良潮が回ってグレ21枚の釣果

良潮が回ってグレ21枚の釣果

海信です。

10月27日は、串本の大島フィッシングに、またまたグレ釣りに行ってきました。

連発で来た台風の後で、前々日の夜中には津波騒ぎもあったし、水潮さえ緩和されていれば、この日は「釣れる」と見てました。

ちなみに、津波は、通常の波やうねりと違って、水全体が動くので、にごりが入りやすく、津波の後は良潮になることが多いです。(直後は危険なのでNGですが)

台風の後で、外海はうねりが残っていたはずですが、風は北西でうねりを押し返す風だし、水潮で小鯖でも沸いて、それに青物が付くとかするとグレもNGですが、前日は晴れていたはずだし、「まあ、大丈夫だろう・・・」と思って現地入りしました。

秋になって、型はやや小ぶりのものが増えてきましたが、この日も最長寸は45cmオーバーだし、まあ、合格にしておきます。

しかし、もう少し釣りが上手ければ、後5枚は出せたはず。21枚釣っても、やっぱり満足は出来ないですね・・・笑

image006.jpg
(この日は、底近くで食いがたちました。32、3cmのグレは色が良かったですが、良型の色がイマイチだったのが、少し気がかり・・・)

秋の浅海のグレ釣り

7月から大島フィッシングのグレ釣りに通い始めて3月半くらいですが、この日の21枚で、浅海のグレは累計釣果が100枚を超えたと思います。

50cmオーバーが1枚で、45cmから48cmの大型が全体の1割強、40アップで45cmに足りないサイズは全体の4割程度で、残りが30cmから39cmって所です。

足の裏サイズと手のひらサイズは1枚ずつで2枚しか釣ってません。と言うわけで、ここまでの3ヶ月は、驚異的な良型率だと思います。

「このくらいが普通なんだろうか・・・」

例年この時期から磯釣りでグレを狙いますが、まだまだ水温が高いこの時期は、35cmを越えたら合格って感じで、大半がコッパなんですが、とりあえず、ここまでの3ヶ月は、「コッパを釣る方が難しい」って結果になりました。(笑)

7月、8月、9月と違って、10月は仕事の加減で2回しか釣行できませんでしたが、「タナが深くなった・・・」って言うのが、僕の感想です。

高水温だし、「浮かせて釣ってやろう・・・」と思って、マキエにパン粉を混ぜるなどして、できるだけ上狙う作戦にしてますが、前回も今回も、当たってくるタナは大体18m付近で、底まで3mって所です。全然、浮いてくれません・・・

11月も、どう変わるか、まだまだ粘ってみます・・・笑

午前中は入れ食い状態

この日は、カセの前で、漁師がアジ釣りをしてましたが、順調に釣れてました。

隣の愛丸さんのカセでもアジが当たっていて、当然ですが、僕のポイントもアジだらけ・・・笑
朝一番は、グランドスペックを使用して18mをズボで狙うとアジが釣れたので、「後でメジロ狙いのエサにしよう・・・」でキープして、次を入れますが、やっぱりアジがつつくアタリが出てました。

「置き竿にして、ウキ釣りの道具をセットしよう・・・」で、道糸の撚り取りをしてたら、大事な愛竿のグランドスペックが吹っ飛んでいきました。尻手ロープつけてなかったら、終わってました・・・笑

image007.jpg
(尻手ロープを引っ張って、立て直したら、このグレが付いてました・・・笑)

普通は、グレが寄ればアジは遠慮するんですが、どうも浅海のアジはグレが怖くないようで、このグレの後は、またアジが釣れるし、1mほどタナを上げると、今後はグレだし、忙しい釣りになってきました。

この日は、波止に向かって潮がいい感じで流れていて、ウキ釣りの道具を入れると、少し流れた所でアタリが頻繁に出るので、ズボ釣りの仕掛けもウキ釣りに変えて、「ウキ釣りで二刀流」にしてみました。

image008.jpg
(写真の見えているウキは、磯竿のウキで、グランドスペック側のウキは、撮影するタイミングで沈みました、もう、穂先まで来てます。このまま放置すれば、2回目のグランドスペックのダイブになるところ・・・笑)

結局、弁当までに10枚以上釣れたので、船にあったスカリも借りました。持って来たスカリでは、入りきらないと直感的に思いました。

image009.jpg
(これで、11枚だったと思います。。。)

船頭には、「潮イイし、今日は釣れるだけ釣ってみる」と宣言して、かなり世話しなく釣りをしましたが、11時頃に良型の時合いがあって、45cmオーバーのこの日の最長寸も出ました。

image010.jpg
(用を足しているときに当たって、そのまま根に張り付いたので、引っこ抜いてやりました。笑)

image011.jpg

結局2個目のスカリも6枚入って、12時を回って、満潮の潮止まりになって、「食わんようになったなぁ・・・」と感じていると、そのまま、16時の終了まで、スバリを一回引かされただけで、何もいなくなってしました。

「メジロでも回ったか?」と思って、アジをエサにして置き竿で狙ってみましたが、アタリは無く、このまま納竿としました。

image012.jpg
(30cmから45cmまでで、21枚の釣果。もう一つ釣果台があるんですが、それも満杯にして、乗り切らんくらい一回釣ってみたいと、改めて決意しました・・・笑)

しかし、水温が夏に比べて若干下がってきたせいか、かなり感じが良くなってきたと思います。

寒の時期はイマイチになるらしいですが、もうしばらく、今年は浅海のカセ釣りに通ってみようと思います。

注目のフィッシングDVD!

エビ撒き釣り初心者養成講座

年間1トン超の実績は。超攻撃型のエビ撒き釣りから生まれた!ひみつを見たい人はクリック!

エビ撒き釣り初心者養成講座

広告

タグ

2013年10月28日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート