浅海のグレは不調か・・・

浅海のグレは不調か・・・

10月11日に、またまた串本大島の大島フィッシングにグレ釣りに行って来ました。

この日は、釣友のHN悪っちゃんと久しぶりの釣行だったので、楽しみにして現地入りしましたが、天候にも潮にも恵まれず、悪っちゃんとセットでボロボロになって帰って来ました。(笑)

ヤフー天気の予報では、「少雨」の後「晴れ」だったですが、雨は土砂降りで、午後から晴れるはずが一日中小雨か曇りで、しかも西から結構な風も食らったので、お手上げの状態だったです。

グレは、40cmに満たない小型を何とか2匹、アイゴは寸法はやや短いですが、太っていたので、これは「お刺身にして美味しい固体」で、合計4枚で、何とか釣果台には乗せれましたが、午前中から潮は逆だし、雨風で体も心もボロボロだし、この日は完封負けも覚悟しました。(笑)

まあ、悪っちゃんとは長い付き合いで、こんな釣行もコンビで何度も経験していますから、慣れっこと言えば慣れっこですが・・・(ははは・・・)

004.jpg
(グレはともかく、アイゴは、小さいほうが体高の高い個体で、大きいほうは背中の肉が肉厚で、こういうのが美味しいんですね。ちなみに、いかだのアイゴなので、磯のアイゴとは食っているものが違うので、例の「臭み」は、全くありません。)

データーで見る浅海のグレ釣り

2013年の7月2日にスタートした串本の湾内カセのグレ釣りですが、「3年で1000枚の釣果」の目標に、いよいよ近づいて来ました。

ここまで、釣行回数(何回串本大島(大島フィッシング)に行ったか)は71回で、釣行日数は108日(1回行けば、約1.5日に釣りをしていると言うこと)で、グレの総釣果は累計で841枚ほどカウントされています。

今年は、7月に外の浜のカセの熱かったので9日ほど出たんですが、これを除くと全て浅海のグレ釣りで、2015年の10月11日の釣りは、浅海のグレ釣りだけで見ると99回目の釣行でした。

外の浜では、ブリやイズスミに熱を上げていたので、グレ釣りはおざなりになっていたわけで、これがひびいたせいか、ここまでの総釣果を釣行回数で割って、一回あたりの釣果を計算すると7.79枚です。

グレ釣り場といえば浅海なので、浅海の釣行に限って計算をすると8.33枚と、当ブログでは20枚も30枚もグレを持っている姿が目立つかも知れないですが、案外大して釣ってない事が数字から解ります。

ただ、10月、11月は数が出やすいことと、このペース(一ヶ月に10回程度の釣行)を守れば、残り160枚に迫った「1000枚」と言う通過点は、今年中に何とか達成出来そうなペースに持ち込めています。

「三年で1000枚」という事は、期間的には2016年の6月30日まで猶予があるわけですが、「何とか今年中に節目の数字をクリアーしたいなぁ・・・」と考えています。

とは言え、数の出るはずの10月に入って、いきなりグレが不調になってきたのは、なんと言うか、「やっぱり1000と言う数は、簡単じゃないな・・・」と再認識させられていたりします。

5月から7月までの3ヶ月は、どうも調子が出なかったですが、8月、9月でかなり盛り返せたし、「この調子で、10月を乗り切れれば・・・」ってところなんですけどね・・・

10月に入って潮が変だし、グレはやる気がないみたいだし、生みの苦しみを存分に味わっています。

今年はエサトリのメインがアイゴなんですが、ペレットのマキエサの量を増やして、エサトリもグレも一緒に寄せて、アオサでグレだけを抜いていくという僕の基本方針が、ちょっとやりづらかったのも誤算でした。

これまでなら、エサトリのメインはアジとかサバとか子イサギなんかだったので、2014年とか、この作戦で上手く行ったわけですが、今期のようにアイゴがエサトリのメインになると、アオサでも1分持たずに全部取られます。こういう部分でも手を焼いたし、「1000」って言う数字は本当に難しい数字であると再認識させられています。

当日の様子

土砂降りの雨にプラスして、西からの強風と、非常に釣りづらい状況の中での釣りで、しかも、流れも「行ってはいけない方向」に朝一番からいきなり流れているし、潮は低いし、まあ、いわゆる「踏んだり蹴ったり」の状況でした。

とは言え、こういう日でも、15分や30分くらいなら魚が釣れる時間帯があるわけで、何とか10時過ぎの時合いをモノにして、グレは二枚出せました。

今回は悪っちゃんが同行だったので、写真撮ってくれました。

005.jpg
(サイズは小さいですが、貴重なグレなので、大事にやり取りしてます。笑)

006.jpg
(35cmって所でしょうか、本来なら、タモ入れとかしないサイズですが、こういう日は、大事に大事に取り込みます・・・笑)

ここ最近は、アイゴのエサトリがうるさいので、アオサは、少し多めにつけるようにしています。

007.jpg
(このくらい(500円玉の大きさくらい)につけて、エサトリに半分かじらせて、本命に針の部分の最後の一塊を食わせるイメージです)

「アオサはどうやって付けているんですか?」とよく質問を受けるので、画像にしてみました。

午後からは、アイゴが2枚食って来ましたが、グレはほとんど食い気がないみたいで、当たっても針に乗らない感じでした。

と言うわけで、釣果はグレとアイゴで4枚だけだったですが、全て、悪っちゃんのお土産にしました。

008.jpg
(ガシラが可愛いです・・・笑)

現在は、浅海の沖側のカセでブリなどが好調ですが、青物が当たるって事で、潮がグレの潮とは反対向きなのかもしれないです。

深場に行けば、コロダイが今年は好調で、これにブリや真鯛が混じるなど、グレ以外のターゲットは好調な串本のカセですが、次くらいから数を出していかないと、目標に届かないし、ちょっとプレッシャーを感じるようになって来ました。

次は15日からの三連荘なので、何とか、そこでペースを戻したいと思います。

次も頑張ります。(^_^)

注目のフィッシングDVD!

エビ撒き釣り初心者養成講座

年間1トン超の実績は。超攻撃型のエビ撒き釣りから生まれた!ひみつを見たい人はクリック!

エビ撒き釣り初心者養成講座

広告

タグ

2015年10月12日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート