マイフレンド(磯釣りの外道君)たちをご紹介・・・笑

マイフレンド(磯釣りの外道君)たちをご紹介・・・笑

海信です。

磯へ上物で釣行すれば外道はつき物ですが、中には、グレなんかよりパンチ力があって、釣るだけなら最高に面白いヤツとかもたくさんいます。

まあ、僕の持論ですが、「グレ釣りの道具を使っているので、グレは一番釣りやすいわけで、釣りづらいヤツを釣って楽しむだけなら、外道君たちの方が楽しい・・・」

別にグレにこだわる理由も無いっちゃ無いので・・・笑

image29.jpg
(これは年無しチヌ、こう言う外道はOK!結構強かったです・・・)

オンパレード@外道君

イズスミ(イスズミ、キツ)

image20.jpg
冬場のイズスミは魚スキで食べると最高とか・・・)

水温の高い時期の上物の外道の代名詞でしょう。

夏場は「ネコまたぎ」もいいとこですが、冬場の大型の物は、串本周辺では名物料理になるほど、美味しくなる魚です。画像のようなコッパイズスミは、有無を言わせず放流で、もたつくとウ○チが飛んできます。(俗称で「ババタレ」)

ただ、イズスミも、ナンも当たらん様な時は貴重な遊び相手だし、1キロサイズくらいから引きは強烈なので、基本的に僕は嫌いじゃありません。

サンノジ(ニザダイ)

image21.jpg
(食べれない事は無いです。からし醤油で割り下を作って一晩漬け込めば、磯臭さが微妙にいい感じで、日本酒の肴に出来ます)

コイツが、また節操の無い引きをかましてきます。

イズスミがオナガの外道なら、サンノジは口太の外道と、僕は思ってます。

基本的に、グレと、ほぼ同じタナにいますが、浮いてくると、反転したときに白っぽく見えるので、「これはサンノジ」と見切れるようになるまでは、水中の大きな魚の影にワクワクします。

引きは強烈ですが持久力が無く、往生際が非常に良いのが、この魚の特徴です。釣り上げた瞬間のがっかり感が格別です。(笑)

ヤズ(ツバス、イナダ)

image22.jpg
(適当に居てくれたら、ややこしいエサ取りが居なくなるので、少しは居て欲しいんですが・・・)

青物ですから、まあ、走る走る・・・笑

オキアミエサで、大型も時折当たりますが、やっぱり圧倒的に多いのはこのクラスだと思います。

たくさんいるエサ取りが消えて期待大の次の瞬間とかによく当たります。やり取りの最中に、直ぐにヤズと解りますが、稀にしぶといヤツがいて、取り込み至る過程で、だんだんと腹が立ってきます。(エエ加減に諦めろ!って言いたくなる・・・)

このクラスなら1号くらいの磯竿で遊んでもらうのが面白いです。食べても美味しく無いので、貰い手が無いときは、即座にお帰り願ってます。

アイゴ(バリコ)

image23.jpg
(潮が行ってない時に深めに入れれると結構な確立で当たってきます)

これがまた、イカしたパンチ力で愛竿を絞りに絞ってくれます。(シブカミ級は、ですが・・・)

ヒレにトゲがあり、刺されると、病院送りも視野に入れないといけないほど、危険なヤツです。

水温が上昇するとき(まあ5月~7月)くらいに、よく当たってきますが、寒の時期に当たってくる太いヤツは食味が良く、刺身にしてイッパイの肴にすると最高です。

叩くような引き味を見せるのと、ウキが見えてから(要するにあと2ヒロくらい)の所で、横を向くので、中々浮いてこない事が多いです。

群に当たると、ウンザリするほど釣れるのも、この魚の特徴です。

イガミ(ブダイ)

image24.jpg
(やっぱりホンダワラでマニアックに釣らないと、上物で釣っても意味なしと自分では思ってます)

和歌山では、正月前には真鯛よりも値段が高騰すると言われるほど、冬場の食味は良い魚ですが、釣り味は、大したことが無く、まあ、ベラのお化けと、見た目の通りです。(笑)

専門で狙うなら、エサはホンダワラですが、普通にオキアミでもナンボでも当たってくるし、底物の外道などにもなるときがあります。要するに、ナンでも食らうヤツです。。。笑

引きは、もっさもっさと重いだけで、潮裏や底がゴロタのポイントに多く生息していて、初心者でも比較的簡単に釣れます。

ヒブダイ(キバンドウ)

image25.jpg
(遊んでもらうなら、最高のお友達と僕は思ってます。上物仕掛けなら45cm以上が取りづらい・・・)

上物の外道では、最高級に下品な引き味?を見せてくれます。強烈な引きです。と言うわけで、僕は大好きです。(^◇^)

これも見た通りベラのお化けですが、食味は良く、楽天市場などでも売っていたりします。沖縄では、「アーガイ」と呼ばれて、専門に狙う釣りもあるんかな?釣れたら喜ばれる代物と思います。

ヒブダイも雑食で、底物の外道になることも多いです。ウニも食らえば、オキアミも大好きで、僕のホームグランド中泊では、鹿島と言う島で竿を出すと、まあ、必ず一発は「お約束」という事で、当たってきます。

湧いているときに3号くらいの道糸、ハリスで勝負行くと、仕掛けを吹っ飛ばされまくりますから、ウキがもったいないです。(高切れも食らう食らう・・・笑)

まあ、狙わんほうがイイです。

アオブダイ(アオバンドウ)

image26.jpg
(コイツの一発目のパンチ力がまた素晴らしい。ワクワクしますが、姿を見たらホンマにがっかりします・・・笑)

コイツは、とにかくでかくなります。ヒブダイに比べて、やや引きがマシなので、60cmオーバーでも、4号くらいのハリスを掛けておけば、十分に取り込みは可能です。

潮が行かなくなって仕掛けが立つようになってくると当たってくる事が多く、大好きな場所はヒブダイと同じく、ベタ際、それにゴロタの底です。

いい潮が入っている瞬間は、あまり食ってこないですから、そういう点では、貴重なバロメーターです。(要するに、コイツが当たると潮がイマイチ・・・)

ボラ

image27.jpg
(磯ボラは鯛と騙して出しても解らない・・・なんて言われるほど美味しいんですが・・・)

ボラは磯で釣れる物と、波止で釣れるものでは、かなり特徴的に違うものがあります。

波止で食ってくるボラは、基本的には重いだけですが、磯で掛かってくるヤツは「磯ボラ」と呼ばれて、猛烈なパワーで走り回るヤツとかもいます。

食味は、磯で取れたものなら、食べれるのでOKですが、波止で掛かってくるヤツは、そのままお帰りを願うのが得策と思います。

ボラが掛かってしまったら、やり取りではあまり遊ばない事。大型になると、見えてからが結構しぶといし、こいつに暴れ回られると、他の寄せた魚も飛んでしまうことがあるので、強引に寄せて、サッサとタモ入れするか、ハリスを切るかして下さい。

チャリコ(真鯛)

image30.jpg
(小さくても鯛は鯛。このサイズなら小鯛寿司にレッツゴー!笑)

冬場から春先の下りと上りの真鯛は文句無しの食味の良さで、狙えるタイミングはしっかりと狙いたいですが、夏場の小型の真鯛は悪いというわけでは無いですが、もう一つです。

上がってくる瞬間にピンクが非常にきれいで、真鯛の卦があれば、僕はグレをほったらかしにしてもこっちを狙います。

大型が狙える場合は、しっかりと真鯛狙いで釣るのがオススメ。小型は適当にやってれば適当に釣れるので、楽しみながら竿を振ってれば良いです。

タカノハ

image31.jpg
(これが当たると、もう「どうしようもない状況」と判断して外れて無いです)

水温が急激に低下したときや良い潮が入ってないタイミングで当たってくるのがタカノハです。

通説では、この魚はエサをとるのがヘタで、釣れると言うことは、エサを取るのがヘタなタカノハまでサシエが行っていることを意味すると言われています。

要するに、他の釣れて欲しいターゲットは、まるでやる気の無い状況。これが釣れると言うことは、「お前の釣りは、既に死んでいる」(ケンシロウ?)ってことです。

釣れた時の対策は、場所変えが最有力ですが、それがままなら無い時は、ド遠投の底で真鯛を狙うなど、やけくそくらいしか無いです。ただ、低水温が普通の地方地域(例えば古座川が入っている古座など)では、これが釣れても、潮が変わればアッサリとグレが釣れたりすることもあるので、やけくそになるのも適当で・・・笑

ウツボ

image32.jpg
(コイツが当たると文字通り「ドツボ」・・・笑)

磯際に活性が高い場合、時折何かの間違い?で上物仕掛けにウツボが当たることもあります。ご存知の通り、歯が強烈で、普通ならハリスが飛びますが、掛かりが良いと取れてしまいます。

底物で貝類、ヤドカリなどのエサをつけると高確率でヒットします、また、クエ狙いのイカや活きエサも大好きで、とにかく困り物の外道です。

とぐろを巻く力は相当に強いです。ワイヤー仕掛けは、巻き付かれるとほとんどキンクして使い物にならなくなります。しかも、丁寧に針を外してやろうと思っても、もの凄く怖い顔で噛み付こうとします。僕は、磯の上で2時間から3時間程度反省してもらってからお帰り頂く様にしてます。

大型は食味がよく、ハモと同じように骨きりをして鍋で頂くと美味しいとか?特に胃袋が最高の珍味で、かなり美味しいらしいです。

和歌山で釣れて持ち帰る場合、南部にもとやさんと言う鮮魚店があります。ここに釣りの帰りに持ち込んで有料ですが、ウツボもさばいてもらった事がありますが、現在そのサービスをやっているかどうかは不明・・・

ちなみに、もとやさんの一夜干のスルメは死ぬほど美味いです。(^◇^)

ガシラ(アラカブ・カサゴ)

2011-01-12.jpg
(唐揚げか煮つけにすると最高ですが、グレ釣りをしているときにコイツが当たるのは問題ありです)

ガシラは釣り物として非常に人気のあるターゲットですが、グレ釣りをしている時にコイツがあたってくると言う事は望ましい潮が入ってない証拠みたいな物です。

基本的にフセカせている仕掛け(要するに斜めに入っている仕掛け)にはあまり当たって来ず、オモリが重過ぎるとか潮が動いてない状態で仕掛けが立ってしまっているときに良くあたってくると思います。そういう点ではアオブダイなんかも同じで、潮を見る際のバロメーターのような役割をしてくれます。

ちなみに、渡船を使っていくような磯は、専門に狙うとかなり数も方も見込めると思いますが、地磯や防波堤などでも釣れますから、無駄に渡船代使う必要も感じません。サバの切り身でブッコミ釣りが基本ですが、最近ではソフトルアーを使ったマニアックな釣りに人気があります。

アジ

2011-01-13.jpg
(活かしバッカンで活かしているのは、メジロがバシャっとやった時のサシエにするためです・・・笑)

磯釣りでコイツがエサ取りになると、もう、場所換えが最有力な超厄介な代物です。ファミリーフィッシングでは最高に人気ターゲットも、磯釣りのエサ取りの中では最高クラスの厄介者です。

もう、釣れだしたら、大型魚狙いのエサにするか、自分のエサ?にするかです。ちなみに、本気でコイツに湧かれると、タモですくう事も出来ます。(潮下でタモを構えて、潮上にマキエをすれば、1発で30匹くらい飛び込んできます)

まあ、クーラーを持ち込んでいれば、何匹かはキープするのがイイでしょうねぇ・・・。食べて美味しいのは最高クラス間違い無しですから・・・

いずれの外道君も引き味や食味は最高!大好きです。僕は・・・(^◇^)
掛かってくればホンマたのしいです。

注目のフィッシングDVD!

エビ撒き釣り初心者養成講座

年間1トン超の実績は。超攻撃型のエビ撒き釣りから生まれた!ひみつを見たい人はクリック!

エビ撒き釣り初心者養成講座

広告

タグ

2010年12月27日

カテゴリー:磯釣り