岸和田一文字・中波止・エビ撒き釣りが面白い!

岸和田一文字・中波止・エビ撒き釣りが面白い!

海信です。

15日は、チヌを狙って岸和田一文字へまたまた行きました。

エビ撒き釣りにしようか、フカセ釣りにしようか、紀州釣りにしようか、中波止へ行こうか沖へいこうか、どうしよう・・・なんて、なんも決めないで行ったんですが、11日にご一緒したエビ撒き釣り初心者の佐々木氏が来ていたので、彼にお付き合いする感じで、中波止に行くことにしました。

結果から言うと、紀州釣りの僕は惨敗で、エビ撒き釣りは、前回の釣りを修正して実践した佐々木氏が見事に一発40cmアップを釣り上げました。

お見事っ!

2011-07-08.jpg
(水門の真下で食わせたようです、前回のレポートどおりだったとか・・・)

タコ釣りは絶好調になってきたようです

8日にタコを釣って、それを岸和田一文字の波止釣りやブログで紹介したところ、それから急激にタコ釣りのお客さんが増えてきたようです。(^◇^)
(14日とかも、結構釣れたみたいです・・・)

釣れると解ったら、みんな神輿は軽いです・・・笑

と言うわけで、この日は朝一番で40人くらいのお客さんが来てましたが、平日だし、最近ではあまり見ない盛況なので、ちょっとビックリしました。

「まあ、お客さん呼べたから、僕のタコ釣りの役目は終わったね♪」

こういう感じです・・・笑

と言うわけで、僕は最近熱を上げている紀州釣りに逆戻りですが、この日の中波止は、早朝から7時半まで、サシエのオキアミは目ん玉も付いたまま上がってくるし、「なんもおらん状況」がダラダラ続いて、7時半を回って、水路のエビ撒きにイマイチ卦がなくなってくると、紀州釣りは、それから先はボラがダンゴを小突きまくると言う、なんというか、「どうしようもない状況」でした。。。(^_^;)

(あれで、粘れるほど大人とチャウし・・・)

本日の配合

片岡には紀州マッハの攻め深場は切らせていましたが、すでに入荷していることは知っていたので、今日は、ダンゴの硬さで悩むことは無いだろう・・・なんて、楽観的な感じで行きました。

2011-07-09.jpg

最初は沖(の一文字)に行くつもりだったので、マメアジがうるさいことになると困るので、アミエビの配合はなしです。まとまりとおまじないでチヌスペシャルを一袋追加です。。。笑

ただ、今日の中波止は、何を入れても一緒やったかも・・・(^_^;)

2011-07-10.jpg

ボラのアタリが出だすまでも3時間掛かったし、ボラが飛べばチヌも当たってくるとは思うけど、あの暑い中を昼過ぎまでやるのは、さすがにちょいと苦しいので、サッサと白旗揚げて帰ってきました。笑

ただ、この日は中波止の外向きで紀州釣りをしましたが、外道で、キスとガッチョとトラハゼが当たってきました。

いずれのサイズも型は小さいですが、底潮のコンディションが悪くないことを物語っていると思います。

2011-07-11.jpg

中波止3番外向きは、タコ釣りも有力だし、2番に比べると底がやや粗いので、エビ撒き釣りで頑張って見るのは有力と思います。

チヌの卦があれば、もちろんフカセ釣りも有力で、今日の外道から考えれば、投げ釣りは地寄りでやれば、キスの数釣りとかも出来るのではないか?

なんてのを考えながらポイントを後にしました。

全体的に、潮の感じはイイと思います。中波止は、特に内向きの潮色が茶色くにごりだして、チヌやハネの釣りには良い色をしていると思います。

外向きは、まだやや緑掛かっていますが、これが赤茶色に変色してくると、色々な魚が爆釣し始めます。高水温の時期は、この色が良いわけですが、もうちょっとって感じです。

次はスリットでも行こうかしら・・・

紀州釣り、難しいです・・・笑

注目のフィッシングDVD!

エビ撒き釣り初心者養成講座

年間1トン超の実績は。超攻撃型のエビ撒き釣りから生まれた!ひみつを見たい人はクリック!

エビ撒き釣り初心者養成講座

広告

タグ

2011年7月15日

カテゴリー:波止釣り釣行レポート