マグロ狂奏曲プラス、ついででグレ釣り

マグロ狂奏曲プラス、ついででグレ釣り

10月24日は、マグロ狙いで串本大島の大島フィッシングを訪ねました。

この秋は、しばらく釣りを封印して仕事の予定でしたが、前回の釣行の翌日くらいから須江沖のマグロが好調になり出して、せっかくだし、「一度体験しておきたい」と思ったので、船頭に連絡しました。

というわけで、24日の釣行になりましたが、マグロ狙いは午前中だけの釣りで、午後からの潮時が、ちょうど、湾内のグレ釣りやメジロ釣りにピッタリだったので、マグロとグレ(メジロ)の二本立てで準備をしました。

結果は、マグロは惨敗でしたが、グレは読みどおりの釣果を得る事が出来ました。

浅海のグレは、秋の雰囲気が出てきたと思います。エサ取りも多いし、小ぶりのサイズが目立って来ました。

前年のこの時期も同じ場所で竿を振っていたので、潮に対する読みも、少し当たるようになって来たし、少しだけ成長を実感できつつある最近ですが、まだまだ理想ははるか向こうなので、ひたすら基本に忠実に竿を振るのみです。

まあ、2年目くらいで天狗になっていたんじゃ、沖は暗いとも思います。(笑)

image020.jpg
(3時間あまりしか時間が無かったし、一本竿でやったので、14枚だけでしたが、グレ狙いだけでやっていたら20枚コースには出来そうな潮でした。まあ、タラレバなので、意味無いですが・・・笑)

マグロ狂奏曲

先月からボチボチと釣れ始めたマグロですが、もう、エライ騒ぎになってます。(笑)

ポイントは須江沖の小割生簀の近くで水深は45m程度。そういう場所で、50キロから80キロクラスのマグロが当たっているわけなので、もう大変な騒ぎです。

問題は、小割生簀の係留ロープが海底に入っているので、それに道具が当たると吹っ飛ばされる点。そのために、このドデカい相手に、最初っからフルドラグで対応・・・とまあ、現在はこんな感じになってます。

image028.jpg

当初は、道糸も、PEラインの8号くらいからスタートしたらしいですが、それが飛ばされるから・・・で、12号に号数をあげ、それも吹っ飛ばされるから、「ワイヤーにしたった・・・」(大島フィッシング船頭)らしいです・・・(^◇^)

なので、ロッドもトローリング用のロッドになっているし、リールは大型電動リールは当たり前。PENNの130も持ってました。。。(一生現場で見ること無い思ってましたが、こんなところで・・・笑)

船釣りの経験は、僕はほとんどありません。

掛かり釣りでマダイやイカなどは狙った事はありますが、「浅海のグレがある程度見えたら、次は、潮岬沖のキハダでも・・・」とか思っていたので、「まだ、グレ釣りは目標まで行って無いし、沖釣りは、まだまだ先の話し・・・」とか思っていたわけです。

しかし、マグロ狂奏曲には、釣られて踊らされました。(笑)

とにかく、道具を考えるにしても、「一回やってみないと・・・」と思ったので、「船頭に、すべてお任せ」でクーラーだけ持参で行くことにしたわけです。

image021.jpg
(貸し道具はこれで「TUNA STICK」と書いてました。ROD(竿)じゃ無くてSTICK(棒)ですから・・・笑)

こっちは船頭の道具。カジキ用ですよね?・・・汗

image022.jpg
(この道具にも、釣行日は一発アタリがありましたが、このド硬いSTICK(ロッドじゃなくて棒でございます。。。)が満月の弧を描きます。PENNのドラグ音も悲鳴に近いような音が飛んできました。笑)

これがエサ。量もハンパ無いです。。。

image023.jpg
(サシエはイカとサバを用意)

水深は45mのポイントですが、船頭の指示ダナはおおよそで28m。魚群探知機で泳層とかも確認しながら釣りを進めますが、30mから下は、かなり魚が居るようで、船頭の話では、「メジロや・・・」。

こういう究極の大物釣りには慣れてないと言うか、どうしても、上物師の血がそうさせるのか、「アタリないから、少し深く入れよう!」(僕)←こういう性根では、マグロは釣れませんねぇ。。。笑

で、メジロは当たって来るんですが、マグロのタックルでは、まるで、磯竿でアジ釣っているみたいな感じです。ほとんど抵抗もなく、これが、ほとんどリールを巻くだけで上がってきます。

image024.jpg
(これの次に10キロ近いブリクラスも取りましたが、面白くなさすぎで・・・^_^;)

結局、例のポーズを取らせれることになりました。。。涙

image029.jpg
(お手上げでした。ただ、4人で竿を出して、僕以外の人は、全員アタリは1回ずつありました。ワイワーの道糸が吹っ飛ばされたり、もう、ひっちゃかめっちゃかで、これは確かに、狂えます。。。笑)

午後からお土産用にグレ狙い

13時の少し前に、浅海奥のグレ釣り場へ行きましたが、この日は、大潮で、「午後から満ちの潮が入るので、おそらく下り潮向きに流れが出るだろう・・・」と思ってました。

この潮が入れば、この時期の浅海のグレ釣りは鉄板です。サシエのアオサも、台風でかなり飛んでましたが、新芽がボチボチと出ていたので、「下り(潮)向きなら、もう、絶対に釣れる!」と思って、カセに乗り込みました。

カセに乗って、親船が離れていって、回りの潮が落ち着いた所で、マキエで潮を見ます。

表層にほとんど流れは無く、風も裏だったし、大潮の干底で水深も1mほど浅くなっているし、円錐ウキの3Bをセットして、遊動部分を5m、ハリスを2ヒロほど取って、8mのタナの前後に道具を入れてみることにしました。

挨拶代わりに少し多めにマキエをして、サシエはアオサで入れてみると、2投目に穂先にコツンと来るアタリ!

もう、マキエで活性を上げてやれば、向こう合わせで引っ手繰っていくはずです。3投目から、ほとんど連発で5枚ほど釣った所で、タナが上ずるようになって来ました。

浅海奥のカセでは、おおよそで9mから12m、15mくらいのタナでアタリを出すわけですが、この日はタナ5mでも、サシエをかすめ取られました。

「コッパグレか、アイゴのチビか・・・」とか思っていると、道糸が走りました。しかし、これが、空振り・・・

しばらくすると、アカジャコが瀕死の状態で浮いてきたので、「さては、さっきのアタリはお前サンか?笑」

この後、ウきのローテーションなしで、16時まで、タナをいじったり、ガンダマをいじったりの程度で、14枚ほどグレを拾うことが出来ました。

スカリは、この日は、大島フィッシングに借りました。

image025.jpg
(後1時間ほど釣りたかった。。。20枚は余裕の感じでしたが・・・)

全て、神経締めにして、お土産にしました。最大で47cmって所です。

image026.jpg

マグロ狙いの「エサトリ君」も、2匹ほど入れて、とりあえず、60リッターのクーラー満タンの雰囲気にしました。

image027.jpg

しかし、このクラスのメジロの親分サイズ(ブリですねぇ・・・)は、磯竿で取りたい!(2号の磯竿がピッタリですよ、かなり楽しいはずですが・・・^_^;)

まあ、しばらく釣りには行かないので、「記念のエサトリ」にしておきます。

注目のフィッシングDVD!

エビ撒き釣り初心者養成講座

年間1トン超の実績は。超攻撃型のエビ撒き釣りから生まれた!ひみつを見たい人はクリック!

エビ撒き釣り初心者養成講座

広告

タグ

2014年10月25日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート