石鯛釣りのエサ・メインはウニ(ガンガゼ)を使用します

石鯛釣りのエサ・メインはウニ(ガンガゼ)を使用します

石鯛のエサの種類は色々とありますが、代表的なエサとしては、ウニ、サザエ、サルボウ(赤貝)、カニ、ヤドカリなどがメインでしょうか?

(ザリガニとかも売ってますが、エサトリに弱そう・・・笑)

僕のホームグランドの古座は貝エサ場なので、本来はサザエを持っていくのが推奨ですが、やっぱり一番のんびりと底物の釣りをしやすいサシエは、エサ持ちが比較的良いウニだと思います。

春先にノッコミを狙うような時は僕もサルボウ使ったりするんですが、忙しいし、エサトリがうるさければ秒殺だし、その反面食い込みも良いはずですが、カンダイしか釣れんような気もするしで、あまり貝エサを使うのが好きでないです。

というわけで、ウニが大好きですが、参考にして欲しいのは、こういうアングラーサイドの都合やわがままで釣りをするとろくな事はないってことでしょうか・・・(笑)

次くらい、サザエとか持っていってみます・・・(^_^;)

image148.jpg
(ウニは、時折海水を入れ替える程度のメインテンスで長持ちします、ただ、30個くらいでもバッカンは40cmを使わないと入りません。図は、50個買った時の画像で活かしバッカンのでかいサイズに入れてます)

ウニエサのメリットデメリット

ウニを使うのは、大体夏場から秋口の高水温の時期がメインでしょうか?

このエサは、見ての通り、食い込みはどう考えても悪いんですが、その反面、ケン(トゲです)を切らなければ、エサ持ちは良く、やる気のある石鯛が食いに来ると、ケンがついていようがついていまいが関係無しに食ってくるしで、案外使い勝手が良いエサと言えると思います。

もう一つの難点ですが、ウニエサは小型のイシガキダイが大好きなエサで、大判一本で狙っている人には、この小型のイシガキがうるさいエサトリになることも特筆モノでしょうか?

まあ、僕は、小型のイシガキも結構好きなので、そういう意味でもウニをメインに使っているんですが、慣れてくると、ウニもかわいく見えます。(頭おかしいと思った方、自覚症状はありますので・・・笑)

image159.jpg

では、ウニの付け方を見てみましょう。

ウニを針につける時は、専用の「ウニ通し」って釣り具が釣具屋さんに売ってます。

先端がかぎ状になっていて、ウニの頭(何処が頭って聞かないで・・・)からオケツ(これもオケツかどうか知らんですが・・・汗)をぶち抜いて、ハリスのちち輪を引っ掛けて引き抜くわけです。

後は、ウニの芯の部分に針を忍び込ませればOKってことです。

image149.jpg

ウニをつける場合は、当然ですが、素手ではつかめないので、メゴチバサミのような道具も必要です。(僕のは専用のウニつかみ?です)

それと、食いが渋い時や、ここ一番で石鯛がやる気になっていて、エサトリが大人しいような時にはケンを切って、食い込みを良くしておくのも得策です。というわけで、ケン切りバサミも必要な道具と言えるでしょう。

image160.jpg

仕掛けを投入して、竿受けにロッドをかけたら、次のウニを用意しておくのが良いです。

針をセットして水汲みバケツに入れておけば、仕掛けを回収してすぐに次の仕掛けを投入することが出来ます。

これを、ケンを散髪したり、エサトリが多ければ、ウニを二個つけたり、色々なことを考えながら、色々とやるわけです。

石鯛釣りって仕掛けを入れたらロッドのそばで座っているように見えるかも?ですが、結構忙しいんです。なので、これがサルボウとかになって、さらにエサを取られまくったりすると、もう、エサ付けばっかりしているような気分にされます。。。笑

image151.jpg
(エサトリが多い場合は、ウニを2個付けるような時もある。画像は、散髪なしで2個つけているけど、エサトリが少ない時は、上のウニに少し傷をつけてマキエサ的にするようなこともある。結構、ウニの付け方も深いんです)

最近、使っているマキエサ

石鯛釣りのキモの一つにマキエサの話があります。

僕の場合、ウニをサシエにしているので、本来は、ウニガラやウニを割って底撒きするようにするなどすれば、効果は高いとは思いますが、道具が揃ってない(専用のカゴとか作る必要があるかも?)し、もう少しのんびりとやりたいなどの理由から市販のダンゴ系のマキエサを最近良く使ってます。

image152.jpg
(デカバンというマキエサ。においは結構強烈だし、昔イシガキを釣って、ダンゴ系のマキエサを吐き出したヤツを確認したことがあります。要するに案外利いていると僕は思ってます)

これを撒くと結構エサトリもうるさくなりますが、本命も寄ってくるはずなので、コンスタントに撒くようにしてます。

デカバンは、棒状のダンゴエサが4本入ってます。僕は1本を3分割して、朝のうちは1投ごとに一塊投げ込むようにしてますが、潮が動いていなければ最初にドカンと入れてしまうのもあるかも?

image153.jpg
(まあまあ、撒き応えあります。1本が1キロあるので4キロってことです。二つ持っていっら、荷物がめちゃ重かったです・・・笑)

まあ、こんな感じで底物釣りは楽しんでます。

image157.jpg

石鯛釣りは、和歌山でやる場合、基本は・・・

  • 春のノッコミは紀伊半島の西側で
  • 秋の石鯛は紀伊半島の東側で

で、一応基本ですが、別に逆になっても、潮が入れば食ってくることもあるので、大事な事は、粘りと頑張りだとも思います。

ぜひ参考にして、石鯛釣りを初めてくださいね

石鯛釣り(磯釣り・波止釣り・俺の釣り)

石鯛釣り 炎の海釣り!

注目のフィッシングDVD!

エビ撒き釣り初心者養成講座

年間1トン超の実績は。超攻撃型のエビ撒き釣りから生まれた!ひみつを見たい人はクリック!

エビ撒き釣り初心者養成講座

広告

タグ

2011年10月14日

カテゴリー:石鯛釣り