浅海のグレ釣り2015・スタート!

浅海のグレ釣り2015・スタート!

いよいよ2015年の浅海のグレ釣りをスタートします。

おそらく6月から本格的に釣れはじめると思いますが、道具のテストや状況調査などを兼ねて、5月13日に釣行して来ました。

前日は台風6号の影響で時化でしたが、13日は好天でした。ただ、吹き返しの西風が強く、やや釣りづらい一日でした。

西風に押されて浅海奥のポイントも苗我島方向に流れるかと思いきや、この日は、潮はほとんど流れてくれませんでした。

強風で波気はあるし、潮色も悪くなかったので、「後は、良潮が入るかどうか・・・」と思ってましたが、本命の潮(浅海波止方向に流れる潮)が入ったのが15時30分を回ってからで、16時納竿では、万事休すでした。

まあ、良潮を引っ張れるかどうかも実力のうちなので、言い訳は出来ません。テスト釣行とは言え、2枚の釣果では、罰ゲーム決定でした。。。(^_^;)

008.jpg
一昨年のスタートは2枚昨年は1枚で、今年が2枚。スタートはろくなことがないのかも・・・笑)

スタートはペレットで

僕の浅海のグレ釣りのスタイルは、当ブログでも何度も紹介してますが、ペレットのマキエでポイント全体の活性を上げて、アオサ(海苔)でグレだけを抜いていくと言う独自のスタイルを構築しました。

昨年は、スタート時期の5月6月でも、このスタイルにこだわって、上手くいかなかったので、「今年は、6月いっぱいはペレットのサシエサメインで釣りをしてみよう・・・」とか思ってましたが、今回の釣りで「これは当たっている」と感じました。

具体的な数値は、感覚でお話しますが、おそらく水温が平均で20度を超えてくるまでは、サシエはペレットメインに分があるかも・・・と感じてます。

また、浅海奥のカセの係留ロープにもアオサはほとんど付いてないし、浅海の中央部付近の養殖生簀のブイのアオサも現状では、まだ新芽です。もう少し水温が上がってくると、ここいらに、たっぷりをアオサが茂るわけで、それを待ってから海苔グレはスタートでも良いのかも・・・と感じてます。

まあ、アオサをグレが追い出してからが本格的なスタートになるので、この時期の貧果は、ある程度仕方ないにしても、ペレットでのグレ釣りがヘタクソすぎるから、昨日でも2枚しか出せないわけで、ここいらが歯がゆいところです。

今期の目標は500枚、500キロなので、「ペレットをどう食わせるか」の研究が必須と感じてます。

さて、13日は早朝は串本方向に潮は走ってました。いわゆるダメ潮ですが、西からの風が強いので、苗我島向きのダメ潮対策が、まさに追い風でした。

スタートだし、本命のポイントや潮を釣りたいですが、ダメ潮対策や新しいポイントや釣り方の研究や実践も課題なので、「今日は苗我島向き一本で釣ってみる」ってことにして、腰をすえて釣ることにしました。

情報では、小鯖がてんこ盛りですが、マキエをしても、小鯖は見えないし、どうも、小鯖の活性は低いと見ました。

これは、大型魚が入って小鯖が飛んだか、潮が悪いか、前日の台風で小鯖が非難しているのか、いろいろな理由を考えましたが、どういう理由にしても、サバがいないのは釣り易い・・・笑

道具が立つまでは、エサトリはペレットのサシエを取らなかったので、この日は、少し活性も落ち気味だったかも知れません。

この日は、早朝に干潮が来る長潮で、干潮の潮止まりのタイミングで40cmほどのグレが口を使ってくれました。

009.jpg
(このグレは、白子が入ってました。この時期の白子入りでビックリ・・・)

潮は悪くないと見ましたが・・・

「干潮から満ちの潮が入って、有効な流れに変わる・・・」と言う読みでこの日の釣行予定を決めましたが、満ちの潮では、有効な流れはほとんどありませんでした。

010.jpg

風に押される形で苗我島の方向に、やや道具は流れていきましたが、底潮が引っ張らないので、上潮が滑っているだけの、いわゆる二枚潮のような状態でした。これでは、潮をキッチリ釣らないと成立しないグレ釣りは厳しいです。

12時前に道具の入り方が変わったので、「これは当たるかも・・・」とか思っていると、アオサのサシエをエサトリが取り始めました。

このタイミングで当たったのがイガミで、「この潮でイガミでは、グレは厳しい」と判断しました。

ただ、まだ満潮の潮止まり前ではあるし、「グレが動けば食ってくる・・・」と見て、サシエをアオサからペレットに変更して、ウキ釣りで狙ってみると、やっぱり一発当たって来ました。

011.jpg
(35cmって所ですが、この固体は、猛烈に脂が乗ってました。腹がかなり膨らんでいるですが、こっちに白子が入っているのかと思いきや、入っていたのは、脂の塊でした・・・笑)

このグレを釣ってから、オセン(スズメダイ)が針掛かりしたりして、潮の雰囲気は悪くないと見て、投入を繰り返しましたが、本命のグレは、最後まで口を使ってくれませんでした。

15時30分に魚を〆て、後片付けをしましたが、この時間帯から、やっと有効な潮が入ってきました。遅すぎました・・・

012.jpg
(結局、グレが二枚とイガミの釣果でした。午前中にもう少し潮が動いてくれたら・・・ですが、たらればなので、意味無いですね・・・)

この日良潮が入ったのは、引きの潮の時間帯で入ってきたわけで、完全に読みを間違えた釣りになりました。

昨年秋口のパターンと違うのは当たり前ですが、早急に5月6月のパターンに釣りを合わせて調整していかないといけない・・・と感じました。

来週、潮が逆のパターンですが、一日くらい入れてみようと思います。この日感じた傾向なども、再確認したいし、この時期はダメ潮を必要以上に怖がることも無いような気がします。

まだまだ見えてないことばかり・・・

これだから、釣りは面白いです。(^_^)

注目のフィッシングDVD!

エビ撒き釣り初心者養成講座

年間1トン超の実績は。超攻撃型のエビ撒き釣りから生まれた!ひみつを見たい人はクリック!

エビ撒き釣り初心者養成講座

広告

タグ

2015年5月14日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート