2012年初釣りで和歌山の古座に行って来ました

2012年初釣りで和歌山の古座に行って来ました

海信です。

1月6日、7日の二日間の日程で、南紀の古座・藤田渡船に2012年の初釣り釣行をしてきました。

ここ2年ほどは、悪っちゃん連れて3日に初釣りに行ってたんですが、2010年の1月3日は、悪っちゃん、古座(大箱ハナレ)で竿を三分割にされ昨年の釣行では、うねりでバッカンひっくり返されて、「2012年は三度目の正直で身体持って行かれるかも?」とか冗談で話していたら、「今年の3日は止めとこか・・・」になりました。(笑)

というわけで、悪っちゃんは2日に船釣りで撃沈食らったみたいですが、僕は満を持して6日からの2日釣りに賭けましたが、撃沈と大差ない釣果に終わってしまいました。(^_^;)

まあ、延長釣りで2日間、たっぷりと釣り出来たのでOKにしておきましょう。(^_^)

image01.jpg
(初日は、真鯛、青物狙いで九龍島に乗りましたが・・・)

ブリが3匹回っていた・・・らしい・・・

今回の釣りも、年末の四国遠征同様に、どちらか1日は、真鯛狙い、で、もう1日をグレ狙いの計画を、頭の中で描いてましたが、12月は仕事が結構忙しかったので、ゼンゼン釣りにいけてなかったし、予想を付けようにもサッパリ解らない状況でした。

というわけで、いつもどおり船頭任せですが、船頭曰く、「赤島の根にブリが3匹ほど付いてるで・・・」と、不思議な情報をくれました。(ナンで、3匹って解るネン?とチョット思いましたが、船頭の言う事は絶対です・・・笑)

と言うのも、年始の釣り客で九龍島に上がった人にヘダイの釣果があったそうですが、このヘダイを釣り上げるとき、4、5キロクラスのメジロが後を追っていたとか・・・

こういうのを聞くと、僕の釣魂は著しく刺激されるので、「じゃ、九龍島でブリ狙ってみる・・・」と言う話になりました。(^◇^)

と言っても、アジが無いと、多分話しにならないので、朝一番のアジに期待しましたが、結果から言うと、アジが釣れたのは、夕方の4時を回ってからで、「ブリはブリでも、見事な空振り?」に終わった・・・と言うところでしょうか・・・(^_^;)

1月の九龍島は、僕は良型の真鯛を連発した経験があるので、一日真鯛狙いの道具を振りましてましたが、結局35cmくらいの1発だけで、後は手のひらクラスが数匹の貧果に終わってしまいました。

image02.jpg
(このグレは、5号のハリスに食ってきた勇気あるグレです・・・笑)

と言うわけで、翌日期待で九龍島を後にしましたが、もうチョット流れがシッカリしていると、結構釣れそうな雰囲気はありましたけどね・・・(潮の色は良かったと思います)

二日目はグレ狙いでショチョウ島へ

二日目は、もうイッチョ九龍島の真鯛を狙っても良かったですが、寒グレ釣りを今期はしっかりとやってないし、どこかで一日グレを狙う日を作りたかったのもあったので、ショチョウ島でグレを狙ってみることにしました。

image03.jpg
(朝一番はご機嫌な天気でしたが、この後、えらい風が吹きました・・・)

グレ狙いなので、久しぶりに1.2号のBB-X SZをを出しましたが、直ぐにサンノジが遊びに来てくれました。

image04.jpg
(40cm手前くらいでしょうか。軟調のロッドで遊ぶには最適なサイズでしょう・・・)

このサンノジを釣った後から、北東の風がびゅんびゅん吹いてきて、東向きのショチョウ島は、左前方からの風になるので、釣りづらい釣りづらい・・・(^_^;)
(めっちゃ、大箱がうらやましかった・・・)

この風の中、何とか一発引っ手繰るようなアタリを一発ゲットしました。これが、尾長の37cm。

image05.jpg
(まあ、このサイズでも、よく暴れてくれるので楽しいっちゃ、楽しいです・・・笑)

この尾長を釣ったタイミングで風は収まりましたが、東風の後なので、今後は、うねりがやってきました。干潮のタイミングで助かったです。

エサトリは、カワハギとサヨリですが、適度にサシエも残って上がってきます。「何かいるのかも?」と思いながら、居食いのアタリを拾って、これがタカノハ・・・

image06.jpg
(潮溜まりに入れて、記念撮影。このまま、お帰り願いました)

タカノハは通常、潮にやる気のないときとか、急激に水温が下がった時の代名詞ですが、古座の場合は、底までエサが行ったことを意味するので、タカノハが釣れる時は良いことが起こる事が多いです。

そうこう、思っていると、口太がやってきました。

image07.jpg
(32、3cmの何とかキーパー・・・)

釣果がグレ2枚のまま、延長に突入しましたが、前日の延長釣りは全員ボーズ食らったし、ショチョウ島は潮の流れが反対向きで「こりゃ、昨日と同じ(ボーズ)かな・・・」とか思いながら釣りをしていると、4時ごろに余所見をしている所に不意に当たりが来ました。これが道糸から吹っ飛ばされて、あらら・・・

直ぐに仕掛けを作り直して、同じ場所に入れましたが、一発で「当たった!」と思ったら、これがまた、タカノハ・・・(^_^;)
(ありゃりゃ・・・って感じ・・・)

で、次にまた当たって、「ああ・・・この引きはサンノジやぁ・・・」と思っていたら、これが針ハズレでジエンド。。。

この後、エサトリてんこ盛りで、海が「終わりましたよ・・・」って言っているのと同じなので、15分ほど時間ありましたが、潔く道具を片付けました。

当日の釣果

僕が持って上がったのは、これだけです。

image08.jpg
(んん・・・、カワハギはグッドサイズ!・・・笑)

セシマに乗った金山さんの釣果にご一緒させてもらいました。

image09.jpg
(鯛は45cmでした、お見事!)

image10.jpg
(真鯛を持って記念撮影)

大箱は、グレが良く上がってました。

image11.jpg
(アイゴがまだいますねぇ・・・)

image12.jpg
(良型のグレを持って記念撮影)

感じとしては、徐々に上り調子に見えました。これで、底潮が動けばでかいのが回りだすと思いますが、次は16日の予定なので、大物一本で張って見ようかしら・・・

そろそろサンバソウとか出てきても良さそうだし、もう、今期はグレ狙いはしないかも・・・笑

やっぱ、グレを狙うと、バラシがつき物で、切られた事ばっかり思い返します。

注目のフィッシングDVD!

エビ撒き釣り初心者養成講座

年間1トン超の実績は。超攻撃型のエビ撒き釣りから生まれた!ひみつを見たい人はクリック!

エビ撒き釣り初心者養成講座

広告

タグ

2012年1月 8日

カテゴリー:磯釣り釣行レポート