水温上昇傾向か、春の古座はアイゴが好調

水温上昇傾向か、春の古座はアイゴが好調

海信です。

4月23日、24日の二日間の日程で、またまた古座の藤田渡船を訪ねました。

前回の九龍島での釣行では、低水温の影響か、エサトリはほとんど無く、魚が食いついても、居食いで食ってくるので、アタリらしいアタリも無かったので、不完全燃焼もイイところでした。

で、今回は低水温対策として、生オキアミを持ち込むのと、全体的に道具を細く、小さくしてのぞむことにしました。

黒潮の接岸状況などを見ていると古座界隈でも16度ラインに入っているかどうか微妙な所で、古座川の水の影響で低水温になりやすい事なども考えれば、「16度で安定してくれれば期待大」と見てました。

今回は二日間とも沖磯に出ましたが、エサトリも活発になり始めたし、ようやく、上昇傾向と思います。

初日はグレは出ませんでしたが、アイゴが活発でした。

image020.jpg
(42cmと古座の磯にしては小さいチヌですが、当たったのはほとんど1ヒロ、引きはもっさもっさと重いだけで、ノッコミチヌの特徴がよく現れてました。古座でのノッコミチヌの目標は4キロオーバー!まあ、4分の1のサイズでした・・・笑)

初日はチョボ午前中はチョボで様子見

23日の古座は一番船で3人の釣り人が来てました。(最近平日は僕一人が多い・・・^_^;)

この日は北東の風が予想されていて、昼に満潮なので、大箱がポイント的には釣りやすいと思ってましたが、ウネリが無ければセシマなども面白いし、風を背後に受けるならチョボなども良いと思ってました。

他にお客さんがなければ、「大箱でグレ狙って・・・」なんて思ってましたが、2人ほどいたので、彼らに大箱は譲って、僕はチョボに乗って見ました。(セシマはうねりで無理でした)

「ノッコミのチヌとコッパグレがメイン」なんて思っていたので、チョボも頭にはありました。

あまり東が吹くようだと、昨年大型のチヌを釣ったタイ島などもイイかも・・・とか思っていましたが、ウネリもそう大きくは無いし、とりあえず、「気になっているチョボの様子を見るのに、絶好のタイミング!」と思いました。

朝一番は潮が低いし、隣のショチョウ島からのサラシもそううるさくは無かったです。これで、下り潮が動いて、サラシに向かって潮が行けば、ぶつかった所で道具が海底方向に入っていって、こうなると爆釣に繋がることがあります。そういう潮を期待しましたが、潮は全然動かないし、エサトリはてんこ盛り!(^_^;)

ただ、「エサトリの活性がよい事は好材料」と判断して打ち返しますが、そのうちに潮は高くなって、ショチョウ島のサラシがどんどんうるさくなってくるし、仕方が無いので、南西方向のカモメ島に向かって大遠投して釣ることにしました。その1発目に可愛いチヌが・・・笑

image021.jpg
(チョボのチヌは、ショチョウ島の後ろくらいを釣るのがパターンですが、カモメ島の前にもいるとは知りませんでした・・・笑)

上り潮が入ってアイゴが釣れ始めました

チョボの爆釣パターンは、上り潮が入って、それが止まったときなども、グレやサンノジが入れ食いになることなどもあります。昼前から潮は上り方向に動き出して、昼過ぎに止まりました。直感的に、「これは釣れるかも・・・」と思いました。

すると、アイゴがパラパラと食いついてくるようになりました。

image022.jpg

この魚は高水温時に動きが活発なターゲットですが、低水温時でも、潮の状況が良くなれば動きは良くなります。

低水温時の厚みのある固体であれば、内臓処理をキチっとして刺身で頂くと、ビックリするような食味の良さで、釣り師しか知らない珍味かもしれないとも思ってます。

チョボは、アイゴも活発なポイントで、アイゴが釣れる・・・と言う事は、状況は悪くないと見て大丈夫です。ただ、この日は、夕方の潮嵩がかなり低くなるので、水深のあまり無いチョボは14時で打ち切りになりました。

大箱船着へ

上り潮が活発に動いていたので、船頭は「船着でやってみようか・・・」でした。

このポイントは、僕は以前、上り潮が動いているときに、46.5cmの尾長グレを釣ったことがあって、「真鯛を狙いながら、上手く行けば尾長グレを・・・」と考えて、仕掛けを入れました。

ただ、完全フカセの仕掛けをスルスルでセットして、落とし込んで行って2回根掛りをしたので、「底潮は行ってない、鯛も尾長もコリャ期待薄」と判断!

で、際釣りでチヌとグレを狙うことにしました。

船付きの際はべったり引っ付けると、深さは平均で1本(3ヒロ半)で、それ以上落とし込むと根掛りします。しかも、サラシがかなりうるさいので、サラシが息をしたタイミングを上手に狙って道具を入れる工夫が必要です。

開始して、30分ほどで、マキエが利いてきたら、エサトリがパラパラと出始めましたが、上潮は上り向きに行っているし、エサトリの状況から、「何か気配がありそうな・・・」とか思っていたら、こっちでもアイゴが当たってきました。

image024.jpg
(船付きのアイゴの方が、若干型が良かったですが・・・)

この時合いでもう一枚アイゴを追加して、潮が緩み始めたら、当たっても針ハズレで、これが2発連続。

この後、潮が止まって下り潮になってからはエサトリがてんこ盛りで、もう、こうなると船着はアウトです。

結局、終わってみれば、アイゴが5枚とチヌが1匹の貧果でしたが、潮の状況は良くなりつつあるし、翌日の釣りに期待できると感じてました。

image025.jpg

2日間で予定を組んだ場合、二日目に修正がしやすいので、そのメリットを最大限に活かすことを考えて、この日の夜は休みました。

注目のフィッシングDVD!

エビ撒き釣り初心者養成講座

年間1トン超の実績は。超攻撃型のエビ撒き釣りから生まれた!ひみつを見たい人はクリック!

エビ撒き釣り初心者養成講座

広告

タグ

2014年4月25日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート