中波止のハネ・入れ食いの巻き

中波止のハネ・入れ食いの巻き

海信です。

6月18日に、またまたハネ釣りに行ってきました。

16日の釣行では、バラシもあったし、なにより、外向きのポイントメインに考えていた当日の僕の釣りは、水路付近に陣取ったハネ研のメンバーに「やられたぁ・・・」って感じが強かったので、やり直しのつもりで釣行してみました。

この日は、南西の風が少し当たったし、マヅメは水路付近に気配ありと見て、水路付近から始めて、6時を回ってアタリが遠のいたら、外向きで構えなおす・・・ってイメージで釣りを始めました。

ところがふたを開けてみたら、水路付近は、入れ食い状態で、食いが止まる気配が全く無かったです。外向きも気になるので、結局7時ごろまで水路付近を釣って、その後外向きに構えてみましたが、さすがに気配無かったです。

これで、また水路に戻って釣りをしたら当たってたので、この日は、最初から最後まで水路付近で竿出しが正解だったです。

中々イメージ通りに行かないです・・・笑

image027.jpg
(この日は、3投目からアタリがあって、一番最初に当たったのが55cmくらいありました。このサイズが混じるなら、やっぱり場所変えたらダメと思います)

潮を釣るハネ釣り

本来エビ撒き釣りって言うのは、グレや真鯛を釣る時の「潮を釣る感覚」よりも、「ポイントを釣る感覚」に重きを置くほうが良く釣れると思ってます。

マキエでシッカリと、その釣るポイントを作って、そのポイントに潮が入ったら、時合いを迎える・・・こういうイメージですね。

このため、最初のポイント設定を間違えると、その日の釣りは壊滅状態に陥ることが多く、ポイントを作る前の情報戦が、実は、釣果の大きな鍵を握っていたりします。

まあ、この作戦はこの作戦で、いつでも出来るので、そろそろちょっと変わったことにチャレンジしよう・・・なんて思って、朝、波止に付いたら、潮の流れや風の強さ、向きなどを見て、「ここがよさそう・・・」ってポイントで釣りを展開してみよう・・・なんて、最近は思って釣りをしています。

ただ、このやり方は、「やり直し」を強いられる事が多いので、エビが大量に必要です。毎回5000円ほどシラサエビを買って釣りに行きますが、少し足りないです。

これに関しては、気配の無いときのマキエの仕方が問題で、これを改善すると、もうちょっとマシな釣りになるとも思ってます。

水路付近のエビ撒き釣り

写真のように、内向きの水路付近に陣取りましたが・・・

image028.jpg

ここを釣る時は、良潮になるのは、3番方面から当て気味に潮が来るときで、水路の潮は、中から外で、水路を抜けた潮が、旧一文字の白灯方面に流れる時が、魚の活性が上がりやすいことが解ってます。

同じようでも、水路を抜けずに、2番の角にまっすぐに潮が突っ込んでくるときも多く、この潮でも当たらないことは無いですが、どちらの潮も、止まった瞬間が時合いになりやすく、これが一投ごとに変化したりするときもあるので、中波止をキッチリ釣りこなそうと思うと、素早い手返しがキモになったりします。

この日は活性がとにかく高く、セイゴ、ハネ、それに、アブ新なども、混在して、当たりっぱなしのような潮でした。

image029.jpg
(アブ新はこのサイズ、専門に狙っても、かなり数は釣れると思いますよ・・・)

image030.jpg
(30cmくらいのセイゴですが、もうちょっと小さいのも多いです。季節的に、このサイズが中波止で入れ食いになるのは、仕方ないです)

結局、50cmオーバーを2発と40cmオーバーを二つ、ストリンガーにかけて、それ以外は、全部、お帰り願いました。

image031.jpg

ダブルヘッダーで旧一文字赤灯へ行って見ました

この日は、とにかく潮が良かったので、昼からも釣行してみることにしました。

ここ最近、「昼からエビ撒き釣りでハネを狙う人がほとんどいない・・・」ってことで、情報は無かったですが、中波止に行けば、「まあ、ボーズ食うことは無い・・・」と見て、渡船に乗りましたが、なんとなく、一発勝負がしたくなって、船頭には、「(旧一文字)赤灯」と告げてしまいました。

image032.jpg
(内向きのポイントとしては、一級ポイントですが・・・)

しかし、これが、大間違いで、運の尽き・・・

この日の赤灯は、タコが良くて、こういう感じでタコが釣れる日は、あまりエビ撒きのハネやフカセのチヌは良い釣りにならないことは、経験則から知ってます。

案の定、気配のあるのは、底一辺倒で、底まで仕掛けを持っていくと、当たってくるのは、ガシラばっかりでした。

「中波止へ行っておけば・・・」とは思いましたが、こうなったら、夕方の時合いがあることに賭けて、マキエでポイント作りしかありません。

何とかしようと、頑張りましたが、ダメなものはダメ・・・^_^;

結局、味噌汁のネタだけ、ストリンガーに吊るして、「ボーズでした」を宣言することになりました。。。笑

image033.jpg
(アコウが釣れる潮なので、やや、苦潮気味でもあったようです。まあ、ガシラは入れ食いだったので、専門に狙うと、かなり釣れるとは思います)

タコは、フルセが当たってますね・・・。「新子は二つだけだった・・・」ってことなので、大型狙いには、しばらく赤灯は、怪しいですね・・・

image034.jpg
(1キロサイズを7杯持っておられました。ダントツの竿頭・・・)

台風が来たので、また状況変わると思いますが、次も中波止かしら・・・
沖のスリットの2ヒロ前後も怪しいですが、天候が回復したら、行って見ようと思います。

注目のフィッシングDVD!

エビ撒き釣り初心者養成講座

年間1トン超の実績は。超攻撃型のエビ撒き釣りから生まれた!ひみつを見たい人はクリック!

エビ撒き釣り初心者養成講座

広告

タグ

2013年6月20日

カテゴリー:波止釣り釣行レポート