沖側のカセで良型交じりで10枚の釣果

沖側のカセで良型交じりで10枚の釣果

海信です。

11月24日も串本大島の大島フィッシングにグレ狙いで釣行しました。

大島フィッシングのグレ釣りは、「浅海奥」のカセを使用しますが、カセが二台並んでいて、浅海波止側に位置するカセと、その後ろ(沖側)に設置されたカセのいずれかで釣る事になります。今回は沖側のカセに乗りました。

沖側のカセでマトモにグレを釣ったことが無い僕は、「ここを何とか攻略したい・・・」と考えていたし、ここ最近は、波止側のカセから波止向きにウキ釣りで狙って好調な事も解っていたので、「これは苦戦は必至かも・・・」と思ってました。

しかし、「沖側で底狙いなら良型が狙える・・・」と前向きに考えて、「波止側を攻める事は、この日は忘れよう・・・」で、前日から作戦を練りました。

この日の潮は、一日を通して良潮で底のシモリに付いているグレの活性が上がったタイミングをどう見切れるかどうかがポイントだったと思います。うまい具合に10枚の釣果を得ることができました。

しかし、もう少し上手なら、後3枚は出せたはず・・・まだまだ不満です。(笑)

ゆっくりするのと、満足するのは、死んでからでも遅くないし、まだまだ、もっと釣れる人になりたい・・・。毎日思ってます・・・笑

image020.jpg
(上の段が45cm前後で4枚、下が32cmから42cmまでって感じでしょうか・・・まあ、浅海のグレは体高もあって、肉厚なので、総重量で10キロあるなしってところですね・・・)

マキエに一工夫してみました

浅海のグレ釣りは、マキエもサシエもペレットを使用するのが定番で、ペレットを撒きながらポイントの活性を上げて、潮が入った瞬間に食わせるのが基本的な攻めになってます。

ここ最近は、波止側の浅い所に活性が高い事は解ってましたが、この日は、そのポイントを釣る事は出来ないし、底のシモリに付いているグレを集めて、潮が入ってやる気になった瞬間に口を使わせるのがメインの構想で、「どうやって集めるか・・・」これを考えてました。

水深は25m以上あるし、潮の流れも複雑で、潮が止まっているような時なら、上からペレットをパラパラ撒くだけで、底までマキエが利きそうですが、今回は、思い切って、紀州釣りのダンゴを使って、20mくらいから下にエサを強引に溜め込むような作戦にしてみました。

使ったダンゴエサは、「紀州マッハの深タナ用」で、このダンゴは、20mくらいまでの水深での使用が推奨されているもので、「底で割れなくても、20mの所で割れてくれても、ちょうど良い感じでマキエが出来る・・・」と考えました。

底のシモリにグレが付いている事は明白だし、上の層はアジがたくさんいるので、ペレット単体でのマキエは、20mの水深にマキエが落下するまでに、大半はアジに取られるだろう・・・と思ってます。

なので、アジの層をダンゴで突破して、15mから20mの位置でダンゴが割れて、そこからマキエのペレットが落下していくイメージで、アジ対策をしながらグレを寄せれると考えました。

金魚を飼っている人は解ると思いますが、ペレット系のエサは、「落下していく状態で魚は口を使いやすくなる」わけで、下に沈んでしまったペレットには、あまり魚は興味を示しません。

なので、「落下」が大事なんですが、ダンゴで海底で割ってしまうと、これができないわけで、こうしてしまうと、カニにエサをやっているようなもので、これはいけないとも考えてました。中層でダンゴが割れてくれることが肝心・・・、こう考えてました。

まあ、この日はグレが釣れたので、一応、この作戦が上手く行った様に見えますが、違う要因で食いが立ったのかも知れないし、もう少しダンゴエサの事は調べて、また、当ブログでレポートしたいと思います。

グレは好調

この日の潮は、飛ぶような事は無く、走り始めた潮も直ぐに止まるし、「(潮が)動いて無いとやる気が出ないし、止まるか緩まないと口を使わないグレ釣り」にピッタリの潮と思いました。

下の画像の右上から左下に向かって流れる潮がメインで、この潮が飛ぶと真鯛釣りがよいと思いますが、グレ釣りに良い潮は、波止に向かって突く潮が波止に平行に流れる潮で、本命の潮とは違いましたが、メインの潮は僕が潮下になっているので、「こっちに乗ったら、返ってこの方がいいかも・・・」とプラス思考に考えました。

image021.jpg
(前のカセは、この日はファミリーで使用してました。子供たちは、アジ釣りを楽しんでました・・・)

朝一番から、散発ですが、パラパラとグレを拾えて、午後から良型の時合いがあって、14時ごろにこの日に最長寸が出ました。

image022.jpg
(45cmは楽にあると思います。カセの影を狙って20mまでのタナで食わせました・・・)

結局終わってみたら10枚の釣果で、沖側のカセで初めての二桁釣果にすることができました。

「沖側のカセはズボ釣りがメインでカセの影、底のシモリ狙いがメイン・・・」で狙って良いと思いました。

波止側は波止向きや底のシモリなど、やってみたいことが多いですが、沖側は返って、狙いはピンポイントなので集中しやすいかも・・・と、ちょいと思いました。

まあ、グレ釣りってポイントよりも潮を釣らないと、釣りが甘くなるし、これが解っていると、また次ぎの攻めも色々と構想が広がります。

次の課題は「PEライン」にしました。また、面白いレポートができると思います。マニアの人は楽しみにしておいてくださいね。(^_^)

注目のフィッシングDVD!

エビ撒き釣り初心者養成講座

年間1トン超の実績は。超攻撃型のエビ撒き釣りから生まれた!ひみつを見たい人はクリック!

エビ撒き釣り初心者養成講座

広告

タグ

2013年11月25日

カテゴリー:カセ釣り釣行レポート