70㎝オーバーのイズスミ登場!イワシエサのフカセ釣り

70㎝オーバーのイズスミ登場!イワシエサのフカセ釣り

7月31日、8月1日の日程で、串本大島の大島フィッシングにイワシエサのフカセ釣りで大物狙いに行ってきました。

今回は、31日だけの一日釣行の予定でしたが、初日に上手に食わせることが出来なくて、翌日の1日も釣りをすることにしました。で、72㎝、6.5キロの記録物の大型を手にすることが出来ました。

今期の特徴としては、昨年とポイントが変わったこともあり、良型グレがエサ取りになっています。現在は、水の透明度が高いので、水深3mから5mにエサ取りの40㎝クラスのグレが数多く見えますが、中には55㎝(3キロ)クラスの大型口太グレがヒラを打つのが見えたりもします。

僕の今期の狙いは、10キロオーバーの超大型イズスミなので、グレを取りに行っては、釣りがブレるとみて、あえてグレは無視してイズスミの口元にエサを運ぼうとしてます。で、今回は上手い具合に70㎝オーバーが当たってきました。

「10キロオーバーって、そんなデカいのが本当にいるのか?」と疑問に思う人も多いと思いますが、時折ヒラを打つモンスター級の個体は、現実に見たらビックリするような、ド迫力のサイズですよ。

僕は、釣りに「夢」を求めることはありません。

持論ですが、夢って寝ている時に見るもので、夢を語る人の話は、確かに「眠い話」だと思うし、現実に見えているもの(デカいヤツ)を追っかけるのには、「寝ているヒマなんか無い」とさえ思っています。

なので、10キロオーバーのイズスミは、夢でも何でもないですよ。ゲットに向かって猪突猛進あるのみです。(^_^)

11.JPG
(下段左下のグレは47、8㎝はある個体ですが、このくらいのサイズのグレは水中に多数確認できました。せっかくのこのサイズのグレですが、大型イズスミ狙いの14号ハリスにタマミ針の22号で食わしたら、タモも要らないです・・・笑)

大島フィッシング白椿船頭が試し釣り

初日(31日)の釣りでは、大型イズスミの姿も多数確認できましたが、潮がイマイチで食い気が無いのか、上手に食わせることができませんでした。

食い気が無いので、サシエのイワシを切り身にして縫い刺しにすると確率は上がると思いますが、このやり方はアジのエサ取りが強烈なので、エサ持ちが極端に悪いし、潮が変わって大型イズスミがサシエに飛びついてくるような状況になれば、切り身にしないでもイワシ1匹を丸飲みにして来ます。

というわけで、じっと我慢で一日釣りを展開して、見事にボーズを食らってしまいました。(ビッグサイズだけを狙っているので、まあ、仕方ないです)

しかし、グレを釣るなら、「切り身で縫い刺し」は非常に有力。そこで、船頭が様子見を兼ねて、「たくさんグレがいるなら、グレ釣りをちょっとやってみよう・・・」ということで、1日は朝一番から隣にやってきました。

10.JPG
(今回の釣果写真のグレは、実は船頭が全て釣ったものです。僕が釣ったのは、70のイズスミのみでした・・・)

「自分で釣ってみて、お客様に的確にアドバイス」も船頭の大事な仕事・・・ですが、デカいイズスミやグレがめちゃくちゃくたくさん見えるので、二人してヒートアップし過ぎて、非常に賑やかな釣りになりました。笑

二日目のメインタックルは・・・

二日目の現場は、前日よりかなり活性が上がって来て、グレやイズスミがかなりたくさん見えました。

今期のイズスミは、カセの下に隠れるように潜んでいて、中々前の方に出て行ってくれないような状況が続いてます。なので、ロッドの選択は、短くて、柔らかくて、強いモノが重宝するとみました。

というわけで、この日のメインロッドは、アルファタックルのULTRA V10 231にしました。リールは、シマノ OCEA CONQUEST 300HG。で、ラインはPE3号で、リーダー14号を20mほど入れて、針は管付きヒラマサの14号でトライしました。

09.JPG
(写真上の小割の網の下からグレやイズスミが出てきます。小割近辺にはロープが色々と入っているので、出来るだけ強いタックルでチャレンジする必要があります)

今回の72㎝のイズスミは、このタックルに当たってきましたが、食いが渋いので、当たってもロッドが突き刺さるということはなかったです。

サイトでエサを取るイズスミを確認しながら、サシエが消えた瞬間に合わせるような感じで、サシエを口元に持っていくタイミングの取り方が非常に難しかったです。

船頭は、その辺りを非常によく心得ているので、さすがと言うか、グレやイズスミを釣りまくってました。(笑)

僕としては、本当は、磯竿(6号)を使ってイズスミにチャレンジしたいんですが、今は、手前を狙った方が得策になる場合がほとんどなので、長い竿は、この日は控えに回りました。

ついでなので、タックルのアドバイスですが、この釣りは三種類くらいのタックルセットを準備して、チャレンジすると良いと僕は思います。

僕のお勧めは・・・

  • 2m前後のグラスの船竿にラインはPEの3号でリーダー12号から14号を15mから20m
  • 磯竿5号から6号でラインはフロロの12号から14号で通し仕掛け
  • 3m前後のグラスの船竿にラインはPEの3号でリーダー12号から14号を15mから20m

小アジが豊富なので、船竿を二本準備しておけば、飲ませ釣りなどにも対応できます。ポイント的には、ヒラメや青物も出るので、準備しておけば良いモノが取れる時があります。

磯竿の5号から6号は非常にマニアックですが、イズスミのような暴れる魚は、長い竿でいなすようなやり取りも非常に有力です。船竿でトライするよりも、針外れは若干少なると僕は思います。

スピニングリールを用いてウキ釣りも有力ですが、この場合、道糸は、ナイロンラインで8号くらいが良いと思います。(6号でもいけそうですが、ちょっと不安。小割の下に走られたら、それを止めないといけませんが、かなり無理にロッドを絞る必要があります)

ちなみに、3号以下の磯竿は、エサがイワシなので、外道でエイが高確率でヒットしてくるので、しばしばへし折られます。磯竿は5号以上で、出来れば6号が推奨です。

当日の釣果は

結局二日間で大型イズスミ1枚だけでした。(他は、船頭の釣果です。)

まあ、これ(デカいヤツ)を釣りたくて来ているので、これでOKです。(^_^)

08.JPG
(何歳なんでしょうか?鱗に黒い模様が付いてますが、年輪を感じる一枚でした)

次回は、来週、と言いたいところですが、子供たちを連れて浅海へグレ釣りかも知れないです。

今回、「グレはエサ取り」とか偉そうなことを色々と書きましたが、グレを狙う時には、グレを狙って、必死のパッチでやりますから・・・笑

次回も頑張ります。

注目のフィッシングDVD!

エビ撒き釣り初心者養成講座

年間1トン超の実績は。超攻撃型のエビ撒き釣りから生まれた!ひみつを見たい人はクリック!

エビ撒き釣り初心者養成講座

広告

タグ

2017年8月 2日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート