セシマのリベンジ釣行で良型真鯛ゲット

セシマのリベンジ釣行で良型真鯛ゲット

海信です。

3月24日は、予定していた用事がキャンセルになったので、前回の古座の磯釣りで吹っ飛ばされたリベンジを企画して急遽出向きました。

この日の近畿地方は高気圧が広がって絶好の釣り日和。昼から西風がかなり吹きましたが、適度な風で、このくらい吹いて波気が出てくれないと魚の食いも悪いです。(笑)

前日までの3連休は大箱、九龍島などでよく食ったようで、セシマもサンバソウが出てました。

僕の狙いは、ズバリ「セシマの石鯛」でしたが、石鯛は空振り。代わりに良型の真鯛が食ってきました。

道具を入れた感じでは、「ちょっと潮の動きがイマイチ・・・」と見てましたが、鯛が食ったって事は、そうでもなかったのかも・・・

まだまだ、キッチリと潮が見えてませんねぇ。反省です・・・(^_^;)

image036.jpg
(61cm 2.75kgの真鯛。この鯛はコンディションがかなり良さそうです。美味しいですよ・・・笑)

道具の選択を迷う

24日の早朝は、北よりの風で、セシマは(串本)大島向き、勝浦向き、串本向きのいずれでも竿を出せる状況でした。

前日は西風がかなり吹いたようで、この風の影響でうねりもほとんどなく、満潮時に、串本向きの低場でも、ひざ下までしか水は来なかったです。

まずは前回仕掛けを吹っ飛ばされた大島向きから入りますが、マキエが利き出すと、とたんにエサ取り大量発生。

「エサ取りが活発って事は、良型は居ない」と見て、次は串本向きに入りました。

うねりがなく、いつもほど潮嵩もありません。潮色も透明度が増して、こういう場合は、「仕掛けを落とす」が大原則ですが、狙いは60cmオーバーの石鯛なので、午前中はハリスは5号で押し切りました。

とは言え、「落とせば、これはグレは食う・・・」と言うのは、ある程度見えていたので、かなり迷いました。

古座の釣りの場合、グレをメインにするか、「謎の魚」をメインにするかで、釣り自体を二通り用意しておく必要がありますが、どう考えても、グレはかなり食いそうな雰囲気で、回収した仕掛けを見ても、明らかに、9号の針、5号のハリス、3Bのガンダマがグレの食い気を邪魔している事は明らかでした。

と思っている所に、5号のハリスの仕掛けを磯際に入れていたら、ドンっ!とアタリが来ました。

しかし、これが針ハズレ・・・(^_^;)

この後、エサ取りだらけになったので、次は勝浦向きに場所を移動します。

しかし、勝浦向きは、全然雰囲気が無かったので、船着に入って、今度は大箱に向いて仕掛けを入れてみましたが、これにバキューン!とアタリが来ました。

しかし、これも針ハズレ・・・(^_^;)

ただ、この針ハズレは、針に鯛虫(鯛の口の中に要る虫です)が引っ掛かってきたので、「今のは鯛だったか・・・」

魚が居る事がわかれば、後は簡単です。当たった起動を繰り返して、道具の馴染みを微調整するくらいですが、直ぐに40cm級の鯛が挨拶に来てくれました。

image037.jpg
(このサイズは2枚出ました)

「40cm前後で数釣り・・・かな・・・」と思いながら、「まだ、当たりそうだし、タモをもう少し取りやすい位置に・・・」と思って、チャラン棒とタモを手に掛けた所に、強いアタリが来ました。

オープンベールで道糸をとめている指が弾いて糸が出ます。いわゆる、「バチバチバチ」(笑)

しかし、「まあ、鯛やろ・・・」って半分解ったいたので、余裕でロッドを起こして、数回の突っ込みを交わしてタモに入れたのは、60cm級の良型でした。

image038.jpg
(コンディションが非常にいいです。入ってきた鯛で、これは、大型の期待も持てます)

この鯛が出た後、風が南東に変わって、道具もマキエもポイントまで届かなくなったので、また、串本向きに陣取り直して、「あーだ、こーだ・・・」で釣りを展開しますが、やっぱり5号のハリスはダメ・・・

16時を回って、「仕方ないので、少しグレを狙ってみよう・・・」で、ハリスを3号、針を7号に落としたら、アッサリと36cmのグレが食ってきました。

結局、真鯛が3枚とグレが1匹の貧果でしたが、まあ、60cm級の鯛が出たので、とりあえずは良しとします。

image039.jpg

狙いの石鯛は空振りに終わりましたが、次は四国遠征の予定が入っているので、それが終わったら、九龍島の真鯛か、セシマの石鯛狙いで、また古座に行こうと思います。

注目のフィッシングDVD!

エビ撒き釣り初心者養成講座

年間1トン超の実績は。超攻撃型のエビ撒き釣りから生まれた!ひみつを見たい人はクリック!

エビ撒き釣り初心者養成講座

広告

タグ

2014年3月25日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート