試行錯誤のテスト釣行第一弾

試行錯誤のテスト釣行第一弾

海信です。

8月25日は、グレを狙って、またまた串本の大島フィッシングに行ってきました。

釣りのマニアを自覚する僕は、「自分らしい釣り」の実践に余念がありませんが、浅海波止周りのカセのグレ釣りも、「自分らしい釣りが何か出来ないだろうか?」と思うようになってます。

おそらくウキ釣りスタイルでやるのが自分らしい釣りになると思うのですが、串本流のズボ釣りにも何かヒントがあるのでは?と思って、ズボ用のロッドを一本購入して、早速色々と試してみました。

結果は鯛が二枚にイサギが1匹と惨敗だったですが、「ズボをやらないと解らないこと」が色々とあるはずだし、それが、「自分のウキ釣り」に反映させれると良いものが出来るはずなので、ボーズと言えども貴重な経験でした。

もう少し道具も揃えて色々とやってみます。最終的には定番の釣りに返ってくるとは思ってますが、試行錯誤はまだまだ続きます。

image005.jpg
(天然のチャーリーにご満悦!サイズは小さいですが、嬉しいのは嬉しいです・・・笑)

海上釣堀のロッドで、まずはやってみました

串本のカセのグレ釣りは、常連の多くがズボ釣りで手返しの良い釣り実践して、釣果を上げていることが多いことが解ってきました。

最初は目の前にそびえる浅海の波止の捨石にばかり気をとられていたんですが、海底の状況が解ってきた事や、並んで釣っている常連の釣りなどを観察すると、カセの影(要するに下)にグレをマキエで寄せて、タナの調整でアタリを出していく釣りにメリットが多いことが解ってきました。

ウキ釣りに比べてタナの調整が道糸の出し入れで出来ることや、短めのロッドでカセから近い所を釣りながら、更にロッドが短いので取り回しもよい・・・と、ズボ釣りは良い事尽くめで、「こりゃ、一回やってみないと・・・」。

いつも使っている磯竿も僕の場合、最近使っているロッドはBB-X SZなので、ショートレンジは4m85cmと、ズボ釣りもやってやれないことはないので試してみましたが、「この竿は、ちょっと違うな・・・」

BB-X SZの穂先も、タフテックαなので繊細は繊細ですが、「ここのグレは、この穂先でアタリを取りにいくと、エサを放すのでは?」と見て、もっと繊細で跳ね返りの少ない穂先で、尚且つ胴にシッカリとしたパワーのあるロッドが理想と見て釣具屋(フィッシングエイト2)に相談に行きました。

「グレの他にマダイの大型の可能性があるので、チヌ用とかにするのは危険」ということと、「取り回しの良さや、すれた魚を食わせる繊細な穂先」なども考慮すると、結局「海上釣堀のロッドがよいのでは・・・」って話になって、色々と手にとって見ましたが、がまかつの「海上釣堀 GRAND-SPEC」がズバ抜けていたので、これを一本ワードローブに加えてみました。

結果から言うと、「グレ相手でGRAND-SPECでは強すぎる」と思いましたが、青物を6号のフロロで完全フカセで狙う釣りもあるし、「春先の大鯛狙いか、青物狙いで使おう」って事になりました。まあ、せっかく買ったし、このロッドのことをもうちょっと知りたいので、しばらくはGRAND-SPECで色々と試してみます。

マダイは釣れました

グレも当たるにはあったんですが、この日は潮のコンディションもあまり良くなく、食いが渋かったせいか、掛かりが浅くて針外れになってしまいました。

同行の悪っちゃんは、チヌの筏用の道具で釣ってましたが、この日は、このくらい繊細な穂先で、少し重い目のオモリを掛けて、穂先の跳ね返りを抑えることで、やっと食わせることができるような状況であったと思います。(悪っちゃんには、グレの釣果がありました)

「GRAND-SPECの穂先じゃ、食い込みが悪いなぁ・・・」(食い込み同様に、腕前も・・・と突っ込まれたら、「ごめんなさい・・・(^_^;)」)

おそらく、少し水温が下がるなどの条件があったと思いますが、そうなると、マダイ狙いとかに切り替えるのも「やるべき釣り」だし、西からの強風も手伝って、潮が湾内と言えども走ってしまったので、「こりゃ、グレは厳しい」と判断しました。

というわけで、早々にタナを底に持っていったら、直ぐに鯛は当たりました。

image006.jpg
(50cmあるなしの鯛ですが、養殖筏の脱走兵なので、そう厳しい突っ込みをするわけではありません。曲がりはこんな感じでした)

image007.jpg
(この感じでタメをくれてやるだけで、50cmの鯛が楽々浮いてきます。バットの余力からすると6キロから8キロくらいの青物くらいで勝負!が面白いかな?と思います。ハリスは8号までの適合なので、余裕のスペックでしょう)

image008.jpg
(いっちょ上がり!笑)

image009.jpg
(キレイなマダイには程遠いですが、食べると案外美味しいらしいです。悪っちゃんがいつもお持ち帰り・・・笑)

この他には、チャーリー(チャリコ)とイサギの良型が来ましたが、いずれも、「繊細なアタリを出す代物」には程遠い獲物なので、参考になりませんでした。

ただ、この日の釣行では、「すごく、貴重で大事なこと」が解ったような気がします。次の釣行で更に調べて記事にしていこうと思います。

しかし、グレが出せなかったのは悔しかったです。食いは渋くても、居たのは居たわけで、これを食わせきれなかった未熟が恥ずかしい・・・

更に精進します。(^_^)

注目のフィッシングDVD!

エビ撒き釣り初心者養成講座

年間1トン超の実績は。超攻撃型のエビ撒き釣りから生まれた!ひみつを見たい人はクリック!

エビ撒き釣り初心者養成講座

広告

タグ

2013年8月26日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート