初釣りに行ってきました!

初釣りに行ってきました!

明けましておめでとうございます。海信です。


恒例の「初釣り」のため、和歌山のホームグランドの古座に行ってきました。低水温とうねりのためコンディションは悪く、新年早々撃沈!(あらら・・・)

とは言え、散発ですが、グレもチラホラと顔を見せてくれました。


2011-01-01.jpg
(今回磯釣り初挑戦のI氏、コンディションが悪い中頑張って初グレゲットです!)

潮色が変わって、いよいよ古座の本領発揮か?

1月3日、初釣りの古座ですが、予報では北の風から北西をメインに昼頃にやや東よりに風が変わってくるとのことでしたが、これがどうも外れだったようです。(帰宅して、ヤフー天気で確認した所、一日北東の風になってました)

釣っている最中は、ほとんど風は無かったので、気にしなかったですが、東よりに風が振ったためでしょうか、だんだんとうねりが高くなって、どうも仕掛けが落ち着かない釣りになってしまいました。

感じとしては、うねりが入って、サラシも強くなり、少し水温が下がった感じだったです。妙なうねりも手伝って、見事に撃沈!まあ、次頑張ります。。。

今回僕が上がったのは九龍島だったので、水温が下がれば真鯛があるかも?で狙ってみましたが、これもハズレ。ただ、底潮が動いて少し活性が上がると、真鯛もでそうな雰囲気はありました。ボチボチ「※古座の謎解き」の時期かしら?

※古座の謎解き

ビックリするような強いヤツが掛かってきては、仕掛けを吹っ飛ばして行きます。謎の魚は、掛けるまでは普通に釣りをしていれば、比較的簡単に遭遇出来るので、それが「謎掛け」。で、その謎を解き明かすために、最強のタックルで挑むのが「謎解き」です。(笑)

謎の魚は、大型のイズスミ、真鯛、石鯛、コロダイ、アオブダイなどと予想されてますが、僕の推測では巨チヌやヒラスズキ、尾長グレなどもあると見てます。バラして初めて「謎の魚」なので、誰も確認できません。言いたい放題です・・・笑

ちなみに、昨年の謎解きでは、5.2キロの真鯛を出せました。瀬際でこれが当たれば、口太グレ狙いの2号以下のハリスでは、チョット厳しいでしょう。ちなみに、僕の謎解きの基本ハリスは6号です。(^_^)v


釣り自慢はさておき・・・笑

潮色が低水温を物語る色に変わってます。

2011-01-03.jpg

右上の画像は、12月の10日にセシマに上がったときの海の色です。青い海で水温が高め(この時の水温は18度台)で、グレ釣りの水温では、一番の適正水温がこの数値だと思います。(場所によっては違ってたりもするとは思いますが・・・)

対して、右下の画像は、1月3日の九龍島の潮色。緑掛かって水温が下がった事を如実に表してます。

2011-01-04.jpg

この色になると、てき面、グレは食いが渋くなるとは言われていますが、古座は古座川が入っているため低水温になりやすく、言ってみれば、ここの魚はこの潮色に慣れている魚たちなので、そんなに気にする事はありません。ただ、今年は、この色になるのが、チョット早いですねぇ・・・(もう一回くらい青くならんかな・・・)

まあ、裏磯なので、この色になればグレも産卵の時期になるわけで、抱卵した大型のグレが狙えるのが、また古座の特徴だったりもします。年末年始の寒波でこうなっちゃったと思いますが、水温が安定するまでチョット食いは渋いでしょうね。いい天気が続けば、週末の三連休とかは期待できそうですね。

当日は、沖磯の大箱、小箱でも、グレは確認できてます。画像は、この日の最長寸44cmのグレ。記念撮影を横からお邪魔しました・・・笑

2011-01-02.jpg

このくらいのグレを狙いながら、外道で当たってくる、石鯛などや真鯛なども狙える季節が来ましたね。今月は積めて行くようにします。

注目のフィッシングDVD!

エビ撒き釣り初心者養成講座

年間1トン超の実績は。超攻撃型のエビ撒き釣りから生まれた!ひみつを見たい人はクリック!

エビ撒き釣り初心者養成講座

広告

タグ

2011年1月 4日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート