石鯛釣り

石鯛釣りのエサ・メインはウニ(ガンガゼ)を使用します

石鯛のエサの種類は色々とありますが、代表的なエサとしては、ウニ、サザエ、サルボウ(赤貝)、カニ、ヤドカリなどがメインでしょうか?

(ザリガニとかも売ってますが、エサトリに弱そう・・・笑)

僕のホームグランドの古座は貝エサ場なので、本来はサザエを持っていくのが推奨ですが、やっぱり一番のんびりと底物の釣りをしやすいサシエは、エサ持ちが比較的良いウニだと思います。

春先にノッコミを狙うような時は僕もサルボウ使ったりするんですが、忙しいし、エサトリがうるさければ秒殺だし、その反面食い込みも良いはずですが、カンダイしか釣れんような気もするしで、あまり貝エサを使うのが好きでないです。

というわけで、ウニが大好きですが、参考にして欲しいのは、こういうアングラーサイドの都合やわがままで釣りをするとろくな事はないってことでしょうか・・・(笑)

次くらい、サザエとか持っていってみます・・・(^_^;)

image148.jpg
(ウニは、時折海水を入れ替える程度のメインテンスで長持ちします、ただ、30個くらいでもバッカンは40cmを使わないと入りません。図は、50個買った時の画像で活かしバッカンのでかいサイズに入れてます)

タグ

2011年10月14日

カテゴリー:石鯛釣り

石鯛仕掛け・根付けハリスと瀬ズレの作り方

「ケプラーの仕掛けはすっぽ抜けが怖い」と石鯛釣りのベテランが良く口にしているのを聞きます。

彼らは、「別に普通の首降り仕掛けでも、ナンボでも石鯛は食ってくるし・・・」って言うのを知っていると言うか、解っているから面倒な仕掛けを作るよりもシンプルな考え方、シンプルな仕掛け作りを心がけているわけですね。

まあ、僕も上物辞めて、底物一本で勝負するなら、多分こういう考え方になるとは思いますが、なんとなくですが、根付け(ケプラー使用)仕掛けで底物は釣行するようにしてます。

と言っても、「絶対に卦がある!」って確信したときのために、一応ワイロン(表面をナイロンコーティングしたワイヤーで柔らかいので食い込みが良い、らしい・・・笑)で作った仕掛けなんかもポケットには入れているわけですが、基本はケプラー+ワイアート(表面をケプラー繊維でコーティングしているワイヤー)の仕掛けで石鯛釣りはしてます。

この仕掛け作りをするときのキモは「絶対に抜けない仕掛けを作る」ってことです。また、ケプラーの根付けの話は、ジギングでアシストフックを作ったりする時にも必要な知識です。

と言うわけで、ぜひとも参考にして下さい。

image135.jpg
(パッスル天秤を使った瀬ズレに、ハリス部分はダイニーマノット(ケプラー)とワイアートです。作るのは結構めんどくさいです・・・笑)

タグ

2011年10月14日

カテゴリー:石鯛釣り

石鯛釣りの釣り具(ロッド、リール、石鯛ピトン)

石鯛釣りの釣り具はごっつい釣り具が多いので高額な商品が多いと思われるかもしれませんが、案外ロッドやリールは価格的には安いと感じる物が大半です。

上物竿なら、例えば1号のロッドが5万円なら2号になれば大体で6万円くらいの価格なります。要するに1号アップで1万円高くなるような計算と言えるでしょう。

石鯛竿って号数に直すとMH(ミディアム・ハードの略かしら?)で24号相当、Hタイプなら27号とかそういう号数になるでしょう。上物竿の計算で1号で1万円価格が跳ね上がるなら20万円以下のロッドはなくなる計算じゃないですか?

こう考えると、あまり高額な物を選ばなければ、6、7万程度で買える石鯛竿はかなり価格的には安く感じます。またリールも、その耐久性や馬力を考えれば、かなり安いと言えるでしょう。

まあ、めちゃくちゃ高額な竿受け(石鯛ピトン)とかもありますが、そういうのは専門にやっているマニアの方向けの商品です。僕に言わせれば6800円のポインターのピトンが結構使いやすかったりするし、どうやろ?10万円くらいで全部そろえる事は十分に可能と思います。

では、まずは石鯛竿の話から行ってみましょう!

image145.jpg
(振り出しの石鯛竿。収納がよい点と並継ぎに比べて軟調に作られている点が特徴的。これで70cmクラスでも十分止められると思います)

タグ

2011年10月14日

カテゴリー:石鯛釣り

石鯛釣り始めよう!

海信です。

2011年の秋もいよいよ本番と言うことで、僕のように南紀に釣行を繰り返している人は、「さあ、今年も始まった!」って感じを抱いている人も多いと思います。

秋の磯釣りといえば、グレは尾長グレが食ってくるし、和歌山ではイガミ釣りも盛んだし、エギングのアオリイカも忙しければ、もちろん底物でデカバンが釣れるのもこの時期です。

で、今回は、僕が夏から秋にかけて限定で楽しんでいる石鯛釣りについて特集を組もうと思います。

だた、底物は、あまりよー釣らんので、へっぽこ記事ですが、基本だけは押さえているつもりです。一度やって見たいと思われている人は、ぜひとも参考にして見てくださいね。

image143.jpg
(和歌山中心で底物はやるので、僕のスタイルの基本は置き竿釣法です。遠投はあまりしないし瀬際にマキエを利かせてやるスタイルです)

タグ

2011年10月14日

カテゴリー:石鯛釣り