串本のカセ釣りで真鯛釣りを楽しんできました

串本のカセ釣りで真鯛釣りを楽しんできました

海信です。

6月29日は、釣友の悪っちゃんの希望で「カセ釣りに行きたい!」ってことで、色々と、「何処で釣れてる?」「何が釣れてる?」と探し回って、結局、串本の大島フィッシングさんを訪ねてみることにしました。

良型のグレと定番の真鯛の釣りで好調のようで、前日に予約の電話を入れると、グレ狙いのカセは予約でいっぱいと言うことで、真鯛狙いのカセに行くことにして準備しました。

なにせ、僕は、磯釣りの道具しか持ってないので、やれるとしても、「完全フカセ」か3号の磯竿を使っての天秤フカセくらいです。情報では「胴付き仕掛けで食っている」ってことなので、船釣りをする悪っちゃんには、胴付きの準備をするように指示して、さあ、ドタバタ劇の始まりです。(笑)

センカイ(浅海)の真鯛釣りといえば、養殖いかだの脱走兵?の釣りですが、朝のうちにバタバタと釣れて、カセ釣りが大の不得意の僕も悪っちゃんも、何とかボーズ街道を脱出することが出来ました。

尻尾が切れているのは、放流するときに湾内から逃げ出さないようにしているんですかね?昇天すると真っ黒けになる真鯛で、「魚は、なんとも言えんなぁ・・・」とは思いますが、ちゃんと準備して釣りに行くとかなりの数も釣れそうなので、もうちょっと、ここいらのカセには通ってみようかと思います。

image038.jpg
(まあ、2キロ弱のサイズですかね・・・。尻尾が切れているせいか、引きも弱いので、ファミリーフィッシングには最適かも?)

甘く見てはいけない串本湾内のカセ釣り

センカイのカセの真鯛釣りは、まあ、ここいらに釣りに行っている人で、その存在を知らない人は居ないでしょう。

僕の場合、もう少し先の古座まで足を延ばして磯釣りに行くのが定番ですが、カセ釣りにも興味はあるし、どこかのタイミングでシッカリと通って詳しくなりたいな・・・とは思ってました。

船釣りの中小型の釣りの道具で、この釣りにチャレンジするのがイイのも知ってましたが、あえて、「磯釣りの道具で釣りたい・・・」と思って、何回かチャレンジしてます。

さらに、ボーズばっかり食らっていたのは、「どうせ釣るなら天然の真鯛が釣りたい!」にこだわっているから・・・ってのも解ってましたが、今回は悪っちゃんが連れだし、釣り方や理想よりも、釣果にこだわって釣ってみよう!って思って、まあ、うまく行ったというか、こんなもんでしょう。。。笑

養殖いかだの横につけるカセなら、脱走兵真鯛が釣れるのは、実は経験済みで、僕にとっては久しぶりの釣りです。「のっこみ期でもないし、超大型も釣れんだろうから・・・」で、「悪っちゃんが楽しんでくれたら、それでよし!」で釣行しました。

image039.jpg
(とまあ、んなこと言っても、実釣になると、結構真剣だったりします。それで、3枚しかよー釣らんわけで、この釣りに対しての、素質のなさを如実に物語っていたりします・・・笑)

情報戦に勝利することが必勝パターン!と思うけど・・・

串本のカセ真鯛といえば・・・

  • 天秤フカセ
  • 胴付き
  • 完全フカセ

のいずれかで釣るのがパターンです。

苗我島の水道付近にカセを付けた場合は、潮流がめちゃくちゃ早い場合があるので、こういうう時は完全フカセに分があると思いますが、センカイの湾内なら、天秤フカセか胴付き仕掛けの方が釣れるような気もします。

予約を入れる際に、「何処で何を釣るか」と「道具とエサ」をシッカリと情報収集してから釣りに出かけるのが良いと思います。今回は、センカイ中の真鯛釣りで、胴付き仕掛けでエサは中エビ(冷凍ウタエエビ)が良いと電話をしたときに教えてもらいました。

悪っちゃんは船釣りをするので、「胴付きで釣るから準備しておいて・・・」と連絡して、僕も、胴付きで釣ろうと思って、釣太郎で仕掛けを買ったはイイですが、間違えて天秤フカセの仕掛けを買ってしまったので、仕方なしに天秤フカセでスタート。

どうにもならないときは、悪っちゃんに仕掛けを恵んでもらうか、自分で作るか・・・ですが、天秤フカセでも、朝一番は僕が当たったので、そのままでやることにして、途中から、完全フカセも道具を出してみました。

image040.jpg
(遠征3号の中通しの磯竿に両軸リール・・・笑。奥に見える道具は、完全フカセで、磯竿2号に道糸ハリスは4号のフロロカーボンです)

朝一番の時合いで、悪っちゃんがサンバソウや真鯛を連発で釣って、すごく喜んでくれました。

僕の方は、天秤フカセにアタリが2回と完全フカセにアタリが2回で、2回目の天秤フカセに来た真鯛は、ハリスを掴んだときに、針はずれでさよならしてしまいました。(笑)

結局、悪っちゃんと3匹ずつ釣って、「上出来やん、次も、もう一回行こうか!」なんて、ご機嫌で帰りましたが、次は、釣果台に並べきらんくらい釣ったろう!なんて、密かに闘志を燃やしてます・・・笑

image041.jpg

多分、独特の奥の深さのようなものはあると思うし、大島フィッシングさんのスタンプカードもらったし、10回行って、一回タダで乗ってやろう!(^◇^)なんて思いながら、帰りました。

注目のフィッシングDVD!

エビ撒き釣り初心者養成講座

年間1トン超の実績は。超攻撃型のエビ撒き釣りから生まれた!ひみつを見たい人はクリック!

エビ撒き釣り初心者養成講座

広告

タグ

2013年6月30日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート