くお待ちくださいね。

いやいや、それにしても、8か月ぶりのブログの更新ですが、何をしていたかと言うと、仕事をしてました。(ちょいと忙しかったです)

ブログの更新が無い事で心配頂いてお電話なども頂戴したことなどもありましたが、ありがとうございます、元気でやってます。

これから、またガンガンブログを更新していきますので、どうぞ、よろしくお願いいたします。

01.JPG
(開幕戦だったので、マキエと寄せエで魚を寄せること(飼い付け状態にすること)だけを考えて釣りにのぞみましたが、本命の一つ大型イズスミが当たってきました。コンディションの良い個体で、長寸は67㎝でしたが、目方は6キロクラスのメタボでした)

タグ

2017年7月28日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

イワシエサのフカセ釣り・パターン研究4

9月28日、29日の日程で、またまた、串本大島の大島フィッシングに、イワシエサのフカセ釣りで大イズスミを狙って釣行して来ました。

今回は、初日に良潮でイズスミ4発に小クエなども当たってきて、好感触の釣りになりましたが、二日目の潮がパッとしなくて、ボーズを食らってしまいました。

まあ、色々な条件によって、釣れる日もあれば、釣れない日もあるのは、こりゃ仕方ないですが、釣れないなら釣れないで、「何か」を持ち帰るのが、俺の釣りでもあります。

今回のパターン研究では、現状でイワシエサのフカセ釣りのポイントになっている、赤灯前カセの「潮の流れ」について、色々なパターンを研究しましょう。

043.JPG
(60cmで、重量はどうでしょうか・・・、3キロ半ってところと思いますが、小さくてもクエは非常に美味な魚です。刺身に炙りに鍋と行きましたが、いずれも最高でした。笑)

タグ

2016年9月29日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

イワシエサのフカセ釣り・パターン研究3

9月22日、23日の二日間で、またまた、串本大島の大島フィッシングに、イワシエサのフカセ釣りで大イズスミを狙って釣行して来ました。

今回は台風の雨後なので、湾内の濁りを期待して現地入りしましたが、濁りはイマイチで、「これは前回同様に苦戦するかも・・・」と思いながらの釣りでしたが、ボチボチとアタリは拾えました。

両日ともにマキエに群がる大イズスミは確認できたし、二日目の朝一番は、5号のパワーフカセで止めきれずに、約20m走られてラインブレイクに持ち込まれる悔しい一撃などもあって、4枚の釣果にプラスして、課題と反省もクーラーボックスに納めることなると言う、まあ、ある意味、充実した釣行になりました。

いや、しかし、湾内の釣りで12号のフロロを、いとも簡単に吹っ飛ばされる釣りなんて中々無いと思うと、益々僕はこの釣りに燃えてくるんですが・・・笑

030.JPG
(最長寸は67cmで、どうでしょうか・・・、6キロは無いかも?ですが、パンチ力は強烈でした・・・笑)

タグ

2016年9月26日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

イワシエサのフカセ釣り・パターン研究2

9月16日、17日の二日間で、またまた、串本大島の大島フィッシングに、イワシエサのフカセ釣りで大イズスミを狙って釣行して来ました。

今回は、イズスミの食いも渋くて大苦戦しましたが、何とか、1日1本のペースで、二日間で2本の釣果を得ました。

サイズは、初日が60cm、二日目が55cm程で、型もやや不満ですが、「食いが渋い時は、こんな感じになるのは仕方ないかな・・・」とも思います。

イズスミって魚もグレ同様に、連日釣り人が入って、バラシが続くなどすると賢くなるし、潮色が澄んでくると道具を見切るようになってきたりもします。

こうなると、道具を落とす(ハリスを細くする、針の号数を落とす)などして、「何とかしたい」と考える気持ちは理解しますが、こんなことをして、さらにバラシまくると、さらに賢くなって、いわゆる「すれっからし」になって、いよいよ食わなくなってくる未来も容易に予想できるので、「ここは我慢!」かな・・・と思ってます。

まあ、シッカリと雨が降って、潮に濁りが入ると、またガンガン食いだすとも思うし、そうこうしている間に、同じ釣りでブリも回ってくるとも思うので、食いが渋い今は、この釣りの色々な研究をテーマにしましょう。

024.JPG
(初日は、群がるアジの中に、大イズスミもたくさん見えましたが、見えている固体は全く食ってくれなかったので、12m入れて何とか一発だけゲット。二日目は、アジ以外は全く見えなかったので、「見えないなら下だろう?」で13mに入れてたら、何とか一発当たってくれました。いや、厳しい二日間でした。。。)

タグ

2016年9月19日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

イワシエサのフカセ釣り・パターン研究1

9月11日、12日の二日間で、串本大島の大島フィッシングに、大型イズスミとグレ狙いで釣行して来ました。

初日のイズスミ狙いは、やや苦戦しましたが、何とか同行者と一発ずつの2匹。

翌日のグレ狙いも大苦戦でしたが、6枚の釣果を得て、何とか形には出来ましたが、最近の僕のメインの釣りは、イワシエサのフカセ釣りなので、グレ釣りには気持ちも乗らなかったし、不完全燃焼の釣りになったのは反省点でした。

まあ、串本大島の湾内カセのグレ釣りに関しては、当ブログで色々な記事があるし、かなり内容の濃いことも書いているつもりなので、興味のある人は、ブログ内を色々とサーフィンしていただくとして・・・

今後暫くは、串本大島の湾内カセのイワシエサのフカセ釣りに関して、色々と研究して、研究内容をブログ記事にしていく方向で進めようと考えてます。

とにかく、イワシエサのフカセ釣りは、当たれば魚のサイズはデカいし、何が当たるか解らん釣りでもあるので、その面白さは、マジでハンパ無いです。(笑)

015.JPG
(今回の釣果は、これ一発。65cmで6キロには足らないかも・・・ですが、引きは強烈でした・・・笑)

タグ

2016年9月14日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

超大型イズスミ登場!イワシエサのフカセ釣り

9月7日、8日の日程で、串本大島の大島フィッシングにイワシエサのフカセ釣りのイズスミ狙いの釣りに行ってきました。

7日は台風の影響で大雨の予報でしたが、朝一番は、何とか釣りが出来る状態で、9時半までの釣りでしたが、60cmのイズスミに75cmのコロダイの釣果。

8日は前日の豪雨のため、古座川上流のダムが放水した影響でしょうか、湾内の水は強烈な水潮の色をしていましたが、これは「ささ濁り」と言われる状況で、猛烈に魚の食いが立つことがある色なので、大いに期待してカセに乗り込みましたが、記録物のイズスミが愛竿を満月に絞り上げてくれました。

磯釣りの人からはもっぱら下魚扱いのイズスミですが、小割のイズスミは臭みはほとんどないし、食しても驚くほど美味しいし、暫く病みつきになりそうです。(笑)

まあ、この手の根魚で、70cmオーバーって滅多に出ないし、今回は、最大サイズが、75cm、7.9キロのビッグワンだし、これを下魚扱いするならしてもらっても構わないですが、そういう人は、どんな魚釣ってるんだろう?って、ちょっと思いますが・・・

001.JPG
(上段の3匹は、いずれも70cmオーバーですが、この3匹だけで、総重量は19.25キロでした。コロダイも75cmで4キロくらいあると思うんですが、可愛く見えますね・・・笑)

タグ

2016年9月 9日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

外の浜カセで良型五目釣り!

