苦潮時のエビ撒き釣りのハネ・攻略方法は?

苦潮時のエビ撒き釣りのハネ・攻略方法は?


海信です。

前回6月12日の釣行では、岸和田一文字の中波止2番の外向きで、ハネとキビレの釣果を見たので、「もういっちょ!」で行ってきました。

片岡釣りエサ店の前情報では、「苦潮でちょっと厳しくなってきた・・・」との事で、地かたの常連も釣りをせずに、波止際にいるカニを網で取っているような状況でした。

「こりゃ、沖の北でアコウ狙うのが得策か?」←これが第一勘ですが、エビ撒き釣りのハネ釣りは、朝夕のマヅメの4時間程度の釣りで、通常ならば、1回は時合いになるタイミングがあることを僕は知ってます。これに賭けてみようと思って、中波止2番を船頭に告げました。

ちなみに、中波止は、おおよそでハネは付いているので、これが可能です。後は旧一文字の赤灯内向きか、白灯の外向き、沖の北の内向き(フェンスの中)、それに、沖の南(白灯)内向きくらいで、この釣りはイメージできます。

現在中波止は外向きに気配があるので、この日も外を向きましたが、風流な釣りは内向きなので、「早く、もう少し、潮のコンディション上がらんかなぁ・・・」と言う感じですね。

image019.jpg
(まあ、中波止サイズですが、短時間の時合いが1回しかなかったので、2連発一回こっきりの時合いでした)

典型的な苦潮の症状

前々日と同じように、この日も、潮色は光線の加減で青くなっているし、水は透明度を増して、カニやハゼは浮いているし、シャコも肉眼で確認できました。

苦潮は底潮が酸欠状態になるので、この他、ガシラやカレイが浮いたり、エビでタコが釣れたり、アコウが壁を狙って2ヒロ半くらいで釣れたり・・・、苦潮時の海の状況は。まあ、こんな感じです。

こうなると、ハネは、ほとんど動いてくれないし、沖の一文字などは特にそうですが、エビにフグが猛烈にアタックしてきたりします。

まあ、こういうときは、エビ撒き釣りでハネを釣るなら、中波止の地付きのハネを狙うのが得策と僕は思ってます。マヅメのタイミングで一回くらいは動くからですね。

この日は、早朝は、一応底を狙ってみました。サシエのエビの状況である程度、底潮の状況が解るからですね。

案の定、約1分から2分でエビは昇天して帰ってきます。底潮のコンディションがよければ、生きて帰ってくるのが普通ですが、これが死んで帰ってくるとなると、このタイミングでは、まあ、上(ウキ下1ヒロ半から2ヒロくらい)も下(2ヒロ半から3ヒロくらい)もアタリはないと思います。

と言うわけで、比較的、潮が動きやすい水路付近に陣取りなおしましたが、ちょうど、3番から2番に向けて潮が突いてきたので、「これはいいかも?」と思いました。しかし、ここでもまずは底狙いからやってみましたが、やっぱりエビは死んで帰ってきます。

しかも、この流れに流されたクラゲが大量発生・・・^_^;

と言うわけで、「当たらんでもエエから、もう一回外向きに逃げよう・・・」となって、場所変え2回目で、通常なら典型的なボーズ一直線の行動でした。

外向きは、中央部分にある配電盤(通称「ボックス」)のケーソンから4枚北側のケーソンをポイントにしてます。ここが、2番3番の水路を抜けた潮が旧一文字の白灯向きに流れるんですが、その本流に引かれる潮が発生するポイントで、魚が中波止の外向きの捨石に付いている時なら、配電盤の前くらいまで、中に寄った方がいいと思います。

今のハネは石に付いているというよりは、散策のため、一回外向きの捨石に立ち寄る・・・と言った感じなので、ポイントよりも潮を意識する釣りで組み立ててました。

この日の時合いは6時30分頃でした

ここ2回同じポイントでハネを釣ってますが、7時半を回ってからが時合いになっていたので、この日も、遅めの時間帯が怪しいと踏んでました。

ところが、6時半を回った所で、ウキにコツンと来るアタリ!
これが、食い込みません。^_^;

サシエの残った状況を見ると、エビは生きたまま帰って来てました。

これが原型のまま死んでいたら100%ハネなんですが、ハネ以外のエサトリが当たっているとしたら、エビは半分になっていたり(フグとかアブ新ならこんな感じ)、穴が開いていたり(イカならこうなります)しているはずです。

「ハネの食い込みが、苦潮で異常に悪い!」こう判断しました。

上撒きでマキエを足して、もう一回同じ場所に入れますが、前アタリの後、ウキが視界から消えました。これで合わせを入れて空振り・・・^_^;
(めっちゃ、食い渋いです・・・汗)

こういうときは、底撒きカゴを使って、ポイントにダイレクトに一発マキエを入れます。食いを一時的に活発にする常套手段です。

これで、45cmを一発拾って、次の一投で50cmも連発で拾えました。

image020.jpg
(この日のハネは引きは非常に強かったです。潮が流れて、底の苦潮っぽいコンディションが一時的に良くなったからと思います。かなり楽しいです・・・笑)

待望の7時半からは、もう完全に気配がなくなっていたので、タコ釣りの道具を持ち込んでいたので、中波止のタコ釣りを少ししてみましたが、まだ時期が早いと見えて、全く気配がありませんでした。

というわけで、8時半ごろ納竿しました。

片付けて、船着まで戻って、水路の鉄管を見ると、大きなチヌが・・・

今年は、鉄管にイガイの付きがいいので、いつもの年以上に、この鉄管のイガイをかじりに来るチヌが良く見えます。

image021.jpg
(このくらいのサイズが数匹見えてました。この見えるチヌは釣るのが難しいです。釣れない事はないそうですが・・・)

まあ、もう少ししてエイが入ってきたら、このイガイもおしまいですから、そうなると、チヌももう少し深いところでエビも食いだすと思います。

しかし、もうちょっと、中波止外向きですね。赤灯あたりも気になりますが、次、どうしよう・・・

ちょっと、悩みます・・・笑

注目のフィッシングDVD!

エビ撒き釣り初心者養成講座

年間1トン超の実績は。超攻撃型のエビ撒き釣りから生まれた!ひみつを見たい人はクリック!

エビ撒き釣り初心者養成講座

広告

タグ

2013年6月15日

カテゴリー:波止釣り釣行レポート