「無けりゃ無いで何とかするのが俺の釣り」をエビ撒き釣りで・・・

「無けりゃ無いで何とかするのが俺の釣り」をエビ撒き釣りで・・・

海信です。

5月21日は、大阪湾のホームグランドである岸和田一文字にエビ撒き釣りでハネを狙って釣行してきました。

実は前日の20日にも釣行していて、ボーズを食らいましたが、感覚はつかんでいたので、21日は、「まあ、今日は釣れるやろ・・・」と確信を持って釣りに行きました。

ところが、6時前に底撒きカゴが壊れて、いきなりの大ピンチ!

前日の釣行で捨石の駆け上がりに(ハネが)付いているを察知していたので、前方8m前後のところの約7mの水深を狙っていたので、ここに攻撃的にマキエを利かせようと思うと、底撒きカゴという道具が無ければ出来ません。

万事休すか・・・と、思いましたが、「昔の釣り」を思い出して、気を取り直してやってみると、上手い具合にハネクラスで2本ほど出すことが出来ました。

まあ、かなりホッとしました。17日もボーズ食らったので3連敗は何とか免れたし・・・^_^;

image008.jpg
(55cmと50cmって感じですね。このサイズが数当たるなら退屈しないですが、もうちょっとアタリ欲しかった・・・笑)

底撒きカゴが壊れた・・・汗

ここ最近岸和田一文字はスリットにハネが付いているのが一部の常連の間で確認されていて、19日の日曜日には泉州ハネ釣り研究会の今中会長も77cmの大型をゲットしたりしてます。

本来なら、中波止でキビレ交じりでセイゴからハネクラスを風流に楽しみたい時期ですが、スリットに大型がエビで釣れるって気配があったら、これに勝負がいけないようでは、「俺の釣り」が台無しです。

というわけで、スリットに通ってますが、この時期のスリットは、ベタ際の浅いところ(具体的には2ヒロ半くらいの所)か、前に出して捨石の駆け上がりを狙うか、実に悩ましい・・・

40cmから50cmくらいのセイゴが数当たるなら上とよみますが、大型が当たっているので、「深いところかしら?」

それに、ベタ際の底か、前の底か、これも悩ましいし、色々とやってみてパターンをつかまないと「狙って釣る!」ってのが出来ないわけで、2、3回ボーズ覚悟で色々と調べてみることにしてました。

このあたりの傾向と対策は、今中会長に電話すれば簡単に解るんですが、「今回は自力で・・・」なんて意地張って、結局キッチリと2回ほどボーズ食らいましたが、色々と解ってきたように思います。

20日、21日と連続釣行にしましたが、両日ともベタ凪で、潮はスリットに向かって突いてくる潮で、この潮ならば、ベタ際で当たるのが、通いなれた常連なら常識と思います。

この常識に素直に20日は釣りをしてましたが、際では全く当たらずに、少し前に仕掛けを出したときに底で一発アタリがありました。(ハリが伸びてバラシでしたが。。。)

これあったので、「捨石の駆け上がりに付いている」とよみを入れて、朝一番から重点的に駆け上がりにマキエでポイントを作りに掛かりますが、底撒きカゴが壊れてしまいました。

波止から8mから12mくらい前の水深7m前後のところにマキエを利かせる作戦だったので、底撒きカゴが無ければアウト!

他にエビ撒き釣りのアングラーさんでもいれば、借りて何とかすることも出来ますが、幸か不幸かエビ撒き釣りで釣りをしていたのは、僕一人で、「こりゃ、どうしようもない・・・とほほ・・・」って感じでした。

しかし、昔、エビ撒き釣りを習い始めたころ、常連のベテランに底撒きカゴの使用を戒められていたのを思い出しました。

「魚が浮かんようになるから、底撒きは最初の1回だけしか使ったらアカン」

忠実に守って釣りをしていた20年前を思い出して、上撒き一本で何とかする作戦に切り替えました。幸い周りにエビ撒きアングラーいないので、マキエ負けすることもありません。

当時は「スリットはベタ際の2ヒロ半を釣れ」が常識だったので、浅いところを一生懸命狙ってはボーズを良く食らっていて、深いところを釣ると怒られたりしてました。(笑)

この禁を破って、4ヒロ半で65cmを出したのが、僕の最初のスリットの良型で、ホンマ、20年前の話です・・・(^_^)(釣れたタナをしゃべったら怒られると思ったので、「2ヒロ半で釣りました」とか嘘言ってましたが・・・笑)

これを思い出して、「上撒きでも、底まで利くはず!」と前向きにマキエを繰り返しました。

7時を回って、際にマキエが利きだしたのが解りました。エサトリはアブ新(アブラメの新子)ですが、「こいつが大人しくなったら来る!」とよみを入れました。

7時半ごろからサシエが残りだてして、消しこまないアタリも来たので、「カゴがあれば、一発で食わせられるけどなぁ・・・」なんて思いながら、マキエが利いている際に入れたら、一発で消しこむアタリがきました。

これが55cmほどのハネで、かなりホッとしました。

image009.jpg
(水温が上がってきて、ベイトはアブ新かな?と思います、引きはかなり強くなって来てます)

この後、50cmを一本追加して、何とか2本揃えることが出来ました。

しかし、底撒きカゴを使った攻撃的なハネ釣りを展開しだしてもう十何年かなるんですが、久しぶりに上撒き一辺倒でエビ撒き釣りをして、色々な発見もありました。

ちょっと思うところがあるので、色々とやって見ます。

新しいエビ撒き釣りのヒントをつかんだかも

しかし、今回の釣りは久しぶりに意味のある釣りになりました。

道具が壊れたことで色々と不自由もありましたが、「無けりゃ無いで何とかするのも『俺の釣り』」が信条って言うのも、久しぶりに思い出したし、上撒きで「どこにマキエが利くのか、ハネに聞いてくれ・・・」って感じの釣りには、この釣りのメリットや面白さがあることも再認識しました。

新しいエビ撒き釣りのヒントも得たし、次からの釣行で試してみようと思います。

ああ、しかし、解ったようでも、やっぱり釣りは奥が深い。

エビ撒き釣りの面白さを今更ながら再認識しました。

注目のフィッシングDVD!

エビ撒き釣り初心者養成講座

年間1トン超の実績は。超攻撃型のエビ撒き釣りから生まれた!ひみつを見たい人はクリック!

エビ撒き釣り初心者養成講座

広告

タグ

2013年5月21日

カテゴリー:波止釣り釣行レポート