岸和田沖の一文字・スリットのハネ、楽釣でした

岸和田沖の一文字・スリットのハネ、楽釣でした

海信です。

5月27日は、またまた岸和田一文字の沖のスリットケーソンにエビ撒き釣りで釣行してきました。

前日の日曜日もハネは好調のようでしたが、型は見たけど、少し数が少なかった・・・と言うことでした。

この時期のスリットは一発狙いなので、デカけりゃ、数は1発でいいんですが、この日は、サイズの物足りないのが3つほど釣れました。

うーん、中々60cmを超えてくれるのが当たってくれません。次から作戦変えます。(笑)

image013.jpg
(45cmから50cmで3本ってとこですね。この他に、コッパグレが二枚ほど当たりました。スリット際、いぜん怪しいです・・・)

有効な潮が中々入りませんでした

岸和田、沖の一文字のスリットのハネ釣りは、基本はベタ際の釣りで、それ以外なら波止から9mくらいのところが駆け上がりになっているので、その傾斜を狙うのが定番です。

ここ最近、アタリが出るのはベタ際で、ベタ際で当たるときのパターンとして、沖から突いてきた潮がスリットの払い出しとぶつかって潮目が出来ますが、この潮目が波止から3m以内くらいに来たときに、アタリが連発するのがパターンです。

こうなると、ウキが払い出しに乗って前に出て行かなくなります。強く潮が突くと、払い出しがあるにもかかわらず、スリットにピッタリと引っ付いて、スリットの前を流れたりしますが、ウキがこういう表情になると、慣れた者なら「そろそろ来るな・・・」ってのが解るわけですね。

この日は、沖から突いてくる潮が釣り開始から1時間半程度はなく、「参ったな、こりゃ・・・」って状態でしたが、6時半ごろ、軽く潮が差して来た事がウキを通して伝わってきました。

それまで払い出しがきつかったので、ベタ際をズボで釣ってましたが、潮の変化が見えたので、ウキをつけてみると、一発でアタリが来ましたが素針・・・(^_^;)

「たぶん、グレやろな・・・」と思って、「もう一回当たるやろ・・・」と思っていたら、やっぱり当たってので、少し待ってから合わせると、やっぱりコッパグレでした。(笑)

しかし、こういう気配に無いときは、何でもイイから、「アタリを出すこと」、それ以上に、何でもイイから「針に掛けること」が重要で、グレが当たったと言うことは、潮にそれだけやる気が出てきたと言うことを意味します。このコッパグレは前向きにとらえるのが正解でしょう。

すると5分もしないうちに、やっぱりハネが当たってきました。

image014.jpg
(この日は、こんなサイズばっかりでした。そろそろエビエサだと、サイズが小さいかも?と思います)

釣り上げたハネはゴカイを吐き出しましたが、これはいわゆる「バチ抜け」を意味します。イソメで際狙いとか有力かも?とか思いました。

このタイミングでは、連発で2発目が来て、これが50cmクラスでしたが、このサイズでケーソン1枚歩かされるほど、強い引きをしてます。これは、「食い物が良くなっている」ことを意味してて、バチの他に、アジや鰯、アブ新などを食っているから、強烈な引き味になってくるわけですね。2発目はこのサイズ(50cm程度)で、スリットにも、キッチリ入られて、引っこ抜きましたが、ハリス、ザラザラでした・・・笑

朝の時合いは、もう一発拾えそうでしたが、素針で気配がなくなって、潮の向きが変わりました。

この日は7時半ごろが満潮で、「満潮から潮返しで、(潮が)当ててくるかな・・・」とか思ってましたが、8時前から有効な潮が入ってきたのが解りました。

潮目は波止から5mのライン、エサトリは活発になり、あとは、ハネが回るのを待つばかりです。ハネが回れば、エサトリが大人しくなるので直ぐに解ります。

8時半ごろ、クラゲが大群で南から流れてきて、潮も流れ出したことが誰が見ても解る状態になりました。

これは、「もう一発拾える・・・」と思ってましたが、終了間際の8時40分頃に3発目を拾って納竿としました。

image015.jpg
(サイズは45cmから50cmで、バチを吐いたということは、「エビでは小さいのがメインですよ・・・」って言われているのと同じなので、次は目立つエサ持って行こうかと思います)

武庫川ではキビナゴのズボでスズキが食っているようなので、岸和田でもやってみようかしら?鰯もたくさんいるし・・・

次は竿、二本出して、色々とやってみます・・・笑

注目のフィッシングDVD!

エビ撒き釣り初心者養成講座

年間1トン超の実績は。超攻撃型のエビ撒き釣りから生まれた!ひみつを見たい人はクリック!

エビ撒き釣り初心者養成講座

広告

タグ

2013年5月27日

カテゴリー:波止釣り釣行レポート