全層仕掛け、全遊動釣法のウソホント

全層仕掛け、全遊動釣法のウソホント

海信です。

僕のウェブには、全層釣法やフカセ釣りのキモの部分について言及した記事がたくさんあります。アクセス数も比較的多く、まあ、「人気のある釣り」って事が、この事実からも解ります。

この釣り(全遊動釣法)は、「それが出来る状況である事」、それに、「フカセ釣りの本質が理解出来ている事」の両輪が噛み合うと、確かに爆発力があります。非常に魅力的なフカセ釣りの1メソッドである事は間違い無いです。

と言うわけで、また少し、全遊動釣法に付いて書いてみようと思います。

2011-01-11.jpg
(一昨年だったかしら、まとめ買いで一気に揃え時の画像・・・笑)

「誰でも釣れる、ナンでも釣れる」、実は大うそ

「全遊動釣法」という言葉が流行りだしたのは、「○ちゃんの釣りに行こう」と言う釣り番組が、昔、スポンサーがキザクラで、その番組が当時KZ-GTRを大いに宣伝していた頃からだと思います。

このウキのキャッチコピーは「誰でも釣れる、ナンでも釣れる」で、この釣り番組の主人公の○ちゃんが、このウキを使って、確かに色々と釣ってました。

まあ、「確かに、この人でも釣れるんなら、誰でも釣れるんかしら?」とか思わないでも無いですが、誇大広告もいいとこです。

一つ言っておきますが、キザクラの全層タイプのウキは確かに優れものです。他メーカーのものや名人ウキに比べても遜色が全く無い非常に優れたウキで、僕も、もう、何年も前からキザクラのウキしか使ってないです。(価格は安いし、バリエーションも豊富で、言うことなしです)

ただ、「誰でも釣れるんなら、俺も買ってみよう・・・」で、使い切れずに根掛かりばっかりして大事なウキをなくしてしまった人は、かなりたくさんいると思います。ここいらが、キャッチコピーに騙されたお客さんです。号数が「B」とかかいてあれば、Bのガンダマ打つでしょうからねぇ。たとえ"潮が流れていなくても"・・・

このウキの特徴は、サシエの自然な落下を演出しやすい点が通常のウキに比べてやりやすいことが最も特徴的だと思います。すり鉢型の潮受けストッパー(クッション水中)の形状も、このウキが発売されるまでは、他に類を見なかったと記憶してます。この二つをセットして、大いに力を発揮するウキだと思います。(クッション水中は、ゴムチューブでもOKはOKなんですが・・・)

このクッション水中で潮を捕まえて、ウキ自体は横を向いたウキなので、仕掛けが斜めに入れやすい。さらに、糸が通る穴は大口径で、魚がサシエを加えて反転するときでも、通常の円錐タイプのウキで全層仕掛けを作って食わすより抵抗が少ないので、食い込みが抜群に良い。で、大口径だから、糸の落ちも抜群に良い。

加えて、ウキ止めの糸やシモリ玉などの小道具も必要なく、仕掛け作りはいたってシンプル。最初使ったときは、ホンマ、「これで大丈夫か?」が第一勘でした。(大丈夫なんです、これが・・・笑)

ただ、「仕掛けの張り」とかに意識が無いと、全く使い物になりません。

例えば、道糸をダラダラに出した状態で、流れも無く底までそんなに水深のないようなシチュエーションなら、直ぐにエサ取りにサシエを掠め取られ、底まで空針で行ってしまって根掛かりの連発、こう言う事態に陥る事も多発するワケで、ここいらの知識とかテクニックとかが無い人が使うと、結構困った事になったりもします。単純に、案外初心者のアングラーさんとかは、扱いづらいウキだったりしたわけですね。

これが、「誰にでも釣れるわけではない」と言う点なんですね。キャッチコピーが嘘っぱちと言うことなワケです。

「ある程度、フカセ釣りの知識がある人、テクニックを持った人なら、釣りやすいですよ。」と言うのが事実で、この事実は、当然売る側とてわかっていたはずですが、難しい事言うとウキが売れないので、誇張した表現になってしまった・・・

まあ、多分これがホンマの所でしょう。


全遊動釣法を正しく理解しましょう

大口径の穴にラインが通っているし、ウキ止めも無いので、釣りを知らない人が見たら、魚が当たったら、糸が抜けて、ウキが沈まないんじゃないか?なんて思うかもしれません。

これに関しては、以前爆釣!チヌのフカセ釣りで解説した事がありますが、メチャ単純なので、ここでも触れておきます。

image07.gif

魚が掛かった場合、仕掛けは一直線になろうする力が働きます。当たらなかった仕掛けをリールを巻いて回収するときでも、ウキは沈むでしょう。要は、どちらの場合でも、仕掛けは一直線になろうとするわけで、当然、ウキは水面下に引っ張られます。だから、「沈んだように見える」ってことです。

image06.gif

操作のコツは、ある程度、自分が狙っているタナまで、道糸を送れないと、上手くアタリがが取れないです。この「糸を送る」と言う点が難しい点で、横風などが吹いていれば、この操作がやりづらく、これが出来るかどうかで、この釣法が成立するかしないかと言う事になります。

仕掛けの落下は、単純に、糸を送った分だけ落下するワケですから、ある程度目安になるものが無いと、中々最初のうちは解りづらいです。例えば、3.5ヒロの所に目印の糸をつけておくとか、カラーでマーキングされているラインを使用するとか、そのあたりの準備があったほうが良いと思います。

また、流れが速い場合は、当然サシエの自然な落下もしづらいわけで、その場合は、ガンダマをハリスに足してやるなどの配慮、横風が強い場合はウキごと沈めて使用出来る号数を選択するとか、やっぱり、ある程度フカセ釣りが解って無いと上手く行かないウキだとも言えると思います

とは言え、使い切れるようになったら、仕掛け作りは単純だし、アタリは体感ショックで来るので面白いし、言うこと無いウキです。

まあ、初心者の方は、少し練習するような気持ちで、このウキを使ってみると良いと思います。ホンマ、色々なすごい気づきがたくさんあります。

ぜひ参考にして、良い釣りをして下さいね。

注目のフィッシングDVD!

エビ撒き釣り初心者養成講座

年間1トン超の実績は。超攻撃型のエビ撒き釣りから生まれた!ひみつを見たい人はクリック!

エビ撒き釣り初心者養成講座

広告

タグ

2011年1月 6日

カテゴリー:磯釣り