磯からの真鯛釣りを考察

磯からの真鯛釣りを考察

海信です。

正月前と言うことで、真鯛を釣りたい人が多いと思います。ナンと言っても、おめでたい魚だし、釣っても食べても非常に美味しいターゲットですからね・・・

image17.jpg
(シマノのでかい方の活かしバッカンでもまともに入らない、こう言う鯛を狙いましょう・・・笑)

磯から真鯛が狙えるポイントや基本は

磯真鯛を狙えるポイントや釣り方は、もちろん実績場が良いし普通の仕掛けで釣れるんですが、一応基本のようなものがあります。

長く釣りをすれば、多分こう言う場所に陣取る事もあると思うし、知っているだけで、引き出しにもなります。まあ、参考にしておいて下さいね。

  • ポイント(釣り場)は潮通しが良いこと
  • 独立磯よりも、半島周りや大島周りの方がポイントになることが多い
  • 水深はタップリあって、底は基本が砂地でシモリが点在するような所が良い
  • マヅメは案外磯際で来る(特にデカイヤツ)
  • カゴ釣り場は、カゴ釣りのタナに合わせて、フカセ釣りをして見る

潮通しの良い場所が、真鯛釣りの場合やっぱり良いです。本流釣りなどが出来る場所が一番良いですが、和歌山あたりでやるなら、本流釣りはあまり無いので、大きな島の先端に陣取れるような場所とかが良いです。

image18.jpg

水深は、できるだけ深いほうが良いと思います。浅い場所で食うこともありますが、狙って釣るなら、どうでしょうね?やっぱり3本(15m)は最低でも欲しいです。

朝夕のマヅメは、結構磯際でデカのが当たる場合があります。真鯛は瞬発力があるので、磯際で当たると、相当な迫力を感じます。めちゃくちゃ面白いです。(^◇^)

際で当たる場合、必ずしも底で当たるわけでも無いです。ウキごと沈めながら探っていくような釣りにすると良いと思います。

また、真鯛狙いに限って言えば、当然、カゴ釣り場は有力なポイントです。

寒グレの時期は、磯も込み合うので、ポイントにあぶれてしまった時や、水温の低下(具体的には14度を切ったようなとき)で活性が上がらないようなときは、専門に狙ってみるなどすると良いと思います。

image19.jpg
(出来るだけ先端に陣取って、潮通しの良いポイントを探る)

磯から真鯛釣り・注意点は

  • とにかくデカいのが当たってくる可能性大なので、その日持っている一番強い道具を使うようにする
  • 潮通しの良い場所で当たってくるデカいヤツは、一気に2、30mくらい走るのもいるので、アワセはオープンベールで・・・
  • マキエは出来るだけたくさん撒くようにする

真鯛狙いで「ハリス1.5号で取りました・・・」とか言っている人は、僕に言わせれば「そうでっか・・・」って感じです。

っつか、せっかく磯竿の限界まで絞り込める相手なのに、かなりもったいないです。磯竿の2号を限界の手前まで曲げた事がある人は、どれだけいるでしょうか?しなり過ぎた竿が「みしっ」て音がするんですが、すごい迫力です。(^◇^)

(初心者の方は、ドラグを若干緩めにして下さい、道具がなくなります・・・汗)

また、大型は当たった瞬間にすごい勢いで走ります。120mくらい流した所で大型が当たったら、150mしかラインを入れてなかったら、下手をすると、全部道糸を持っていかれます。(こう言う場合、強い道具で構えて無いと、本当にこうなります)

推奨は、磯竿は2号、リールはダイワなら3500番以上、シマノなら5000番以上で、道糸は5号~6号(4号は2号の磯竿を限界手間まで曲げると飛びます)、ハリスは6号で、針はカットグレの10号から13号。ウキはLサイズで、ゼロ号からB、3Bくらいでローテーションするのが良いと思います。(丸玉の1~2号が乗るものも重宝します)

鯛は、そうやっかい所に好んで走るわけでは無いですから、ハリスは2.5号とか3号とかでも勝負の形に持ち込めますが、僕はやらないです。ゴツイ仕掛けを食わせることの方が、醍醐味を感じますから・・・(^_^)v

後、マキエは真鯛狙いの場合、できるだけたくさんある方が良いです。と言っても、昼までの釣りなら、ボイルの3キロ判が3枚から5枚で良いと思います。潮が早い場所の場合は多めに、そんなに早くない場合は9キロもあれば、十分と思います。

オキアミのサイズはLサイズを選んでくださいね。真鯛狙いは、でかいサシエの方が良いです。

磯から真鯛釣り・心構え

ただ一つです。

「今日はグレは要らん・・・」

これを宣言して釣りをしましょう。グレに気が行くと、なかなか鯛は難しいと思います。笑

注目のフィッシングDVD!

エビ撒き釣り初心者養成講座

年間1トン超の実績は。超攻撃型のエビ撒き釣りから生まれた!ひみつを見たい人はクリック!

エビ撒き釣り初心者養成講座

広告

タグ

2010年12月26日

カテゴリー:磯釣り