パターンを変えて12枚の釣果

パターンを変えて12枚の釣果

海信です。

11月21日も串本大島の大島フィッシングの浅海奥のカセにグレ狙いで釣行しました。

前回の釣行では、グレはいるにも関わらず、上手に口を使わせることができなかったと悔しい思いをしたので、今回は、ここ最近の状況に合わせる形で、ウキやハリスの長さなどに変化をつけて釣ってみました。

朝一番の時合いは、これがハマってサッサと7、8枚は釣ったでしょうか。その後、有効な潮が来なくて、散発で数枚追加して、終わってみれば12枚の釣果でした。

ただこの日は、12枚で上出来とは全然思えない良潮の日で、針ハズレなどもあったし、食い込ますことができないアタリも結構あったので、もう少し上手であれば、まだ5枚は追加できたと反省してます。

前回は食い渋りが顕著で、「ハリスを落とさないと食わないか・・・」とか思いましたが、「落とす前に、まだ出来る事はあるはず・・・」と思い直して、色々とやってみました。

一番欲しいターゲットは55cm、3キロオーバーのグレです。絶対にいると確信しているし、取れない仕掛けでの勝負は避けたいし、掛けても切られるのは、愚の骨頂とも思うので、ハリスを落とすのは、最後の最後の最後が僕の信条を再確認しました。(ハリスを落とすのは、死んでからでもイイとさえ思ってます・・・笑)

一人くらい、僕みたいなアングラーがいてもイイと思います・・・笑

image017.jpg
(型は少し不満ですが、狙い通りの釣りが展開できる時間は、アタリは頻繁に来ました。まあ、口太グレは、数釣って良型にアプローチして、その延長線上で大型をゲットするのが基本かな?と思ってます・・・)

最近の傾向と対策

11月の中旬を過ぎて、いよいよ防寒着を着用する時期になってきました。(ただ、昼になったら、まだまだジャージ一枚で余裕の暖かさですが・・・)

だんだんと水温が下がってくる時期ですが、最もグレ釣りが面白い18度から20度くらいの時期に来たと言ってイイと思います。

潮の流れによっては、まだまだ高活性だし、かと思えば、有効な流れが入らないで、活性が低くなったと思ったら、エサも触らない・・・と、グレ釣りは、本当に潮次第であることを思い知らされます。

ここ最近の傾向では、浅海の波止に近いポイントで浅め(具体的には3ヒロ~4ヒロくらい)を釣る感じがヒットパターンで、この場合、ウキを5Bから0.8号くらいの軽めのものを使用して、ハリスを少し長め(具体的には2ヒロ~2ヒロ半くらい)にするのが良いかも?と感じてます。

ここまでの釣りでは6ヒロ(9m)から20mくらいを釣る感じで、海底のシモリに付いているグレをペレットで浮かせて口を使わせる感じだったのが、浅海波止の壁に付いているグレを引っぺがす感じに変わってきました。

「水温が下がってくると、浅海波止側がメインになる」と常連に教えてもらってますが、「なるほど・・・」と思うような釣れっぷりで、感じはつかめましたが、流れが有効な流れが入らないと口を使わないし、その場合は、有効な流れを探して、色々なポイントを探る必要があることも解りました。

その際には、ウキのローテーションが重要かな?と感じました。

単純ですが、浅めのタナでの浅海のグレ釣りは、ここでの釣りの平均的な2号のウキの使用では、結構な確立でサシエを放してしまう事が解りました。このため、フカセ釣りの感じで、横を意識すると、やっぱり食いは悪いし、縦を意識しながら、浅めのタナにサシエにサスペンド感(漂う感じ)を演出しようと思うと、「0.5号とか4Bくらいの棒ウキとか使って、ハリスを長めに取るのがイイのかしら?」とか感じてます。

まあ、もう少し、色々な潮を釣ってみて、ここらは確信に導かないとダメですが、まだまだ解らない事が多すぎて、楽しくって仕方ないです。(笑)

10時ごろまで頻繁にアタリが出ました

前回の釣行で、浅海波止近くのポイントに活性を感じていたし、この日は、朝一番から底は狙わずに、波止向きにウキ下6ヒロからスタートすることにしました。

これで、ウキにアタリも無しにサシエがなくなるので、5ヒロにして、アタリは出るけど食い込まない事を確認したので、4ヒロにすると、針掛かりし始めました。

マキエを重ねると、さらに「4ヒロでも深い・・・」感じたので3ヒロにすると、このタナでもヒット!

サシエが残りだすと、また4ヒロに下げて、直ぐにアタリを拾えるなど、頻繁にウキ下を変えて、色々とやってみましたが、有効な潮が入っている間に7、8枚は拾えた感じになりました。

image018.jpg
(フェイスブック用にスカリの写真撮影・・・笑)

昼前から有効な潮が入らなくて、東向きにポイントを変えて手を変え品を変えで色々とやってみましたが、散発で5匹ほど追加して、終了しました。

image019.jpg
(12匹でこのクーラーに収まるようじゃ、サイズがダメですね・・・笑)

次回は、沖側のカセに乗るので、波止側のポイントは攻めれません。底のシモリについたグレをどう口を使わせるか?これが課題で、興味深い釣りが展開できそうです。

次回は24日の日曜日に予約を入れました。

注目のフィッシングDVD!

エビ撒き釣り初心者養成講座

年間1トン超の実績は。超攻撃型のエビ撒き釣りから生まれた!ひみつを見たい人はクリック!

エビ撒き釣り初心者養成講座

広告

タグ

2013年11月22日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート