ロッドを持つのは右手か左手か?

ロッドを持つのは右手か左手か?

海信です。

最近、あまり釣りにも行けて無いので、釣行記事があまり書けてません。こう言うときは、これまでに蓄えた知識や経験でブログを書くわけですが、ロッド操作について、ちょっと思っていることを書きます。

ぜひとも参考にしてくださいね♪

2011-02-12.jpg
(おっ?手が逆じゃないか?って鋭い人なら思うかも・・・笑)

ロッドは利き腕で持つほうがイイのか?

これ、賛否両論が多いと思います。僕自身も基本的に、「利き腕で持つ方が良い」とは思いますが、右利きの僕はロッドを普通に持つ手は左手、リールのハンドルは右でいつも釣りをしています。

言っている事とやっている事が完璧に矛盾してますが、この理由は後述します。(^_^)v

さて、ロッドを利き腕に持つ方が良い(あるいは持つべきだ)と声を大にして言っている(言っていた?)のが、徳島を本拠にする阿波釣法の先人たちです。繊細なグレの仕掛けをキッチリと潮に乗せポイントに送り届けるにはロッド操作が重要で、利き腕でない左手でロッドを操作するよりも、右で操作をするほうが良いと言っていたわけです。(今でも言っているかも知れませんが、阿波釣法はもう古臭い感じがして、最近はほとんど情報収集して無いです。だから、最近の事は知りません)

ちなみに、阿波釣法発祥の地と言えば徳島の牟岐大島が「磯釣り大学」とまで言われた所ですが、ここの釣り場は、見事に右でロッドを持つ事を推奨しているって事が解ります。

というのは、チャラン棒をさせる穴が各ポイントで開いているんですが、この穴の右側に立つと、大体釣りやすい位置に立てるようになってます。解りますかね?ロッドが右の場合、マキエは左になるわけで、バッカンの位置は、立ち位置の左側にある方が釣りがしやすいワケです。「さすがに徹底してるなぁ・・・」と感心した事があります。

とまあ、ここまで徹底しているくらいなら、「リールは左で巻いた方がエエんやろ・・・」、で、ナンでも試してみる僕は、当然ですが、ハンドルを左に換え、釣りに行って、見事に三角巻きでバラすわ、トラブルわ、で、あっという間に利き腕(右)でロッド持つことがイヤになった経験があります。(笑)

まあ、普通ならここで、頑張る人ならリールの左巻きを"徹底的に練習する"、それか、あまり頑張るのが嫌いな人だと"諦める"かだと思いますが、僕の場合、"利き腕を換える"ってことを頑張ったいた時期があります。(天邪鬼なので。。。笑)

要するに、「左が右のように自在に動けばイイジャン・・・」この発想になったわけです。

これを考え出してから、箸を持つ手をまずは換えた事があります。プラスして、文字を左で書き、時計は右腕にして、釣りのために、徹底的に左利きになろうとした経験があります。

これをやっていた頃は、当然外で普通に働いていたわけで、「ナンで左で飯食うの?」なんて、聞かれたりしてましたが、「いや、釣りのためにギッチョ(左利き)にならんとアカンねん・・・」なんて言ってました。(^_^)v
(「アホチャウか?」って言われまくってましたが・・・笑)

まあ、3ヶ月くらいで左利きになるのも諦めたんですが(まあ、無理ですから・・・笑)、今でもいい経験したなぁ・・・と思ってます。

ロッドは利き腕で持つ場合のメリットとデメリット

メリットは、ナンと言っても、仕掛けが流しやすいって事でしょうか?ただ、左ハンドルは、大物志向に走ったときに、大物用のリールは大半のリールが右巻きになっているので、この場合はデメリットかしら?(個人的に、デメリットの方が多いような気がします・・・、僕は利き腕がリールのハンドル推奨派かも?笑)

ジギングなど、とにかく、メチャクチャにリールを巻く量が多い釣りは、持久力があって力が入りやすい方の腕にリールのハンドルが来ればよいと思います。(この釣りはロッド操作は、あまり考えなくて良いでしょう・・・)

また、バスフィッシングなどは、かなり正確なキャスティングのスキルが要求されると思います。この釣りは、まあ、利き腕がロッドが良いと思います。

僕がやっている磯釣りは、結構、時間いっぱいまで粘るので、どうしても、体力とか持久力のことまで考える必要があります。

最近、気づいた「利き腕がロッドのデメリット」ですが、長時間釣りをやっていると、だんだんと体が疲れてくるわけで、そうなると、ロッドを持つ手が、だんだんと下がってくるって事に気づきました。

左で竿を持って、だんだんと左手が下がってくるわけです。これが、そうですね・・・、朝一番から釣りを始めて、14時を回った時間くらいから顕著になってきます。

おおよそで夕刻は、ドカンと一発イイのが当たってきやすい時間帯で、不意を突かれる事も多い時間帯です。下がって来た腕に持ったロッドに体感ショック的に衝撃的な当たりが来る!こうなってしまうと思ってくださいね。

この場合、体が反射的に反応して、合わせに掛かりますが、利き腕にロッドの場合、リールのハンドルは、体の内側に付いている事になるので、ライフジャケットのポケットに引っかかって合わせ損なう事がある事に気づきました。

これは、左ハンドルの人も、右ハンドルの人も関係無いです。ロッドを持って、手をダラっと下げてみてください。そのまま肘をたたむようにして瞬間的に合わせようとすると、ロッドを持っているこぶしは体に近い位置を直線的に通る事になります。その時に、リールのハンドルがライフジャケットのポケットの直ぐ横を通るわけで、結構な確立で引っかかります。

だから、最近は、仕掛けを流している所から合わせるまでは、僕は右で操作してます。ガッチリ合わせてから、素早く左に竿を持ち換えるようにしてますが、少しなれてきました。

「ロッドを持ち換える」事のデメリットも競技をやっているような人には、大いに関係ある事かも知れませんが、僕、競技やって無いので関係無いです。


それより、持久戦になって集中力が切れかけたときも、アタリが来たら、直ぐに対処できるようになっておくことの方が重要です。

まあ、こんな話もあると参考にして下さいね。

注目のフィッシングDVD!

エビ撒き釣り初心者養成講座

年間1トン超の実績は。超攻撃型のエビ撒き釣りから生まれた!ひみつを見たい人はクリック!

エビ撒き釣り初心者養成講座

広告

タグ

2011年2月14日

カテゴリー:磯釣り