岸和田一文字でハネ釣りのやり直し

岸和田一文字でハネ釣りのやり直し

海信です。

6月4日は大阪湾のホームグランド、岸和田一文字でエビ撒き釣りのやり直しやってきました。

前回は、佐々木君と沖の一文字でエビ撒き釣りをやったわけですが、ボーズ食らって、そのまま広島に釣りに行ったので、どうも、こうも、煮え切らない・・・と言うか、不完全燃焼の釣りを残したままは嫌だったので、行って来ました。

4日の朝一番はベタナギで、釣りはしやすかったですが、6時半を回ると、もうエサトリだらけで、釣りになりませんでした。

まあ、ちょっと潮の感じが悪いかなぁ・・・
とは思いますが、魚が口を使っているので、もう少し何とかすれば何とかなるはずです。

しかし、次はちょっと、赤灯とか、ちょっと感じ変えてみようかしら・・・

image006.jpg
(このくらいのベタ凪だと釣りはしやすいですが、エサトリも大量発生です・・・笑)

カーブから南に歩いてみました

ここ最近、沖の一文字のカーブで降りてますが、釣りはほとんどカーブ側(降りて左に行った所)で釣りをしているんですが、今回は南側に(3番方向)に歩いてみました。

スリットだけの話じゃないですが、一文字で釣りをする場合、多少ポイントが違っても、見える景色とかあまり変わらないので、大差ないように思うかも?ですが、中々同じように見えても、少しずつ違ったりするので、ここがまた面白い所です。

季節や、天候などによっても変わるし、何回やっても「同じ釣り」って言うのは無いわけで、ここいらが、単純な釣りも難しくする要因かもしれません。

そりゃそーと、この日は、ベタ凪+、潮は南に流れて、しかも、沖から突き気味で入ってくる・・・と、まあ、潮の感じだけで言うと100点満天のような潮でしたが、エサトリにも、両潮であったかしら?フグわ大量発生で、6時半を回ったら、もう釣りにならなかったです。

オキアミの釣りなら、休憩入れて粘れますが、活きエビの釣りはそういうわけには行きません。エサトリのてんこ盛りのポイントに来たのが運の尽き・・・

6時半で勝負らしい勝負は終了してました。

タナは際の5ヒロ(ベタ底です)で食ってきました。

image007.jpg
(40cmオーバーですが、このくらいのサイズばっかりです。もう少し暑くなってくると、スリット際の2ヒロ半とかで釣るターゲットでしょう)

サイズの大きいのを一生懸命探しますが、エサトリの活性は朝一番は底、日が上ったら、どこもかしこもエサトリで、エサトリからヒントを得るのも難しいし、場所を変えたり、狙いを根魚にするとか、僕の釣りにはないので、仕方ないしに、2本釣った所で吉として納竿でした。

image008.jpg
(このサイズなら、もう一本くらいほしいですねぇ・・・)

この他では、沖の北の根魚釣りでアコウとか出ていたし、いよいよ梅雨から夏の岸和田一文字の釣りがスタートした感じでしょうか・・・

鰯などもたくさんいるし、大きな魚が付けば面白いですが、しばらくは、中波止のキビレや旧一文字で一発狙い、沖の一文字で小型の数狙いなどを楽しむ感じでしょう。

まあ、なんなと釣れるので、岸和田一文字は楽しいです。

注目のフィッシングDVD!

エビ撒き釣り初心者養成講座

年間1トン超の実績は。超攻撃型のエビ撒き釣りから生まれた!ひみつを見たい人はクリック!

エビ撒き釣り初心者養成講座

広告

タグ

2013年6月 5日

カテゴリー:波止釣り釣行レポート