太仕掛けが裏目に出て3枚だけの釣果でした

太仕掛けが裏目に出て3枚だけの釣果でした

海信です。

11月18日も大島フィッシングの浅海カセのグレ釣りに行ってきました。

浅海カセではグレの大型狙いがメインの釣りのため、「仕掛けを落とさない釣り」を展開してますが、今回は、これが裏目に出たと思います。

アタリはあるけど、強烈に食い渋ってかなりチャンスを逃した気がします。

寒の時期の磯のグレ釣りにも僕は精通しているので、この日のグレが食い渋りの状態である事は解ってたんですが、無理やりでも4号のハリスを食わせに行って大失敗・・・(^_^;)

調子の良い時なら、深めのタナにゴツイ道具を入れて、ゴツイのが当たるんですが、この日は上ずって、しかも食い込まない・・・

針を落とすのすらためらって、こっちの言い分を最後まで通しましたが、結局3枚釣っただけに終わってしまいました。

この日は特に「オモリを嫌っている」のが顕著で、持参した道具は0.8号が一番小さな号数だし、どうしようも無かったです。(笑)

次ぎは円錐ウキを持ち込んでフカセスタイルでチャレンジしてみようと思います。(多分、食わせられると思います・・・笑)

image015.jpg
(最後の最後に45cmクラスをゲットですが、4時までの釣りで3時40分に高切れでバラしを食らった後に、爆速で仕掛けを作り直して45分にアタリを拾って、3時50分には魚を〆てました。時合いになるとスピードには自信ありますが、もう少し早く当たって欲しい・・・笑)

ズボフカセを誤解してました・・・

ご存知の方も多いと思いますが、串本流の完全フカセと言えば、フロロの道糸に針一本だけの仕掛けで、水深分だけラインを出して、止めて待つと言う釣り方です。

これにオモリをつけてズボスタイルでフカセ釣りを試みるのが「ズボフカセ」ですが、ここまでの釣りでは、ほとんど底で食いが立ったし、活性の高い時期からスタートしたせいか、「横の意識よりも縦の意識の方がここのグレ釣りには重要かも?」とか思ってました。

しかし、一旦食い渋ると、明らかにオモリを嫌っているし、サシエの取り方も中途半端で、立っている仕掛けに食い込まない症状が明らかに出ていました。「こりゃ、横の釣りをしないと食い込まないじゃん・・・」とか一日中思ってました。(笑)

この日、他の渡船店のお客は結構釣っているんですが、浅海波止に近いカセで食いが立ったと思います。底ではなくて壁に付いているわけで、この状況は寒の時期になるとこうなると常連の大先輩に教わっていました。

底を狙う場合だと、ウキは2号から3号でOKで、大体、浅くて9m(6ヒロ)で、深い場合は20mくらいを釣る事になります。この日食いが立ったのは6m前後のタナで、浅海波止に直ぐ前くらいまで仕掛けが流れてアタリが出ました。

この状況が読みに無かった事は無いですが、「こうも変わるんか・・・汗」なんて愚痴ばっかりこぼれてました。(笑)

底は底で、食い気が全く無かったわけでは無いですが、アタリも無しにアオサのサシエが取られるところを見ると、確かに活性はあったはずが食い込ませることができなかったと見て間違いないでしょう。

まあ、ヘタクソでした。。。(^_^;)

波止側で15時頃から連発したアタリも空振りが多く、聞き合わせで乗せて来るような釣りを強いられたのは、もう、グレがオモリを嫌っていることが明白と言ってイイと思います。

対処は、4B程度の小さめの棒ウキを使用するか、円錐ウキを使用して、軽い仕掛けでゆっくり落とすとかするわけですが、全く、その準備がなかったです。(ズボ釣りのオモリも0.8号とかつけていたし・・・)

ウキ釣りはともかく、これまで僕がやってきたズボ釣りは、まさしく「ズボ釣り」で、「ズボフカセ」ではなかったことに気づきました。ただ、気づいたのが帰りの車の中の反省中の時だったので、時既に遅し・・・(遅過ぎですが・・・笑)

しかし、これだけ渋るなら、ヘラスレとか持参して、1.5号のハリスとか使うべきなのか?とかも考えましたが、「それで50cmを取り込む自信ない・・・(^_^;)」

また、こういう仕掛けに当たるんですよ、イイのが・・・
(そして、また後悔を繰り返すわけです・・・)

まあ、次にフカセ釣りを試してみて、食い渋りの対策を考えてみようと思います。とにかく悔しい・・・笑

image016.jpg
(3枚目を取り込んで記念撮影・・・かなり大きく見えましたが44cmでした・・・)

底狙いと壁狙い・・・浅海のグレ釣りは、簡単に見えてかなり奥が深いことが解った釣行でした。次ぎ、頑張ります。。。

注目のフィッシングDVD!

エビ撒き釣り初心者養成講座

年間1トン超の実績は。超攻撃型のエビ撒き釣りから生まれた!ひみつを見たい人はクリック!

エビ撒き釣り初心者養成講座

広告

タグ

2013年11月19日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート