岸和田旧一文字赤灯でエビ撒き釣り

岸和田旧一文字赤灯でエビ撒き釣り

海信です。

2013年の岸和田一文字ハネ釣りオープン大会は7日に予定されていましたが、悪天候のため14日に順延になったことで、「大会に向けて、もう少し、いろいろと調べることできるなぁ・・・」と、今週2回目の岸和田一文字への釣行してきました。

本命ポイントは旧一文字の外向き一帯ですが、込み合う事も予想されるので、旧一文字の内向きや中波止の外向きなど、調べておきたいポイントがたくさんあるんですが・・・(もちろん沖の一文字も・・・)

4月11日は西の強風だったので、旧一文字赤灯の内向きを調べてみました。

旧一文字は最近外向きが人気のようですが、本来内向きにもハネはたくさんついているはずです。このポイントは気が狂ったようにハネを釣りまくっていた頃に、相当通いましたから、底もほとんど見えているし、「いれば食わせることは出来る」と思ってました。

強風で潮色は悪い・・・けど、流れは絶品で、「これは釣れる!」と思った通り、アタリは出せたんですが・・・

ただ、肝心のデカイのは、隣の人の前でした・・・(^_^;)

image001.jpg
(70㎝のスズキです。「根掛かりしたので、タナを上げたら食ってきた」(写真・石橋さん)とのことでした・・・)

岸和田旧一文字赤灯内向きの釣り

岸和田一文字は一般的に大型の魚は沖の一文字で出ることが多いんですが、「ビックリするような大型」って話になると、実はこの赤灯周辺がイチオシだったりします。

古くは僕の友人が、オキアミのフカセ釣りでチヌの58㎝を釣り、最近では、泉州ハネ釣り研究会の今中会長が94㎝の生涯記録のスズキを釣ったのも、この旧一文字赤灯内向きの釣りです。

先端の潮通しはよく、水深も、岸和田一文字の中では最も深いのがこの先端周辺と思います。

旧一文字の内向きは、赤灯の船着き周辺では、水深が8mくらいですが、先端は、どうかしら?12mくらいある所もあるかしら?

image005.jpg

その水深が急激に変わるところが、手前のダン(ケーソンがずれて段になっているところが2か所あって、手前のダンは船着き側)の隣のケーソンで、ここらから3m近く深くなってます。で、先端に向かって、もう1ヒロから2ヒロ近く深くなっている底の形状をしてます。

これ(底が激しく傾斜になっていること)が解っているので、人気ポイントの手前のダンを避けて、その隣をマイポイントのようにして、釣りまくっていたことがあります。(17、8年前・・・笑)。

この日は、久しぶりに、そのポイントに入ってみました。

水温が上がりきらない4月の釣りなので、当然、底から狙ってみますが、一投目、二投目とサシエのエビがアタリも無いのに、死んで返ってきました。

実は、前々日に中波止で釣りをしたんですが(30㎝のセイゴ一発だけでした・・・涙)、その日も、暗いうちはエビが死んで返ってきて、底潮のコンディションの悪さを物語っているを感じてたんですが、同じような状況と思いました。

で、前々日の反省は、「底一本で狙ったのがまずかった・・・」だったんですが、この時期にタナを上げて狙うのは、結構勇気がいります。底一辺倒で狙うハネ釣りを自分の釣りにして久しいのもあるし、ましてや潮色は悪いし、どう見ても、水温が上がったとは見えないことなども、頭をよぎります。

で・・・「どうしようかしら・・・」とか、思いながら、タナを上げる勇気が持てずにいました。

7時前に潮が止まって、強風に押された潮が赤灯を回って、左から右に入ってきました。と言っても、上潮だけが、風に押されて動いているだけで、中の潮はほとんど動いてませんでした。

「こういう潮が、少し変化すると、当たるけど・・・」なんて思っていると、隣で釣りをしていた石橋さんが根掛かりをしたようで、「やっぱり、底潮が流れてない・・・」事を物語っていました。

しかし、根掛かりをしたので、タナを1ヒロ上げたらしく、これが吉と出ました。

この日の発アタリを拾って、これが70㎝のスズキ・・・(お見事・・・)

image002.jpg
(タモ入れは僕が手伝いましたが、重量感もあり、エエ感じのスズキ・・・)

これで、僕も、タナを上げる勇気が持てて、そこから2本ほどハネクラスを出すことができました。

image003.jpg

image004.jpg
(最近の旧一文字はこのくらいのサイズが多そうです。50㎝前後という感じ・・・)

9時ごろに、少し風がマシになったので、少し粘りを入れたい感じもありましたが、9時で納竿として帰路につきました。

しかし、70㎝が出るなら、大会は内向きの釣りもありそうですねぇ・・・

当日、どこに行くか、まだ迷ってます・・・笑

注目のフィッシングDVD!

エビ撒き釣り初心者養成講座

年間1トン超の実績は。超攻撃型のエビ撒き釣りから生まれた!ひみつを見たい人はクリック!

エビ撒き釣り初心者養成講座

広告

タグ

2013年4月11日

カテゴリー:波止釣り釣行レポート