岸和田一文字・中波止のハネ釣り好調

岸和田一文字・中波止のハネ釣り好調

海信です。

2月20日の日曜日に、またまた岸和田一文字にハネ釣りに行ってきました。

先週2日間ほど釣行したので、おおよその兆候は解っているつもりだし、ボチボチ何とか出来そうな気もするので、「大丈夫やろ・・・」なんて軽い気持ちで行ったら、パーフェクトに完封負けを食らいました。(^_^;)

岸和田一文字のハネ、恐るべし・・・笑

2011-02-17.jpg
(中波止2番の南水路では、このような釣果が。僕は北側にいたので、「ハネ居なかった・・・」も通用しません・・・涙)

東風でも釣れているハネ

岸和田一文字に少し詳しい人なら、東風がどういうものかをよくご存知だと思います。そうなんですね、いわゆる「ボーズ風」で、これが吹くと大半の場合、釣りは壊滅状態に陥る事になります。

この日も、北東の風が冷たい日で、この風が吹くのは天気予報で解ってはいたけど、「何とかなるやろ・・・」で行ったわけです。

「自信過剰」ですねぇ・・・(^◇^)
(アホやと思われた方。自覚症状はありますので・・・笑)

ちなみに、「自信」と言うのは、「自分を信じる心」であって、決して他人と比べて自分の方がすごいとか偉いとか自覚する事ではありません。自信って漠然とした物でいいんですね。だから、「自分には釣れそうな気がする」とか「自分だけは釣れると思う・・・」このくらいの気概で釣りには臨んで良いんです!

それでも、アカン時も、もちろんありますが・・・笑
(「ある」と言うより「多い」です・・・)

閑話休題(そりゃそーと・・・)

さて、この日は泉州ハネ釣り研究会の今中会長に同行させてもらったんですが、岸和田一文字に詳しい会長と僕とが話をすると、東風が吹いているので厳しいのは解っているだけに、悲観的な内容の話ばっかりです。

(おらんやないか、何処行ったんや・・・って感じ・・・笑)

会長も自信たっぷりなので、自分だけは釣れると思ってます。ちなみに、しっかりと会長も、この日はボーズ食らいました。(笑)

(北にはおらんのです、何処に行ったかと言うと南とか外向きに行ってたわけです・・・笑)

先週からの傾向では、中波止はどう考えても内向きが怪しい。もちろん、会長も同じ見解で、水路の内向きに会長、その横に僕が入って、さらにその横に常連のオダッチが入って、3人並べば、何とかなるやろ・・・で楽観的です。。。

電気ウキの時間帯に一番内側のオダッチにアタリ!25cmくらいのセイゴですが、「おお、風が東でも卦があるやん・・・」で、さらに楽観的です。

満潮の返しが8時30分頃なので、遅い時間帯に食ってくるはずと僕は読んでました。その一回の時合いをモノにすれば、今日はそれでよし!でマキエだけ切らさないようにポイントを作っていきましたが、この時合いに食わせられなかったので、ボーズもやむなしですね。

2011-02-19.jpg
(中波止3番は、ベテランの福ちゃんが40アップと遊んでました・・・)

中波止3番では、内向きで3発ほどアタリがあったみたいです。常連の名手がやってますから、食いが立てばもっと当たるんですが、この状況では、これが精一杯。ただ、この日は、2番の南水路の外側でアタリがあったみたいで、60の手前を頭に3本ストリンガーにぶら下げてました。お見事!

ああ、これで、ますます解らんようになりましたねぇ・・・

ただ、これは、会長も言ってましたが、「今年の水温は異常に低いけど、魚は釣れてるし元気や・・・」

これは、僕もそう思います。ただ、やる気になってくれる時間帯が、まだまだ短いので、少し釣りづらいだけだと思います。

今週も時間作って、釣るまで通います!(^_^)v

ハネはこうじゃにと面白くないし・・・

釣果写真

2011-02-18.jpg

エエサイズですねぇ・・・

ああ、うらやましい・・・笑

参考ウェブ

岸和田一文字の波止釣りのコラム「最悪の東風」

注目のフィッシングDVD!

エビ撒き釣り初心者養成講座

年間1トン超の実績は。超攻撃型のエビ撒き釣りから生まれた!ひみつを見たい人はクリック!

エビ撒き釣り初心者養成講座

広告

タグ

2011年2月20日

カテゴリー:波止釣り釣行レポート