浅海のグレ釣り

浅海のグレ釣り

海信です。

最近通っている浅海のグレ釣りについて解説します。

4回のシリーズで、それぞれ・・・

こんな感じで解説していきます。

50センチオーバーも夢では無い浅海波止のグレ釣りは、カセからのグレ釣りなので、磯釣りのグレ釣りとは大いに異なります。具体的には、磯からのグレ釣りがフカセ釣り(横の釣り)であるのに対して、カセからのグレ釣りはウキ釣りかズボ釣り(縦の釣り)で釣ります。

縦が横でも横が縦でも釣れない事は無いですが、ここはマニアックに、ご当地釣法に一味つけて自分の釣りにしたいし、穂先が舞い込むズボ釣りはそれなりの面白さはあるし、棒ウキを使用したウキ釣りは前アタリなど、面白くてワクワクドキドキすることも多いです。

また、浅海波止のグレ釣りは、ネットに出回っている情報が少ないこともあり、僕自身、通い始めた時に、色々な情報検索をしましたが、とにかく解らないことが多い・・・

なので、自分で情報展開をすることにしました。(^_^)

ぜひ、マニアックな浅海のグレ釣りを楽しんでくださいね。

image192.jpg
(手軽の楽しめるのも浅海のグレ釣りの魅力と言えるでしょう)

串本のカセ釣り業者

串本のカセ釣りといえば、真鯛釣りが最もメジャーだと思いますが、マダイの他に、グレは口太中心で大型が出るし、チヌは知る人ぞ知る大チヌ場です(ロク丸狙いの人向けかも・・・)。

また、青物も回遊は頻繁にあるし、大アジ(2キロを超えるものも釣れることがあるとか・・・汗)、コロダイ、ヒラメ、アオリイカ、カワハギ・・・などなど、ファミリーでも楽しめるし、釣り物に困る事はありません。

漁場も広いし、たくさんの業者が営業していることでも有名です。

などなど・・・まあ、全部が全部満員で釣りそびれる・・・って事は、まあ、無いと思います。

グレを釣る場合は、それぞれの業者に釣行前に相談すれば良いと思いますが、大島フィッシング、大祐丸、愛丸、河田フィッシング、フィッシング隼くらいが、比較的釣らせているでしょうか?

真鯛なら何処でも釣らせるとは思いますが、串本のカセ釣りのグレ釣りと言えば、エサがペレットを使用するので、調達の件も含めて釣行前に電話相談されると良いと思います。

image193.jpg
(真鯛を狙っても、本当によく釣れます・・・笑)

湾内の釣りと言うことで、風波には比較的強い釣り場が多いです。また、湾内と言えども、底の形状はかなり荒いし、苗我島の水道は結構な速度で潮が流れます。このため、色々な魚が湾内にも入ってくるし、潮通しも良いので青物の回遊も頻繁にあります。

黒マグロの養殖いかだもあるし、脱走兵が時折当たることもあるとか・・・笑

とにかく、「湾内の釣り」と思って、なめて掛からないようにした方が得策と思います。ビックリするような大物も頻繁に出ているし、「止め切れなかった・・・」と言う話も頻繁に聞こえます。

本項では、グレを中心に狙う情報を展開するので、真鯛や青物の釣りの話の詳述は避けますが、基本的に、20mから25mの水深のポイントでは、完全フカセのハリスは4号を使用し、45mの深場の釣りでは6号のハリスを使って、水深分だけ道糸を出して止めて釣るのが串本流です。

エサは中エビ(ウタセエビの中型)を使用し、上記の完全フカセと串本流の胴付き仕掛けで色々な釣り物を楽しむスタイルが基本です。

まあ、こういう釣りはグレが食わないときにやろうと思います。(笑)

では、事項で、浅海のグレ釣りで使用する、色々な釣り具を見てみましょう。

串本カセ釣りマニア・浅海のグレ釣りサイトマップ

浅海のグレ釣りトップ

浅海のグレ釣り専門ウェブ<串本かせ釣りマニア>

注目のフィッシングDVD!

エビ撒き釣り初心者養成講座

年間1トン超の実績は。超攻撃型のエビ撒き釣りから生まれた!ひみつを見たい人はクリック!

エビ撒き釣り初心者養成講座

広告

タグ

2013年11月17日

カテゴリー:カセ釣り