7月28日、29日、30日の三日間の日程で串本大島の大島フィッシングに行って来ました。

今期の串本のカセ釣りは8割くらいの確立で雨ばっかり食らってましたが、この3日間は、見事にピーカンで風も弱く、強烈な暑さでした。

一日だけでもフラフラになりそうな酷暑の中を3日連続は、終わってみたら妙な達成感のようなものすら感じましたが、三日目はさすがに足に来ていたので、その辺が不満です。認めたくないですが、ちょっと年齢を感じました。(笑)

釣果のほうは、マグロやブリなど、いろいろと釣れましたが、日曜日くらいから水温が若干下がったようで、グレの食いが渋かったと思います。グレ以外はボチボチかな・・・といった感じでした。

まあ、脱走マグロを一発仕留めたので、これは良かったです。しばらくマグロ三昧を楽しめます。(笑)

029.jpg
(網から出るときに、マグロはボロボロになるそうですが、外の浜カセはポイントが狭いので、マトモな固体なら、ちょっと取り込みに持ち込めないと思います。何が幸いするか解らんですねぇ・・・)

タグ

2015年7月31日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

良型乱舞!外の浜カセでグレが好調

7月20日、21日の日程で串本大島の大島フィッシングにグレ狙いで釣行して来ました。

天候は、21日に少し雨が降りましたが、全体的に好天で久しぶりに気持ちよく釣りできました。

前回の釣行では、浅海奥のカセにグレ狙いで行きましたが、そのときの水温は22度で、今回の外の浜カセの水温は24度でした。台風前と後で水温が2度も上昇しているし、台風明けの他船の釣果などを見ても、(串本)大島の湾内カセの好調ぶりが伺える(要するに、2度上がっても、水温は安定しているとみました)し、非常に楽しみにして現地入りしました。

結果的には60リッターのクーラーが満杯になりましたが、二日間でバラシの数もお腹いっぱいで課題の残る釣りになってしまいました。

大型のイズスミが回っています。一発だけ御用にしてきました。(笑)

016.jpg
(イズスミは63センチで4.8キロありました。最上段のグレはいずれも50cmオーバー(最長寸で52cm)でしたが、イズスミがでかいので大きく見えないです・・・笑)

タグ

2015年7月22日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート

水温が下がって、ちょっと苦戦の古座の磯

海信です。

4月10日、11日の二日間の日程で、古座の藤田渡船に行ってきました。

二日間通して、潮色もイマイチで、黒潮の帯も潮岬から離れたタイミングだし、「苦戦は必至・・・」の状況でしたが、二日間通して、潮はボチボチと動いたので、「何も無かった・・・」って事はありませんでした。

全体的に、「サイズが物足りないなぁ・・・」って雰囲気でしたが、手前(セシマ)はサンバソウが当たったし、沖(大箱)は、イズスミもサンノジもいたので、「もう、っちょっとで、もっと状況がよくなる・・・」って手ごたえはありました。

まあ、3月にグレがよく食ったので、ちょいと小休止で、これからは、大型のノッコミチヌなどが面白くなる感じでしょうか・・・

image010.jpg
(40cm足らずのサンバソウですが、磯竿の1号で掛けたので、面白かったです。笑)

タグ

2014年4月12日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート

良型イズスミに遊んでもらいました

海信です。

1月10日、11日の日程で、和歌山のホームグラン、古座の藤田渡船に行ってきました。

実は昨年の暮れ(12月30日)の竿納めと1月5日、6日の初釣りも古座に行ったんですが(5日は串本のカセ釣りで6日に磯の初釣りで古座)、30日がアジ1匹で6日がベラ2匹と、まあ、悲惨・・・(^_^;)

ブログ記事にもならないような悲惨な状態でしたが、「今回は、何とかしよう・・・」と、かなり気合を入れてのぞみました。

11日は鯛釣りを試しましたが、チャーリーばかりで撃沈。初日の夕方にイズスミ取って無かったら、また悲惨な釣りになっている所でした・・・笑

潮岬周辺の磯の寒の時期のイズスミは、名物料理「たきたき」の具材として、大変重宝されるもので、2キロから3キロくらいのものが良いとされてます。

まあ、このクラスは引きがかなり強くなるので釣るのも面白いです。ここ最近は、大箱(古座の沖磯)周辺に回っているみたいなので、近々にもう一回!と思います。

image01.jpg
(これの前に、もう一回りデカいのを掛けたんですが、カットグレの7号を伸ばされてしまいました。瀬際で掛けて、一のし目をしのいだだけに、取りたかった・・・)

タグ

2014年1月12日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート

2012年、秋の磯釣りスタート!

海信です。

先月から今月中旬に掛けて、ちょっと色々と忙しかったので、中々釣りに行けませんでしたが、21日と22日の二日間の日程で久しぶりに釣りに行けました。

「和歌山で底物を・・・」とか思いましたが、仕掛けの用意も十分では無いし、こうなると上物ですが、「どうせなら、久しぶりだし、四国にするか・・・」と、いつもお世話になっている中泊のつばめ渡船に電話を入れました。

9月なので、和歌山なら、グレや鯛などの釣果も期待薄だし、「中泊なら何とかできるだろう・・・」と思って連絡しましたが、「まあ、ナンか釣れるやろ・・・」(つばめ渡船船長)という事で、久しぶりに船長とビール飲みたいし、「じゃ、行きます・・・」で行って来ました。

いや、しかし、中泊の磯は、いつもとにかく面白い・・・

何とかできるどころか、どうにもならない相手が1発は当たってくるし、初日は、青物のバラシなどもありました。

こりゃ、悪っちゃん連れて来月もう一回行かないと・・・(^_^;)

image245.jpg
(初日は船からの掛かり釣りで楽しめました、船長が真鯛を掛けたところ・・・)

タグ

2012年9月23日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート

極太仕掛けでイズスミ狙ったらグレばかり

海信です。

2月3日は、またまた和歌山の古座の藤田渡船を訪ねました。

1月30日の釣行では、バラシの具合からモンスター級のイズスミが回っている感じがしたので、何とか一発しとめてやろうと思って、今回はイズスミ狙いで釣行しました。

手ごたえは、どう考えても60cmはあるようなヤツと思えるし、イズスミは歯が強烈なので、この日は8号までハリスを用意しました。と言うわけで、完全にグレ狙いからは脱線もいい所で竿を振ったのですが、当たったのはグレだけでした。。。(^_^;)

(狙ったら釣れんのに・・・怒)

この日、終日5号のハリスで釣りをしましたが、放流分も入れれば10匹ほど釣りました。「仕掛けを太くすると食わない」ってのは、以前からおかしいと思ってますが、またさらに、この思いを強くしました。

ただ、触っただけで食い込まなかったグレはかなりいたので、まじめにグレ狙いをしてりゃ、久しぶりに20発くらい釣ってたかしら・・・

(まあ、たらればです・・・笑)

image30.jpg
(38cmでしたが、5号ハリスなので、タモも要らんかったです・・・笑)

タグ

2012年2月 4日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート

カン付きウキのテスト釣行をしてきました

海信です。

10月27日は先週古座の釣りに初参戦の佐々木君を誘って和歌山のホームグランド古座にまたまた行ってきました。

この日の僕は、11月の中ごろから本格的に始まる上物シーズンを前に、もう少しテストをしておきたい釣りがあったので、それを試して見ました。

具体的には、カン付きのマイナスウキを使用した釣りですが、天狗ウキのように固定で使用するのが良いのか、全層仕掛け(スルスル)にセットした方が良いのか、イメージはあったんですが、現実とのギャップを埋めるように色々とテストしてみました。

釣果は散々だったですが、カン付きウキの感触はつかめたし、このウキが使えれば、ウキのローテーションが仕掛けを切らずに出来るので、ずっと前から「使えるようになったらイイなぁ・・・」と思っていたので、内容のある釣行経験を積むことが出来たと満足してます。

この日は、比較的浅場の釣りメインでやったので、次くらいは、九龍島のような深場のポイントで試して見ます。

2011-10-42.jpg
(佐々木君も今日はちょっと苦戦!ただ、「サンノジと真鯛を釣って見たい」って言うこの日の目標は達成です)

タグ

2011年10月27日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート

やっちゃいけない磯釣りの大事なキモ!

海信です。

明日は釣りに行こうかと思いますが、行くとしても波止釣りの予定なので、のんびりブログでも書こうかと思いました。

和歌山の磯はボチボチと尾長グレの釣果なども聞こえています。尾長を狙いに和歌山へ行くのも良いですが、その前に波止でチヌでも・・・なんて思ってます。

磯釣りに行くにしても波止釣りに行くにしても、僕の場合、標準で「大物」に照準を絞ってます。

大物って言っても上物ですから、大きくて3、4キロってところなんですが、磯竿でこれくらいの大きさの獲物と勝負すると、それなりの引きは感じるし、取り込めば、それなりの満足感はあると思います。

そこで、一発大物を取り込む際の非常に大事な事!逆を言えば、「これ、やっちゃうとダメですよ・・・」って大事な事があるんですが、それを一つピックアップしてみようと思います。

image73.jpg
(「よっしゃ!やったるで~♪」なんて感じで用意をしている様子・・・笑)

タグ

2011年5月 8日

カテゴリー:磯釣り

春の古座 謎の魚と ご対面

海信です。

3月28日は、久しぶりの古座への釣行ですが、古座名物の「謎の魚」とのご対面が実現しました。

謎の魚は、バラしてしまって誰も確認できないから「謎の魚」なワケですが、石鯛、コロダイ、真鯛、イズスミなどの良型から大型と推測されてます。これらは、全てこれまでの釣果で確認できているからですね。

まあ、35cm~40cmのグレがアベレージの和歌山の磯の上物では、ハリスも標準で2号までです。磯魚の外道は、引きは厳しいし走られると瀬に仕掛けが当たって切られるし、3キロに絡むものでアッサリと「謎の魚」って事になります。

この日は、コロダイとイズスミのイイ型が出ました。ちなみに僕はイズスミの方を釣りました。

2011-03-19.jpg
(瀬際に突っ込む良型のイズスミの引きに耐える海信!一番磯釣りの面白いタイミングです。(^_^)v)

タグ

2011年3月29日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート

マイフレンド(磯釣りの外道君)たちをご紹介・・・笑

海信です。

磯へ上物で釣行すれば外道はつき物ですが、中には、グレなんかよりパンチ力があって、釣るだけなら最高に面白いヤツとかもたくさんいます。

まあ、僕の持論ですが、「グレ釣りの道具を使っているので、グレは一番釣りやすいわけで、釣りづらいヤツを釣って楽しむだけなら、外道君たちの方が楽しい・・・」

別にグレにこだわる理由も無いっちゃ無いので・・・笑

image29.jpg
(これは年無しチヌ、こう言う外道はOK!結構強かったです・・・)

タグ

2010年12月27日

カテゴリー:磯釣り

悪食レポート(イズスミ編)

悪っちゃんです。今回、イズスミをいただきました。

冬場のイズスミ料理と言えば和歌山の串本周辺では名物料理。師匠より「一回料理して、食って、レポートしてちょうだい・・・」と言われて、魚スキで食してみました。これが・・・

2010-12-24.jpg

タグ

2010年12月22日

カテゴリー:お友達@かいしんげきWS

古座で五目釣りを楽しんできました

海信です。

12月20日は、僕の和歌山のホームグランド、古座の藤田渡船を訪ねました。

今期の課題「ツボを押さえた釣り」を何とかモノにしたい!天候も悪く無さそうなだし、この日は延長釣りも出来るので「よしっ!行こう!」で、バッチリ数釣りを楽しむ事が出来ました。

2010-12-15.jpg

タグ

2010年12月21日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート