春磯で小物釣りを楽しんで来ました

春磯で小物釣りを楽しんで来ました

海信です。

4月29日は釣友の悪っちゃんと二人で古座の磯で、小物釣りを楽しんで来ました。

前日の良型のチヌの釣果があったみたいだったのと、この時期はグレを狙っても良型の気配も薄いし、「とりあえずチヌ狙いで行ってみよう!」って事で藤田渡船を訪れました。

朝一番で前日のチヌの釣果のあった沖磯の「チョボ」に乗れましたが、10時前から風向きが東に振って、この日は10時半ごろが満潮なので、「ちょっと危険」と判断して、弁当船で「タイ島の目」に変わってチヌを狙いました。

タイ島の目は荒れ日に力を発揮する磯ですが、この日の荒れっぷりは中途半端と言うか、うねりは結構ありましたが、魚が中に入ってくるまでのものでは無かったようで、「こうなったら、釣れるもん釣ろう!」でカワハギとかボラとか狙って結構ムキになって釣ってました。(^_^)

まあ、「グレやチヌだけ狙うのが磯の上物釣りでもない」と僕は普段から思っているし、「ダメならダメで何とかするのも実力のうち」だとも思っているし、タイ島の目に一日頑張ることも、こういう機会が無ければ無いだろうし、古座磯マニアの僕としては、「これも貴重な経験・・・」と思えば、「結構有意義だった・・・」とちょっと満足してます。

悪っちゃんはボラと格闘して結構喜んでいたし・・・(^◇^)

「次はキス釣りとかしてみようかしら・・・」、などと悪っちゃんとほざきながら帰って来ました。(笑)

image119.jpg
(チヌ狙いだったので、アートレータ1号でやってましたが、これにサンノジが掛かると、もう強烈です(笑)。昨年、この竿のポテンシャルが知りたくて、サンノジを狙って釣行した経験があるので余裕でした)

チョボはイサギ一発釣れただけでした

前日の28日の土曜日は、悪っちゃんは熊野に鯛釣りに行っていたようで、初めて鯛を釣ったということでご満悦でした。

連荘で疲れも大変だろうから、「やめとく?」って聞いても、「行く・・・」なので連れて行きましたが、悪っちゃんいつも助手席で爆睡なので、「考え見りゃ、疲れもヘチマもないか・・・^_^;」、で、やっぱり寝れるタイミングは全部寝てました。(笑)

とは言え、「延長(日没までの釣り)まで頑張るのは、チョット無理かも?」と思っていたし、「頑張るなら昼寝が出来るところなら、何とかなるかも・・・」とは思ってました。

プラスして、風は東風の予想だったので、「大箱かタイ島なら上手いこと釣りが出来る・・・」と思ってましたが、朝一番はチョボに乗ったので、「14時で引き上げかな・・・」と思ってました。

早朝は北風がまだ少し冷たくて、魚の気配があまり活発でなかったです。エサトリの活性も低いし底付近までサシエが持つので、アタリが出るまでドンドン(仕掛けを)入れて行きましたが、もぞっとしたアタリをあわせると、針の結び目を噛み切られて一発目からバラシでした。

ポイントと潮の状況、それに、ハッキリしないアタリに、乗ったら針の結び目を噛み切ったって事は、「今のはイガミ」と見て間違いなしなので、チョボでイガミが挨拶に来るって事は、「潮はそんなに悪くない・・・」と、こう読みを入れるわけです。(^_^)

しばらくして、道糸がブルっと走って、「よしっ!、ナンか来た」と思ったら、アッサリと針ハズレ・・・(バラシの後に針ハズレです。猛烈に嫌な予感が・・・^_^;)

前日はチヌの釣果があったし、「チヌかな・・・」と思いながら釣りを続けていると、同じようなアタリが来て、次は少し食い込ませてから合わせを入れると、これが35cmほどのイサギでした。

image120.jpg
(塩焼きにしたら美味しいサイズです・・・笑)

この日は10時半ごろが満潮で「満潮からの返しの潮で、さあ、どう出るか?」なんて思ってましたが、9時ごろから天気予報通り風向きが東に変わって、波が足場を洗うようになってきたので、「満潮、耐えれるかな?」とか思ったいたら、直ぐに船頭が来て「場所、変わろか・・・」でした。

タイ島の目で五目釣り

この日の僕はチヌ狙いなので、地寄りの島も色々と頭にありましたが、風が東風の予報だったので、タイ島の目に乗る事は想定内でした。(東風になったら、ここか大箱の西向きかです。それもダメなら導流提・・・)

しかも、ここなら悪っちゃんの昼寝も出来るので、「もう、延長もここで・・・」と腹を据えて釣りを開始しました。

タイ島の目は、昨年(2011年)10月19日に佐々君と来てチヌの釣果があったし、時化れば真鯛やコロダイなども入ってくるポイントです。「一回、時化の日にシッカリと釣ってみたい・・・」と思っていたので、ちょうど良い機会!と思いました。

メインはチヌ狙いなので、タックルは、鱗海スペシャル・アートレータ1号を選択しました。道糸はバーマックス磯のサスペンド系の1.75号、ハリスは、ちょっとゴツイのも当たってくることも予想されるので2号を基準に3号も用意しました。

アートレータの1号は適合ハリスが2号までですが、僕は別に3号でも4号でも、へっちゃらで掛けます。(やり取りには自信があるので、こんなことしますが、参考にする程度でお願いします。大きいのが掛かったらへし折られることがあるかもです・・・笑)

マキエを始めると、直ぐにフグだらけになって、針が何本あっても足りない状況になりましたが、「チヌのポイントにフグはつき物・・・」と思えば、「潮が変われば、何とかなるかも・・・」と、こう考えるのが正しい!←プラス思考です。(正しくないかも・・・笑)

前を釣るとフグだらけ。ハエ根が出てますが、ハエ根の際も2ヒロから下に入れると、針の無い仕掛けが帰って来るような状況です。しかし、1ヒロくらいまでで止めて仕掛けを回収すると、サシエが残ることに気づきました。

要するに「ベタ際の壁狙いなら、何とかなるかも?」と、こう読みを入れるんですが、ブルっと道糸が走って、アイゴが一発食って来ました。

image121.jpg
(「チヌ竿でアイゴ釣ったら、多分イイ釣りになるんじゃないか?」って思ってましたが、瀬際のアイゴ狙いはちょっとロッドが曲がりすぎで、あまり良くないことに気づきました。これ釣った後に、もう少し大きいのが来ましたが、キッチリと逃げられました・・・笑)

同じような釣りを悪っちゃんがやって、直ぐに悪っちゃんもアイゴを釣ったので、「アイゴの時合い」と読みきって次の仕掛けを入れたら、こっちの想像以上のアイゴが当たってしまって、道糸から仕掛けを吹っ飛ばされました。パラソルの出番です。(^◇^)

image122.jpg
(累計2個目のウキ回収・・・笑。使用3回で2個回収なので、やっぱり上物の釣りやるなら、持ってないといけない必需品と思います。回収できたら、ホンマに嬉しいし・・・笑)

このバラシのあと、直ぐに悪っちゃんにもバラシがあって、気配が無くなったので、また、深く仕掛けを入れましたが、やっぱりフグのオンパレードでした。

小一時間程度で、6号の針が売り切れ?になったので、「さあ、どうする?」と思いましたが、ハエ根の上に良型のカワハギやボラが見えるので、「よしっ!フグがいなくなるまでカワハギ狙い、それかボラに遊んでもらう・・・」と作戦を変更しました。

カワハギは1mまでのタナでエサを取っているし、そこそこの数もいると見ました。ハリス2ヒロ直結に結んで、その中に全層仕掛けでセットし、クッション水中から針までは80cmにして、当然ガンダマは打たない仕掛けを作ってみました。針はカットグレの5号です。

マキエを先にして、カワハギが出てくるタイミングに合わせて、仕掛けを水音がしないようにそっと合わせて見ると、バッチリ一発で食って来ました。(^◇^)

image123.jpg
(フカセ仕掛けでカワハギを狙うのは結構難しいので、ナンか妙に嬉しかったです。結局最大28.5センチまでで、4枚だけゲット出来ました)

悪っちゃんはアイゴにボラを釣ってワイワイやってましたが、正午を回って、予定通り気絶タイムに突入になりました。(笑)

14時ごろに船頭から電話で「夕方潮低いし、沖磯にもう一回変わるか?」と連絡がありましたが、「タイ島の延長、一回やってみる」で断って、「夕方にフグがいなくなれば何とか出来る・・・」と粘り強く続けました。

16時を回って、予想通り、フグは姿を消しました。このタイミングでやや沖目に完全フカセで入れていた仕掛けに強いアタリが来ました。

「やっと食わしたっ!」で絞り上げますが、右側の瀬に猛烈な勢いで突っ込むのをアートレータのパワー全開で止めにかかると、今度は足元に瀬に突っ込みました。

これもバットのパワー全開で止めにかかると、アッサリと止まって、「もうちょっと・・・」って感じになったところで、「お前、サンノジやろ?」(←完璧に気づいてました・・・笑)

image124.jpg
(サンノジは2発来ましたが、チヌはボーズ。この竿はサンノジ・スペシャルに名前を変えてもいいかも?です・・・笑)

image125.jpg
(まあ、チヌ竿で釣ったら、ホンマに面白いヤツです。やり取りのいい練習をさせてくれます・・・笑)

結局、ガシラとかチャリコとかタカノハとか色々と来ましたが、悪食の悪っちゃんの食卓にご希望の物だけクーラーにしまって、こんな感じになりました。(^_^)

image126.jpg
(「ボラを食ってみたい・・・」と、まあ、悪っちゃんらしい希望も叶って、いいお土産になりました)

沖磯のグレも、この日はイマイチでしたが、天候が普通なら、30cmから35cm程度で数が出るようです。次は、このグレとか狙ってみたいと思います。

注目のフィッシングDVD!

エビ撒き釣り初心者養成講座

年間1トン超の実績は。超攻撃型のエビ撒き釣りから生まれた!ひみつを見たい人はクリック!

エビ撒き釣り初心者養成講座

広告

タグ

2012年4月30日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート