古座で44㎝、1.3キロの良型グレ

古座で44㎝、1.3キロの良型グレ

海信です。

久しぶりにニューロッドを1本買ったので、早速2月の14日に和歌山のホームグレンの古座、藤田渡船に釣りに行ってきました。

ニューロッドはBB-X SZの1号ですが、口太グレを釣るのに、おそらくちょうど良いだろうと思って、ワードローブに1本揃えましたが、悲しいかな、不良品だったですねぇ・・・
(元竿と4番の合わせ部分が弱すぎるので、ショートレンジで4番持ったら元竿がストンと落ちます。)

以前テクニウムを購入した時も、ブレーキの不良があったし、「シマノ製品、不良品率高いな・・・」って思わざるを得ないです。

こんなん、最終の検査で弾かれると思うんですが、これが通るようじゃ、ちゃんと製品の検査出来てないな・・・と単純に思います。

しかし、クレームで釣具店に持って行くと、また、要らんもん買うので、それが・・・(^_^;)
(楽しいかも・・・笑)

image006.jpg
(ニューロッドって言っても、毎度毎度BB-Xばっかりなので、新鮮味ないです。次はツインパルサーくらいにしようかしら・・・)

今回もチョボに乗りました

前回の釣行では、今回と同じくチョボで30㎝前後のサイズから37㎝までで数釣りができたので、「これがメインなら、ロッドは1号で十分・・・」と思って、今回も同じ釣りを目論んでました。

今年の古座は、サンノジのサイズが昨年ほどデカくないので、イズスミの大型でも回らない限り、まあ、大丈夫だろう・・・と思って、ここ2回は僕にしては珍しいくらい仕掛けを落として釣行してます。

目論み通りにチョボには降りれましたが、前回ほどアタリの数はなかったです。この日は、少し、グレの食い気も落ちていたようで、ここ最近ベストポイントになっている大箱のワンゴでも、ボーズを食らってました。

この日は、朝の8時30分ごろが満潮で、チョボは水深があまりないポイントなので、満潮の時間帯が一番確率の高い時間帯なので、朝に集中することにしてました。

予想通り、朝の時合いに30㎝オーバーと44㎝(1.3キロ)の良型を引っ張り出すことに成功!

image009.jpg
(2匹とも、この日のアフターフィッシングの鍋の具材になりました・・・笑)

BB-X SZ1号のインプレッション

BB-Xの1号で1.3キロのグレですが、ロッドには、まだまだ余裕たっぷりという感じでした。

image007.jpg

軟調のロッドなので、それなりに重量感は味わえるんですが、あわてさえしなければ、このサイズは1号で余裕です。感覚としては2キロまでなら、BB-X SZなら十分に勝負できると確信しました。

SZで初めて買ったのは、1.2号でしたが、「かなり強い!」と感じていたので、「口太釣りなら1号でおつりがくる・・・」と思ってましたが、思った通りの仕事ができるみたいです。

この日は、午後から風が西に振って、かなり強くなったので、チョボでは横風になったので、釣りずらかったですが、強風の中でも、ブランクスが細いので、風切がよく、従来のロッドほどの疲れは感じないし、ぶれも思ったほどではなかったです。

「やっぱり、イイ竿だ・・・」と感じましたが、不良品はよくないですねl・・・
(運がわるいなぁ・・・とは思いますが・・・笑)

「サンノジを書ければ、ポテンシャルが見えるけどなぁ・・・」と思っていたら、昼からの釣りでは、グレの卦がなくなって、サンノジばっかりでした・・・笑

image008.jpg
(ただ、この日のサンノジは小さかったです。37、8㎝のサンノジで、アベレージと言えば、アベレージなんですが・・・)

まあ、アートレーターの1号で45㎝クラスまでなら、取り込んだことあるし、SZの方が強いので、「取れるやろな・・・」とは思ってます。

午後からは風がでて、波気が出てきたので、ハリスも4号を掛けてみましたが、このハリスを掛けるくらいの方がイイ仕事しそうです。

ただ、スペック表は3号までになっているようなので、伸されると、ロッドがぶっ壊れるかもしれないので、真似するなら自己責任でお願いします。

まあ、ロッドはこのまま修理に出しますが、帰ってきたら、しばらくは、1号で楽しむ釣りになりそうです。

次は、真鯛も1号で狙ってみます。3キロクラスまでなら、イケそうな気がするので、チャレンジあるのみです・・・笑

注目のフィッシングDVD!

エビ撒き釣り初心者養成講座

年間1トン超の実績は。超攻撃型のエビ撒き釣りから生まれた!ひみつを見たい人はクリック!

エビ撒き釣り初心者養成講座

広告

タグ

2013年2月16日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート