カン付きウキのテスト釣行をしてきました

カン付きウキのテスト釣行をしてきました

海信です。

10月27日は先週古座の釣りに初参戦の佐々木君を誘って和歌山のホームグランド古座にまたまた行ってきました。

この日の僕は、11月の中ごろから本格的に始まる上物シーズンを前に、もう少しテストをしておきたい釣りがあったので、それを試して見ました。

具体的には、カン付きのマイナスウキを使用した釣りですが、天狗ウキのように固定で使用するのが良いのか、全層仕掛け(スルスル)にセットした方が良いのか、イメージはあったんですが、現実とのギャップを埋めるように色々とテストしてみました。

釣果は散々だったですが、カン付きウキの感触はつかめたし、このウキが使えれば、ウキのローテーションが仕掛けを切らずに出来るので、ずっと前から「使えるようになったらイイなぁ・・・」と思っていたので、内容のある釣行経験を積むことが出来たと満足してます。

この日は、比較的浅場の釣りメインでやったので、次くらいは、九龍島のような深場のポイントで試して見ます。

2011-10-42.jpg
(佐々木君も今日はちょっと苦戦!ただ、「サンノジと真鯛を釣って見たい」って言うこの日の目標は達成です)

早朝はムロアジが釣れたのでメジロ狙いの泳がせ釣り・・・

この日はカン付きウキのテストと言うことで、ライフジャケットのポケットからはいつものウキケースを出してテスト用のウキを10個ほど入れるだけにして見ました。

僕の予想では、「-Bのウキでも、ある程度の流れがあれば、そうめちゃくちゃ深い所までは行かないだろう・・・」なんて想像をしていたんですが、大筋で考えていたことと現実はマッチしていたように感じました。

2011-10-43.jpg
(よっしゃ、潮もよー動いている・・・ご機嫌の海信・・・笑)

通常の円錐ウキに比べて重量もあれば体積も大きいカン付きウキは、魚に違和感無く食わせるのをどうすればいいんだろう?なんて所がイマイチつかめなかったので、「そっか、スルスルでやれば、違和感はかなり緩和できるだろう・・・」なんて思って、スルスル仕掛けにセットして見ました。

この日は北風が結構吹いたので、僕が最初に釣りを始めた大箱の水道は横からの風になります。「この仕掛けは、絶対に古座の風対策には合っている!」と自信があったので、迷わず仕掛けをセットしましたが、これはバッチリでした。

早朝はムロアジが釣れてきたので、「後で、青物をイッチョ狙ってやろう・・・」なんて思って、活かしバッカンにキープしました。このとき、20cm足らずのムロアジの前アタリまでしっかりと伝わってきたし、「意外とカン付きウキは釣りやすいなぁ・・・」とか思いながら、釣りを継続していると、あて潮で際に流れ着いた仕掛けに、強烈なアタリが来ました。

これが、実に3秒足らずでハリスを吹っ飛ばされて、飛ばされた箇所を見ると、ウキ止めのゴムは道糸側につけていたものがハリス側に吹っ飛ばされているし、かなり厳しいツッコミをするターゲットがハリスを吹っ飛ばして行ったことが確認できました。

そこで、後から泳がせ釣りをするつもりだし、ツインパワーSPの2号にローテーションをしました。

「もう一回当たらんか・・・」とか思いながら仕掛けを入れますが、道糸も4号にアップしましたが、横風に負けずに仕掛けは入るし、「おお・・・カン付きウキはエエやん・・・」なんて続けていると、パシっと道糸が走りました。

しかしこれは30cmほどのイサギだったので、このタックルの敵ではありません。これを釣ったところで青物狙いにすることにしました。

ムロアジをつけて、「食われてきてくれ・・・」で送り出します。で、うまい具合に50mくらい真っ直ぐに前に泳いで行ったので、「エエ所に行ったな・・・」なんて思っていると、ムロアジのスピードとは少し違うスピードでラインが出始めました。

「これはナンか来たかも?イカかな?」なんて、ロッドで聞いてみますが、イマイチハッキリしないアタリ・・・

こういうのはメジロかも?なんて思って、リールを巻きに掛かりますが、瀬に当たっている手ごたえがロッドを通じて伝わってきました。

「万事休すか・・・」とか思いながら、とりあえずポンピングで寄せに掛かります。うまい具合に根掛りは外れて、最後の最後に抵抗を見せは始めたのは45センチクラスのヤズ(ツバス)でした。

2011-10-44.jpg

「へぇ・・・、このサイズで体の3分の1近いサイズのムロアジを飲むんか?ってビックリしていることに船頭から電話。。。

「セシマへ変わるか・・・」とのことだったので、道具を片付けて船を待ちました。

セシマへ・・・

セシマは「なんなと当たる磯」ってことで人気のある礁(しま)です。まだ、古座に慣れていない佐々木君にはピッタリですが、この日のセシマはコッパが湧いていたような感じで、ほぼ毎投手のひらサイズのグレが掛かってきます。(ほとんど尾長の子でした)

そういうしていると、僕のタックルにエエ感じのアタリ!

うねりの中やり取りをしてみると40cmのキツ・・・

2011-10-45.jpg
(もうちょっと大きければ楽しいのに・・・なんて思ってセシマのプールで一休みしてもらうことにしました)

橋杭向きに陣取った佐々木君は何か良型を掛けたみたいで、やり取りしてましたが、これが40cmのサンノジ・・・

2011-10-46.jpg
(「サンノジ釣って見たい・・・」だったので、強烈な引きを楽しんでました)

で、終了間際に、小さいですが、「これは一匹持って帰って食べて見ます・・・」って尾長の子をゲットしました。

2011-10-47.jpg
(良型の口太がおらんなぁ・・・って・・・笑)

結局持って上がったのはたったこれだけです。

2011-10-48.jpg
(ヤズとイサギは僕、グレと真鯛は佐々木君の釣果)

小さいながらも鯛はあったし、次くらい九龍島でも行って、深場も試して見ます。

多分、釣れると思うし、大丈夫と思うます。

注目のフィッシングDVD!

エビ撒き釣り初心者養成講座

年間1トン超の実績は。超攻撃型のエビ撒き釣りから生まれた!ひみつを見たい人はクリック!

エビ撒き釣り初心者養成講座

広告

タグ

2011年10月27日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート