岸和田一文字で紀州釣りやってみました

岸和田一文字で紀州釣りやってみました

海信です。

6月に入ったことで心機一転!というわけで、まずは「釣りからスタート」で、大阪湾で僕が通っている岸和田一文字へ行ってきました。

先週の台風の影響で水潮が入っていることは行く前から解っていたので、大体の状況は読めるんですが、簡単に言うと、水潮の影響でどういうエサ取りが出てくるか?

子サバとフグくらいが代表ですが、水潮の影響が比較的少ない波止の北側(中波止なら3番、旧一文字なら赤灯、沖の一文字なら沖の北といった具合)に陣取ろうか・・・なんて思って車を走らせましたが、途中でマックスでハリスを買っているときに、ハッとひらめきがありました。

「そうや、一回紀州釣りをやってみよう・・・」

2011-06-01.jpg
(初めての紀州釣りでしたが、3枚の釣果を得ました、型は不満ですが、初めての紀州釣りで釣ったことがうれしい・・・笑)

見よう見まねで紀州釣り

ここ最近、岸和田一文字でも紀州釣りのアングラーが増えてきてます。でもって、彼らは、結構釣っていたりするんですね。

また、ここ数年の傾向としては、岸和田一文字ではフグのエサ取りが結構強烈なので、ダンゴでサシエをカバーする紀州釣りは理屈で考えても効果があるってことは、ちょっと考えればわかります。

一般的に、ある程度通いこんだホームグランドで釣り方を変えることは結構勇気が要ったりします。僕の場合なら、フカセ釣りかエビ撒き釣りですが、紀州釣りでボーズ食らったら、「ああ・・・フカセにしておけば良かった・・・」なんてことを思うかも知れないからですね。
(特に、そぐそばで、フカセで釣れたりしたら、まあ、こう思うでしょう・・・)

しかし、この日は強烈な水潮がもう行く前から解っているし、子サバがエサトリになれば、波止フカセは壊滅状態に持ち込まれます。

「流れが紀州釣りのトライアルに来ている・・・」

流れに逆らうといい釣りが出来ないのはフカセ釣りの極意ですが、僕は、実生活や、あらゆる局面でも、この「流れに素直に流す(行動する)」って言うのを大事にしてます。

特に、この日は、片岡釣りエサ店の女将も寝坊して、オキアミの解凍予約の電話もつながりませんでした。「これは、ダンゴやで・・・」ってこういうところからも思うわけですね・・・笑

すったもんだで1枚ゲット

この日は、初の紀州釣りトライアルなので、ポイントは何処にしようか?なんて船に乗りましたが、いつも来ている常連の一人が「沖の南へ行きたいけど、一人だと気を使うなぁ・・・」なんていっているので、「じゃ、僕も南でいいから一緒に降りましょう・・・」で南にいきました。

感じとしてはスリットでやろうかな?って思っていたんですが、スリットでチヌ釣りやるにしても、沖の南でやるにしても、やることに大差ないので、別に何処でもいいし・・・なんて感じです。

ここ最近の状況では、新しい敷石周りも良いみたいですが、オイルフェンスのすぐ横が釣れていたという情報も入ってきたので、素直にそこに入ってみました。

とにかく、団子の釣りは初めてなので、ダンゴの硬さの具合が良くわかりません。筏のチヌ釣りの動画とかは結構好んで見るので、見よう見まねで「なんとなくこんな感じ・・・」でダンゴを作って、捨石狙いにポイントを決め投点6mから9mラインに挨拶代わりのダンゴを放り込んで見ます。

この後から仕掛け作りですが、完全フカセとかがイイのか、ある程度ガンダマを使うような仕掛けがイイのかもサッパリ解りません。こういうときは、「潮に聞くようにする」のが定番と思って、とりあえずは、完全フカセで仕掛けを入れてみました。

一投目は、キチッリと、ダンゴを投げる前に、サシエがダンゴからすっぽ抜けました。(^◇^)

「そうか、ある程度、道糸を出しておかないと、当然、こうなるなぁ・・・笑」

2011-06-02.jpg

水潮が入っているので、流木とか浮いているし、やりにくいですが、潮色だけは、水潮カラーのバスクリン色ではなかったので、その点だけに期待して、打ち返しを始めました。
すると、30分ほどでダンゴを小突くアタリから穂先が持ち込まれたので、「ナンか来た♪」って合わせを入れると、これが、チヌでした。

「おお・・・、紀州釣りで釣れた!」

型は何とか40センチはあると思います。ナンか、すごくうれしい一発でした。(笑)

状況は

沖の一文字は、全般的にまだ、チヌ釣りの感じはイイと思います。

僕のこの日の紀州釣りでも、針外れのバラシが2回とスレアタリなどもありました。(ウロコだけゲットでした・・・笑)

1番船から9時までやって、チヌがダンゴを小突く感じとエサトリの小突く感じの違いとか解るようになってきましたが、気配はかなり濃厚って感じだと思います。(まあ、ボラが小突いているかも?ですが、まだ、紀州釣りでボラを釣ってないのでなんとも言えません・・・)

沖の一文字は、南でやる場合、フグが他のポイントよりも多いみたいなので、コーンを持参するなど、フグ対策もある程度はやっておいたほうがイイと思います。

ただ、早朝のみの紀州釣りならサシエはオキアミオンリーでいけるかも?ですが、しばらく、岸和田一文字では、紀州釣りをやってみて、感触をつかんでいこうと思います。やってみたら結構楽しいので、しばらくはこの釣りをやってみます。

解ったことは、また、ブログでお知らせしようと思います。

注目のフィッシングDVD!

エビ撒き釣り初心者養成講座

年間1トン超の実績は。超攻撃型のエビ撒き釣りから生まれた!ひみつを見たい人はクリック!

エビ撒き釣り初心者養成講座

広告

タグ

2011年6月 1日

カテゴリー:波止釣り釣行レポート