コッパの数釣りをしてきました

コッパの数釣りをしてきました

海信です。

4月の26日は和歌山でいつもお世話になっている古座の藤田渡船に上物で釣行してきました。

先週古座に行ったときもコッパグレがボチボチ当たってきたし、船頭も「これからはコッパの数釣りをやりながら、尾長グレの良型(まあ40cm前後です)を目指すのがイイ」なんて事を教えてくれたし、藤原さんのグレ釣りDVDを見たあとでグレ釣りしたくてたまらんし・・、で、迷うことなく、今回はグレ一本に絞って釣行して見ました。

うねりと強風で大変でしたが、何とか30アップで4枚をキープ、放流サイズは14、5枚って感じで、まあ、グレのアタリを出す所まではしっかりと楽しめました。

2011-04-19.jpg
(こう言うサイズが多いんですが、これを釣りながら35cmアップくらいの口太を目指す釣りも有力です。沖磯(大箱、小箱)ならそういう釣りが良いと思いますが、地寄りの磯の場合は、これで十分と思います・・・)

思ったよりうねっていた

この日は、底物アングラーさんなども来られていて、僕を入れて藤田渡船には6人のお客さんがいました。(エギングも二人)

底物狙いを九龍島に降ろして、エギングはしばらく船に乗っているので、「どこ行く?」と船頭に聞かれましたが、結構うねっているので、グンカン、赤島はアウトだし、西よりの風が強くなる予報なので、大箱の水道もモロに風が当たる事も考えられるし、「瀬島でジッと我慢の釣り」にしようと言う事になりました。

瀬島は、勝浦向きも釣り座は取れるので、西風が吹いても特に問題なく釣りは出来ます。

ただ、この島は足場が低いし、大箱向きに結構でっかい沈み根があるので、少しうねるくらいでかなり危険な雰囲気が漂います。まあ、こう言う磯の方が雰囲気はあるんですが・・・(一般的にそうですねぇ・・・)

うねりのため1.5mくらい潮嵩が上下します。しかも、サラシも強烈に出るので、際に仕掛けを馴染ませるのが大変でした。

うねりが息をしたしたタイミング(大人しくなるタイミング)で、上手に仕掛けが際に入れれると、木っ端グレが高確率で当たってきます。

水温が上がってきたからだと思いますが、タナも1ヒロ半くらいでOKなので、出来れば軽い仕掛けで際をトレースさせると、数も型も見込めると思いますが、ドカーンとサラシがでて、一発で10mくらい前まで仕掛けが吹っ飛ばされるし、仕掛けがシッカリと入れれてないことは明白でした。

そこで、藤原さんのDVDで見た、ジンタンの打ち方を思い出して、「そうや、DVDで藤原さんがやってた事を応用してやってみよう・・・」でジンタンを打ちかえると、上手く仕掛けが馴染んで、アタリがまた出始めました。

この時に、30cmを超える尾長グレが来たし、「やっぱ、名人の言うことは違うなぁ・・・」って実感だったです。(笑)

状況は、天候がイマイチだったので良いとは言えませんでしたが、20回以上グレのアタリあったし、小サバやアジの交わし方もDVDで藤原さんが教えてくれた内容を試したら、「すごいヒントだわ、あれ・・・」ってところで目からウロコが落ちたし、行って良かった釣行だったと思います。

気になる藤原さんのDVDはこちらからご覧になってみてくださいね。

当日の釣果

エギングをやっていたご夫婦は、弁当船の前から大箱でグレ釣りに切り替えて、数釣りを楽しんでおられました。

奥さんの記念撮影にお付き合いさせてもらいました。

2011-04-20.jpg
(「日焼けが気になる・・・」なんて言ってましたが、南紀でっせ・・・気にしても無駄です・・・(笑)。どれだけゴッツイ日差しか・・・)

2011-04-21.jpg
(僕の釣果も含めて記念撮影。今日のマルハゲは26cmでした・・・笑。)

余談ですが、古座のマルハゲはデカイです。専門に狙うと30cmオーバーが出ます。

ゴールデンウィークは、グレ釣りも面白いです。アタリは、ほぼ確実に出るので、これからグレ釣りを頑張りたい人や、一回やって見たいなぁ・・・っ入門者とかには、非常に良い季節だと思います。

ぜひとも参考にして下さいね。

注目のフィッシングDVD!

エビ撒き釣り初心者養成講座

年間1トン超の実績は。超攻撃型のエビ撒き釣りから生まれた!ひみつを見たい人はクリック!

エビ撒き釣り初心者養成講座

広告

タグ

2011年4月27日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート