グレのズボ釣りに最適な穂先の考察

グレのズボ釣りに最適な穂先の考察

海信です。

12月1日に続いて、翌2日も浅海奥のカセでグレを狙ってみました。

前日は一日中ぶっ飛んだ潮も、この日は、朝からゆったりとした流れで、グレ釣りにピッタリの潮が一日中流れていました。

ただ、浅海中ではイルカが跳ね、イルカに追われたのか、アジやメジロが浅海奥に入ってきて、青物が入ってきては、グレの活性は思うように上がらない・・・、そんな一日だったと思います。

朝一番で釣れたアジをメジロがバシャっとやったタイミングで、グレ釣りの仕掛けのままつけて放り込みましたが、一発で当たって、一発でサルカンの結束部分からすっぽ抜け・・・(あらら・・・^_^;)

隣のカセは、次の時合いでヨコワが当たったみたいで、60mのフロロの5号を全部取られて、下糸との結束部分で吹っ飛んであらら・・・

「青物だけ狙っていれば・・・」とは少し思いましたが、これが「串本のカセ」でしょう。(何が来るか解らんですねぇ・・・)

青物がいなくなったタイミングでグレはそこそこ口を使ってくれましたが、朝一番での青物のバラシを一日引きずって、気分がイマイチの釣行になってしまいました。

次回は、青物をシッカリ狙ってみようと思います。(^_^)

image006.jpg
(グレは8枚の釣果ですが、バラシがあっては、30点ですねぇ・・・)

グレのズボ釣り用ロッドを比較

浅海奥のグレ釣りは、ウキ釣りとズボ釣りで狙うのが基本ですが、ウキ釣りは、どういうウキををメインで使用すれば良いか?何を揃えておけば良いか?号数は?、形状は?と、色々と考えるべき部分があります。

ウキについては、後日色々と思うところを記事にしようと思ってますが、今回はズボ釣りに使用するロッドについての考察です。

ズボ釣りもウキ釣りと同じように、色々な部分でこだわりを持つ必要があると思いますが、僕は、とりあえず、がまかつの海上釣堀用のロッドで2銘柄揃えてみました。すなわち、「がまかつ海上釣堀 HYPER-SPEC 300」と「がまかつ海上釣堀 GRAND-SPEC 330」ですね。

浅海のグレのズボ釣りはカセの影を狙う釣りで、磯竿を使うよりも、長さが短い海上釣堀のロッドが勝ると思いました。

また、串本のカセは、グレは3キロオーバーが狙えるし、真鯛は10キロも視野に入れておかないといけないし、適度に青物も混ざるし・・・なので、グレだけ狙うなら磯竿の場合なら、1.5号前後でも十分ですが、オールマイティに、色々とこなそうと思うと、磯竿なら2号から3号の号数の選択も視野に入れておかないといけません。

その点、海上釣堀のロッドであれば、真鯛用と言われる長さの3mから3m50cmまでのもので「磯竿の3号の短いもの」と言う感覚だし、3m90cmから4m50cmのもので、おおよそ青物に対応できるようになっていて、磯竿の号数に換算すると4号クラスの短いものになっていると思って大体あってます。

と言うわけで、がまかつで2機種揃えてみたわけですが、この2機種、大きな違いは「穂先」と思いました。

image007.jpg
(こちらは、GRAND-SPEC。0.8号のオモリを乗せて、この曲がりです)

image008.jpg
(こちらは、HYPER-SPEC。0.8号のオモリを乗せて、これだけ曲がってしまいます

口太グレって、やる気十分になった時は、シモリの影から放物線を描くようにしてエサを取りに来ます。このときは、アタリも明確で、磯釣りのフカセ釣りでも、一気に穂先を持ち込むようなアタリを出しますが、食い渋ったりすると、押さえるようなアタリしか出さないと言うか、居食いをするような感じになったりするわけです。

ズボ釣りで、この居食いのアタリまで取りに行こうと思うと、前アタリの後、穂先が跳ね返るようなシャキ感のあるような物ではダメで、ある意味、石鯛竿などに使用されるチューブラーの穂先とかイイのかしら?とかも思わないでもないです。

GRAND-SPECとHYPER-SPECを使い比べて思う事は、0.9の穂先のHYPER-SPECが、穂先の感度は勝りそうですが、GRAND-SPECの場合1.2とHYPER-SPECに比べるとやや太めで、「穂先が違うなぁ・・・」と実感したことです。で、「やっぱりGRAND-SPECやな・・・」と思いました。

GRAND-SPECの穂先は、跳ね返りが少なく、並継ぎロッド特有の2番への連動が見事で、食い込みが非常に良いと感じています。

逆に、HYPER-SPECは前アタリは穂先が細いのでキレイに出ますが、2番からいきなり3号クラスのロッドになるわけで、跳ね返りが強く、居食いの前アタリは、サシエを放してしまう確立が高いです。なので、HYPER-SPECを使用するのであれば、案外4mのものが重宝するかも?と感じました。

スペック表を見てみましょう。

image001.gif
(こっちがGRAND-SPEC)

image002.gif
(こっちがHYPER-SPEC)

モーメント(持ち重り感)は、30cm短いHYPER-SPECが勝りますが、手に取った重厚な感じと、掛けるまでの食い込みのよさ、掛けてからの安定感はGRAND-SPECに軍配が上がります。

まあ、値段通りと見て良いと思います。

また、GRAND-SPECのバット(元竿)のガイドが足高になっていて、これが道糸のべたつきを軽減させてます。通常ガイドがついているHYPER-SPECと同じタイミングで使ってみると、本当にこの違いと良さが良く解ります。(塗装も、ちょっと違うと思います。これは、ボナンザでシッカリと両方のロッドをコーティングして比べてみないと解りませんが・・・)

バットパワーとかは、そんなに変わらないと思うので、HYPER-SPECは、ズボで使うなら、ガイドを付け替えるか(IMガイドが良いと思います)、胴突き仕掛け使用時に限定して使うかと言う結論に達してます。

まあ、時合いになって、やる気のあるグレだけを相手にするなら、HYPER-SPECでも、思いっきり舞い込みますから、めんどくさい事は抜きでも十分ですが。。。(笑)

いかだ釣り用の高級スカリも買ってみました

ここまで、普通のイガミ釣りに使うような磯釣り用のスカリを使っていたんですが、3段のワイヤースカリでも、40cmクラスのグレが10枚入ると、結構な重さになるし、釣れるたびに、水から上げて、魚を入れて・・・を繰り返してやっていると、魚は痛むことがあるかもしれないし、何より、手間が一手間余分に掛かるので、それでなくても忙しい時合いのタイミングに「時間がもったいない・・・」と思ってました。

と言うわけで、いかだのチヌ釣り用のスカリの購入を決めたわけですが、昌栄さんのワイヤービクにしようと思って、フィッシングエイト2で相談した所、「チヌ釣り用の高級スカリがありますよ・・・」と案内されました。

値段は倍くらいしたんですが、これ見ると、もう・・・(^_^;)
(釣り具マニアの心をくずぐられまくり・・・笑)

image009.jpg
TSUKASAちぬHOUSEのスペシャルスカリです。底は径80cmで、青物も入れられます。真鯛もエアー抜きをすれば、どうかな?5キロクラスでも入れれるかも?)

image010.jpg
(取り付けたところですが、こんな感じ・・・。昌栄さんに「ガッチリキーパー」って万力付きのスカリ固定器があるので、それを求めれば完璧かも?)

image011.jpg
(魚が入っている感じです。スペースがゆったりしているので、鮮度が保てると思います。40cmクラスのグレなら50匹でも入ると思います・・・笑)

しかし、スカリに負けない実力が・・・(^_^;)

当日の釣果

この日は、浅海奥は沖側のカセでもグレが良く釣れてました。

image012.jpg
(一番大きいもので45cmクラスですが、かなり太ってます。浅海のグレらしいグレでした・・・)

ちょっと、波止よりのポイントは型が小さめで、数は当たるんですが、大型狙いの場所だけに、今は、沖側のカセの方が熱いかも?

次回は5日に予約を入れましたが、どうなるか?またレポートします。

注目のフィッシングDVD!

エビ撒き釣り初心者養成講座

年間1トン超の実績は。超攻撃型のエビ撒き釣りから生まれた!ひみつを見たい人はクリック!

エビ撒き釣り初心者養成講座

広告

タグ

2013年12月 3日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート