中波止2番の北側でボーズくらいました

中波止2番の北側でボーズくらいました

海信です。

昨日(2月16日)のリベンジとばかりに、早速岸和田一文字に行ってきました。

生憎の東風の予報で、僕の読みは「中波止の地付きに何とか口を使わせる」でしたが、釣果はゼロでした。

ただ、感触は掴んできました。

2011-02-15.jpg
(浮いている鉄管は水門ですが、この水門の中側(鉄管の右側)が怪しいです)

中波止の内向きがメインか?

昨日は中波止3番に渡って、隣で頑張っていたおっちゃんにインタビューして、「鉄管の周りが怪しいで・・・」なんて情報をゲットしてました。

この日は、午前中に予報は「南東の風」だったので、「それなら風裏になる対面の二番で・・・」なんて考えて2番を選びましたが、天気予報はハズレで北東の風が吹いたため、正面からの風で釣りにくい釣りにくい・・・(^_^;)

(おまけに、午後から雨の予報もハズレで早朝から降ってました。冬の雨は冷たい・・・笑)

この鉄管は、無いと釣りの組み立てが難しいので困り物の鉄管ですが、あったらあったで取り込みに非常に邪魔になる鉄管で、どう表現すればいいんでしょうねぇ・・・笑

早朝は水道外側(鉄管の左)を攻めてましたが、電気ウキの時間帯に25cmくらいのセイゴが、まず挨拶に来てくれました。

「おかあちゃん、呼んで来て・・・」ってリリースしましたが、おかあちゃんもおとうちゃんも連れてどっかに行ってしまったみたいで、しばらくアタリはなくなりました。(あらら・・・)

7時を回って、「内向きが怪しいかも?」と思ったので、今度は鉄管の右側を攻めます。一投目で、前アタリが来て「食い込めっ」ですが、言うこと聞いてくれません。(ーー;)

「ここはチヌが結構多いからなぁ・・・」なんて思いながら、鉄管の周辺を丹念に攻めます。距離は遠めにして、やや深いところを狙う釣りもありますが、少し手前に寄せて、やや浅め(具体的には2ヒロから2.5ヒロ)を狙います。これに、前アタリが来て、本アタリが来ましたが、ウキを全部もって行きません。「渋いなぁ・・・」と思いながら、「もっと食い込め、もっと・・・」って誘いを入れますが、それでもイヤイヤ食っているような・・・

こう言う場合、合わせを入れずに回収して、そっとマキエを足して、次の一投目でドカンと食い込ませるのがパターンなんですが、「ボチボチ釣果が欲しい」と言うのが無意識にあったのだと思います。食い込み不十分で合わせにいってしまいました。(未熟です・・・涙)

これは針掛かりしたので、絞って魚種とサイズを聞きますが、中々の手ごたえ。5、6発突っ込まれた所で「これはチヌだわ・・・」と確信します。サイズも40アップは間違いなしと言う所なので、「よっしゃ、とりあえずボーズは逃れた・・・」と思った刹那、穂先は空を向きました。

「あちゃぁ・・・針ハズレ・・・」もう、回収する前から見えてました。(笑)

これ、鉄管の際で食わせると、鉄管が邪魔で、垂直に合わせを入れれないんですね。結局、鉄管を避けるように斜め横に向けて合わせを入れるのですが、シッカリ合わせられない事がよくあります。(っつか、何発これで針ハズレを経験したか・・・)

加えて、低水温で非常に食いが渋いのは、既に解っている事です。そこに持ってきて、昨日からの不調から来る焦り・・・。マイナス要素がこれだけ重なると、それを払拭するのは大変ですねぇ・・・(^_^;)

それにしても、昨日のセイゴと言い、この日のバラシといい、この低水温の状況でも、中々掛かった魚は元気です。引きっぷりも結構面白いし、このバラシなんか、リールを逆転させないと愛竿のアートレーター、最初の一撃はのされっぱなしだったです。

ちょっと燃えますねぇ・・・(^◇^)

ここから少し粘りにでますが、潮がぶっ飛んでお終い!まあ、「こうなるやろ・・・」って思ったです。(こんなんだけ当たります・・・笑)


ここ最近の傾向ですが、中波止は外から中に向けて入ってくる潮が緩んだ瞬間が一番良い時合いだと思います。潮下の魚が動いて釣れるのがパターンですから、中波止の中の魚が口を使っていると考えてます。

とにかく、「潮が緩んだ瞬間が勝負」で、当日は大潮でほとんど流れっぱなしだったので、食わせるタイミングが難しかったです。もう、数回通うくらいで、いい潮にも当たると思います。とにかく、「緩んだ潮をもう少し釣ってみたいなぁ・・・」が感想で、多分、そのタイミングに当たれば釣果写真もブログに掲載できると思います。

一つ知恵を・・・

2011-02-16.jpg

エビクーラーにウキを放り込んでいるところの画像ですが、ウキはエビブクの水で流してからタオルで拭いて収納がオススメです。こうして「潮抜き」をしてやることで、大事なウキが格段長持ちします。

これは、僕の別のウェブにも載せている知恵ですが、手間にもなら無いし、やるか、やらんかだけの問題と思います。

僕のウキ、これを習慣にしているので15年くらい使っているものとかあります。ぜひとも参考にして下さい。

注目のフィッシングDVD!

エビ撒き釣り初心者養成講座

年間1トン超の実績は。超攻撃型のエビ撒き釣りから生まれた!ひみつを見たい人はクリック!

エビ撒き釣り初心者養成講座

広告

タグ

2011年2月17日

カテゴリー:波止釣り釣行レポート