うねりと水温低下で大苦戦の古座

うねりと水温低下で大苦戦の古座

海信です。

4月16日は、またまた古座の磯で竿を振ってきました。

串本界隈には、磯釣りなら藤田渡船(古座)、串本湾内のカセ釣りなら大島フィッシング(串本大島)に、通っている僕ですが、前日には、大島フィッシングのホームページが更新されていて、橋杭沖のカセ釣りで真鯛の釣果があったことが確認できました。

ちらほらと古座の磯でも真鯛は出ているし、「橋杭から古座にかけて、鯛がうろちょろしている・・・」と予測しました。

さらには、釣太郎さんのブログでは、黒潮が潮岬の直ぐ沖まで迫っていることなども載っていたし、「これは、水温が上がって、上昇傾向かも・・・」とも予測して、「これは、行くしかないやん・・・(笑)」

で、急遽釣行しましたが、行ってみると、全然水温が上がっている雰囲気無いし(っつか、下がっているし・・・涙)、潮は動かんし、うねりはごついし、魚の活性は異常に低いし・・・で、まあ、大変な釣りでした。(^_^;)

サンノジを除いて、釣れた魚は全部「居食い」で、「仕掛けを回収しようと思ったら付いてた・・・(汗)」と言うような状況でした。

まあ、春の磯釣りは、これで普通です。今年の3月の古座が釣れ過ぎだった・・・と思います。

image016.jpg
(魚を前に、ぐっと突き出すようにして写真を撮ると大きく見えるでしょう・・・。持っている手を隠すようにして持つのも、魚を大きく見せるコツだったりします・・・笑)

うねりの中で、九龍島へ・・・

先週末の土日には、九龍島でグレの数釣りと、同じく九龍島では、ヒラスズキのナブラが出たようで、ルアーの人が数本釣っていたことが藤田渡船のホームページに載ってました。

季節的にはコッパグレの数釣りの季節ではあるし、九龍島の釣果は納得です。さらに、ヒラスズキが釣れた・・・って事は、小鯖か鰯でも回ったか・・・、「いずれにしても、状況は良くなりつつある・・・」と、釣果情報からは判断することができました。

前日、前々日は、結構な時化模様だったみたいで、15日の午後から西風、16日は、北風から西風で、「この風で波は落ちるだろう・・・」とも予想して、状況が良い中で、適当に荒れて、それが収まって、「こりゃ、爆釣するかも・・・」とか、妄想していたわけです。釣りに行くまでのワクワク感は中々のモノでした。。。笑

ところが蓋と開けてみると、うねりはかなり残っているし、うねってサラシが出まくったせいか、「水温は15.5度」(西川船頭)とは言ってますが、「もっと低いやろ・・・」(僕の感触)

九龍島は時化日に、どうも上手に釣れません。こういう場合、普通は「大箱に行っていれば・・・」とか思う人も多いかも?ですが、僕は、逆に「時化日の九龍島の攻略法を引き出しに入れたい」とか考えるので、そういう意味では、今回の不出来も有意義な経験の一つにはなりました。

ただ、もうちょっとアタリ欲しかった・・・(^_^;)

image017.jpg
(正月島向きのサラシ・・・汗。このサラシが大人しければ、この時期は、正月島向きの九龍島の奥のポイントで抱卵したグレやノッコミのチヌが狙えます。水温を考えると、そこに行きたかったですが、サラシがデカすぎて無理・・・)

エサトリも、かなり大人しかったです。

一つは低水温でエサトリも活性が上がらないとも思えるし、ヒラスズキがついているなら、これがうろちょろして、のうのうと出てくる根性の座ったエサトリは、ほとんどいません、っつか、居ないのが当たり前・・・

サラシはすごいし、こういうとき、ルアーをやる人ならワクワクしてやるだうけど、僕はルアーフィッシングはしないので、とにかくエサトリがいる層を探しました。

低活性でも、タイミングによっては、エサは取られます。取り方やアタリの出方から、「エサトリはカワハギ」と見てましたが、やっぱり、一発掛かって来ました。

image018.jpg
(針を4号とかにすると、結構釣れるとも思いますが、落としても7号の僕の仕掛けでは、中々掛かりません。次は「がまかつの磯カワハギ」持ち込もうかと・・・笑)

この日は、朝のうちは、潮が全く動かず、「午前中に真鯛狙って、午後から西風に変わったら、赤島向きの際狙いでグレ釣り・・・」と思っていた僕の思惑は、吹っ飛びました。

「潮が動かん・・・」では、真鯛の食いは見込めません。何とか、居つきのチャーリーは食いつきて来ましたが、居食いでアタリも出なかったです。

グレは、当たっても、ウキは持っていくには持って行きますが、「カワハギより、少し多めにシモる程度」のアタリの出し方で、バキューンと来たのはサンノジだけ・・・(サンノジって、ホンマにエエヤツですよ・・・笑)

九龍島の午後からの釣りでは、最近の名物は小型のシマアジですが、この日は、これも無し。

だた、上がりの魚は、35cmのグレで、何とか、お土産としての体裁だけは整えることができました。

image019.jpg
(最近、神経締めを練習してますが、カワハギはバッチリ決まって、色が変色してます・・・笑)

古座は裏磯なので、低水温はある程度仕方ないですが、もう1.5度くらい上がって、安定してくれたら、潮の感じは悪くないと見ているし、もうちょっとなんですけどね。中々思うように釣れません。

まあ、次、頑張ります。(^_^)

注目のフィッシングDVD!

エビ撒き釣り初心者養成講座

年間1トン超の実績は。超攻撃型のエビ撒き釣りから生まれた!ひみつを見たい人はクリック!

エビ撒き釣り初心者養成講座

広告

タグ

2014年4月17日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート